トライアンフ  SPEED TRIPLE

  • 車種:SPEED TRIPLE 

SPEED TRIPLEのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全253件
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○部品到着

    BremboピッチのGoodridge対応バンジョーボルトとKawasaki純正キャリパーマウントボルトM10x60mmが到着したので1号機のキャリパー作業に取り掛かります。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○ブレーキキャリパー入手

    5月にT595カウルを倒立フォークの955iに装着する暫定ステーも完成したものの、M4キャリパーを1号機に移植したためブレーキキャリパーが無くて絶賛放置中の2号機を動かそうと新しい100mmピッチのキャリパーを探していました。

    漸く6月に入り新車外しのM50キャリパーを入手しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○ハヤブサ用カスタムトップブリッジ

    ハヤブサの純正トップブリッジ(とハンドルカバー)からバーハンドル仕様の削り出しトップブリッジに交換しました。
    このトップブリッジは英国のTop Yoke製と思われます。トップブリッジ交換後はキーシリンダーのハンドルロックの確認も合わせて行います。

    交換作業はフォークを外す手間を面倒臭がってトップブリッジだけ外したらホイールの自重でステムアクスルとチューブクランプの位置関係がずれてステムシャフトがすんなり入っていきません。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○オイルフィルター

    旧T500系エンジンに使われているオイルフィルターは外径φ65.2mm×高さ65mmのボルトM20×P1.5です。
    社外品でも他メーカー純正品でも互換性のあるオイルフィルターは複数あります。

    モノタロウ製オイルフィルターMONOT-4005と4007です。
    高さが65mm/70mmが異なるだけ外径・ボルト・ピッチは同じです。
    マグネット付き(末尾M)のもありますが、これは無い方です。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○スペーサー調整

    先日の走行中に直進で手放しすると少し取られるのが気になったのでフロントホイールの状態を確認します。
    スタンドでフロントを上げてタイヤを回すとある箇所でパッドへの当たりがきつくなります。
    次にキャリパーを片側ずつ緩めて当たりがきついキャリパーを確認しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○ピストン磨き

    GW中何処にも出掛けずにキャリパーのピストンの汚れを落としてメタルラバーを給脂してメンテナンスしました。
    気分的に取り回しが軽くなった気がしますw。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○5mmスペーサー

    意外に高いスペーサーですが、少し安かった5mmスペーサー(17S)を落札。
    YAMAHA SR/FZR仕様でDucati6穴と互換性有(PCD80)の寸法です。
    現在代用している鉄2mm*2+アルミ4mm+アルミ1.5mmを鉄2mm*2+アルミ5mm+アルミ0.5mmに置き換えます。
    4mmは元のBSTに戻します。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○ライトレンズ清掃

    1号機に装着しているPOSH Faith製のマルチリフレクターレンズは内側が曇ってくるので年1回は定期的に清掃が必要です。前回は光量不足で車検に通りませんでしたし。
    2号機に装着しているTriumph純正レンズは光量不足になるような曇りはしませんが、配光がタコの足みたいだし右に少し光ムラがあります。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○何時もの波止場で

    ガソリン補給のついでに何時もの波止場まで。今日は午後から晴れるそうですが今は曇りです。ガソリン補給ついでに何時もの波止場まで。
    BFFが思ったより沈み込んでおらずフロントが高くて舵角が若干切れ気味ですが、昔のbb1と似た感じで前輪への負担が大きい感じです。2mm伸ばさなくても良かったかも。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○BFFへ交換

    昨日の汚れもそのままにBPFをBFF+330mmディスクに交換作業を行いました。
    今回は330mmディスクは取付面オフセットが15mm→10mmに減るためホイールのオフセットスペーサーで調整する以外は特に面倒な手間は掛かりませんでした。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○BFF

    まさか落札出来るとは思ってなかった2018年式のZX-10R用BFF。
    安くはありませんでしたが新車取り外しでほとんど未使用の状態でした。
    入手した当初はブレーキキャリパーピッチが100mm以外はBPFとほぼ共通だと思っていました。

    キャリパーピッチは100mmなので2号機のBremboを移植しないといけません。
    アクスルシャフトの形状はZX-12Rのアクスルシャフトは装着出来るとは思いますが。
    早速、取り付けてみる事にします。

