カワサキ  ZX-10R

  • 車種:ZX-10R 

ZX-10Rのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全44件
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    64チタンテーパーキャップM5×15/2本交換!グラム軽量化!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    車種
    ZX-10R

    街乗りZX-10R、通称てんこちゃんのフロントフォークからオイルが漏れていたためOHしました。めちゃめちゃ久しぶりの倒立フォークのOHです。とりあえずフォークを車体から取り外して、バラす準備。トップキャップが外れたら、特製の倒立フォーク用スプリングコンプレッサーを使って難なく分解。その後、マイナスドライバーでシールを外すときにアウターに若干傷をつけてしまった…。とりあえずペーパーで慣らして様子見。中身は綺麗だったので組み付け前の洗浄はダルビッシュなのでパス。サービスマニュアル通りに組み付け、トルク管理もOK…!オイルは純正指定のものを使いました。で、軽く試乗しても違和感なかったからいいかな...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    追加装備品なので、少しでも軽くグラム軽量化!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    言わなきゃ誰も気付かないだろうZETA64チタンボルトをブラケットにステッカー貼る事でさり気なくアピール(笑)

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    細かいところだけど、神々は細部に宿ると…引っ張り強度高い64チタンボルトに交換作業しました!トルクレンチで、すぐカッチン!さすが64チタンボルトのびずらいのです!(笑)カッケー!自画自賛!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【撮り下ろし】伝説であり懐かしい、トップガンカラーとZXRレプリカが登場!カワサキのニンジャ40周年記念仕様が発売
    【撮り下ろし】伝説であり懐かしい、トップガンカラーとZXRレプリカが登場!カワサキのニンジャ40周年記念仕様が発売

    2024年は初代ニンジャの誕生から40周年の節目。これを記念するカラーが続々登場した。ニンジャ1000SX、ZX-10R、ZX-6R、ZX-4RRの国内仕様に設定された「40thアニバーサリーエディション」を撮り下ろしで紹介しよう! 伝統カラーをレギュラーモデルとして4車種に設定 1984年に登場した初代ニンジャ=GPZ900Rから、2024年で40周年を迎える。これを祝う「40thアニバーサリーエディション」がニンジャ1000SX、ZX-10R、ZX-6R、ZX-4RRの4車に設定された。 ZX-10Rと4RRは昨秋のジャパンモビリティショーで、他モデルは海外のショーでも発表。いずれも2023年12月23日から発売された。記念カラーのほか、専用エンブレム、当時のデザインを再現したロゴなどを採用。限定版ではなく、レギュラーモデルとして通年販売される。限定版より購入しやすいのが嬉しい。 一口に記念カラーと言っても、2パターンに大別できる。GPZ900Rに採用された赤×黒、ZXRシリーズに与えられたライム×白×紺の2タイプだ。 前者はニンジャ1000SXに設...

  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    Matris製カーボンステアリングダンパー取り付けブラケット加工を余儀なくする事態、またまた問題点発覚!トップブリッジ部に当たってブラケットが斜めになって、トップブリッジ部フォーククランプボルトが規定トルクで締め付ければブラケット破損の恐れある事態です!当たっている部分を削り加工しました!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    削り加工ブラケットのステアリングダンパー装着位置を取り付け確認!('-^*)ok気になっていた高さが気にならない、普通ココだよね!っていう常識的位置になりました!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    どうにも位置の高くマウントされたステアリングダンパー位置が気に入らないので、ステアリングダンパーブラケット削り加工を施してみました。強度を確保しつつギリギリまで削り加工して、約8ミリ程度追い込みました。これでトップブリッジ側のマウントカラーも少なくて済むので…よりスマートにステアリングダンパーをマウント出来るハズ?!今日は、ココまで!また後ほどのお楽しみ~ッ!(笑)

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    我が10Rのダンモト製サイレンサーは、通称ビクターと呼ばれてます!犬はいないけどね(笑)バイクに興味ない人には蓄音機のスピーカーに見えちゃうらしい(笑)

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    Matris製カーボンステアリングダンパーの04-05ZX-10R用キットを入手して、仮にテスト装着して状態チェック!やはり想定してはいたけど…理想の位置とは行きません。思いの他、装着位置状態が高くて、邪魔くさい!(笑)低めにしたいので…さてマウントブラケット削り加工をどうするかな?と思案中!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • カワサキ「ニンジャZX-10R」と「ニンジャZX-6R」がスペシャルカラーで独立記念日にパレードラン!【インドネシア】
    カワサキ「ニンジャZX-10R」と「ニンジャZX-6R」がスペシャルカラーで独立記念日にパレードラン!【インドネシア】

    カワサキモータースインドネシアは、8月17日にインドネシアが独立してから78周年を迎えることから、独立記念日のパレードランにスペシャルカラーの「ニンジャZX-10R」および「ニンジャZX-6R」を投入することを明らかにした。 ●文:ヤングマシン編集部(ヨ) 国旗を模した赤と白で左右非対称に塗り分ける 最新のニンジャZX-10RとニンジャZX-6Rが見たことないカラーリングに!? と思いきや、これはインドネシアが1945年8月17日に植民地支配から独立を果たしてから今年で78周年になることを受け、パレードランのために用意されたスペシャルカラー。オランダから300年以上にわたる植民地支配を受け、第二次世界大戦中の3年間は日本の統治を経験し、戦後のオランダとの独立戦争を経て国民国家として独立を果たした記念の日だ。 赤と白のカラーリングは、インドネシアの国旗が上下に赤白2色を配したデザインになっていることを受けたもの。日本メーカーのバイクがこのような役を担うことで、国際交流がさらに活性化していくことを願わずにはいられない。 ニンジャZX-10Rは、2021年...

  • 投稿日
    投稿者
    クロ
    車種
    ZX-10R

    見た目チューン?!いやいや、機能パーツですよ!現在必要性を感じてないけど…もしも…この先リアタイヤサイズ変更し190/50ZR17を190/55ZR17化して、ちょっとリアタイヤ径が大きくなり、キャスター角度がたったらば?ウォブル発生しないとも限らないので…(笑)とかカッチョいい事を言いつつも…ほぼレーシー見た目チューン(笑)を企んでます!まだ未購入(笑)

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    かずちゃん
    車種
    ZX-10R

    バックステップが届いたので、早速取り付け作業開始。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    CRY
    車種
    ZX-10R

    最近洗車をしていなかったので久しぶり洗車しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    みう
    車種
    ZX-10R

    気になっていたアクティブのブレーキフルード赤に交換しましたスモークタンクだから赤の発色が良くて気に入ってます

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    tty
    車種
    ZX-10R

    TRICK STAR トリックスターレバーガードセット カワサキ車用(https://www.webike.net/sd/23969682/?utm_campaign=wcom&utm_medium=referral&utm_source=wcom)に付属しているシールを貼りました.簡単にきれいに貼れて大満足です.

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【2023年版】結局、一番速いバイクってどれ!?【カタログ値から速さを比較!】
    【2023年版】結局、一番速いバイクってどれ!?【カタログ値から速さを比較!】

    速さやスペックって男の子ならみんな大好きですよね!ですが最近は最高速チャレンジなんてコンテンツはあまり見なくなりました。 最高速度の計算は、様々な要因を考慮する必要があり非常に複雑です。また、最高速は公表していないメーカーも多く、ライダー同士の中でもどのバイクが速いのかと言う話題は盛り上がるのではないでしょうか? 速さを考える上では様々な指標がありますが、今回は馬力と車両重量から計算するパワーウェイトレシオから最も速いバイクを検証していきます。 また、選んだ車両は空気抵抗が少なく、パワーもあり、サーキットで速く走ることに特化して作られたフルカウルのスーパースポーツに絞りました。 パワーウェイトレシオとは パワーウェイトレシオとは、乗り物(特に自動車やバイク)の重量を、エンジンの出力(馬力やキロワット)で割った値を指します。 この数値は「1馬力当たりの重量」や「1キロワット当たりの重量」として表現されることが多いです。この「単位馬力あたりの重量」の数値が小さければ小さいほど、バイクは軽快に加速する能力があると言えます。 →全文を読む ...

  • 投稿日