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○シム到着

    夕方に発注してたステンレスシムが到着したので装着してみました。岩田製作所で30/13mmのステンレス製0.5mm/1.0mm厚の2種類です。

    ジャッキアップしてシャフトを外してフレーム側ホルダーとサイドカラーの間にシムを挿入して締付けトルク70Nmで締付けた後でフレーム側ホルダー間の寸法を計測します。

    1mm厚シムの場合、ホルダーの間隔は上下共に約119.4mm。
    0.5mm厚シムの場合、ホルダーの間隔は上下共に約118.2~4mm。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○ボトムリンクユニット計測

    ボトムリンクユニットを締め込んだ状態のフレーム側ホルダーの間隔を計測しました。
    何度か計測しても上下で若干の差異が確認出来ました。
    ボトムリンクユニットやサイドカラー等の寸法は以下の通り。

    サイドカラー:外径30x内12x高23
    スリーブ:外径20x内12?x高70(内径測り忘れ)
    ダストシール:外径40x内20x高5(座ぐり30x3)
    ユニットシャフト部:外径40x内26x高66(内蔵ベアリング外26x内20)
    ※フレーム側のシャフト部分の寸法

    ユニットに挿入されるスリーブとサイドカラー...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○洗車

    バイクは走ると汚れます。花粉が飛んでる以外は良い天気なので955iを洗車しました。
    あちこちチェックするとリヤサスペンションのリンクから若干音がしています。
    記録を確認すると前回の2019年10月から未整備でした。4400km経過していました。
    2020年は2号機を購入したり車検を2台通したりフロントフォークを変更したりして、すっかり忘れていました(^_^;)。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○山中の林道

    プリロード:最弱から5回転締込み
    伸側減衰 :最強から4回転戻し
    圧側減衰 :最強から5.25回転戻し
    突き出し :13mm(トップブリッジ上面からトップキャップまで)
    油面(実測):90mm

    裏道から更に山の中を走る狭い林道を走ってみます。勾配はそれほどきつくないけど低速ターンの多い林道は路肩の状態は良くないため減速からコンパクトなターンを繰り返してクリアしていきます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○BPFインナーパーツ入手

    外は雨模様なのでネットオークションで落札したGSX-R1000用のBPFのバルブユニットをばらしました。
    Racetechのホルダーを使ってロッドを固定します。
    電動リューターの円盤カッターを使ってネジ頭のカシメ部分の側面を細かく削ってネジでカシメをタップして外します。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○突出し変更

    プリロード:最弱から5回転締込み
    伸側減衰 :最強から4回転戻し
    圧側減衰 :最強から5.25回転戻し
    突き出し :13mm(トップブリッジ上面からトップキャップまで)
    油面(実測):90mm

    前回の試乗で突出しをやり過ぎた感があったため11→13mmに変更して再度試乗してみました。
    突出し13mmは純正正立フォークの高さをほぼ同じ位置になります。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○エア抜き完了?

    右はすんなりいきましたが左フォークについてはエア抜きの最中にアウターチューブをフルボトムさせるとエアが吸われる感じ。通常はダストシールが密着するまではフルボトムしませんのでインナーとアウターを気密してるシリコンリングにアウターのネジ部付近で若干密着が緩むのかもしれません。右をやった時には特に何処までストロークさせるかは意識していませんでした。エア混入の原因は不明ですが現象は再現しました。
    マニュアルではトップキャップを押してダンパーユニットをストロークさせるのとアウターチューブをストロークさせるの2行しかエア抜き作業が書いてありません。
    なのでフルボ...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○ロッドガイドケースの締付け中

    フォーク単体のボトムケースを万力で固定して足で押さえつけながら左手でロッドガイドケースレンチの頭を持って右手でトルクレンチを締める一人ブルワーカーw状態で締め付けました。
    レンチは中心軸よりはオフセットしているため既定値の90Nmでは無くマニュアルの計算式に従った少し低い数値です。
    右フォークを締付けた後でシール類を組込んだ左フォークも作業したのですが、何を勘違いしたのかスプリングを入れ忘れて一度組んでしまい再度やり直しました(^_^;)。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    bb1
    車種
    SPEED TRIPLE

    ○右フォーク組立

    組立だけなら直ぐ出来るだろうと思ってましたが、意外に手間が掛かって1時間で1本しか組立出来ませんでした(^_^;)。

    • いいね(0)
    • コメント(0)

トライアンフ SPEED TRIPLEの価格情報

トライアンフ SPEED TRIPLE

トライアンフ SPEED TRIPLE

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ― 万円

 万円

諸費用

価格帯 ― 万円

 万円

本体価格

諸費用

本体

72.8 万円

価格帯 72.8 万円

諸費用

9 万円

価格帯 9 万円


乗り出し価格

価格帯 ― 万円

 万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

81.8 万円

価格帯 81.8 万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP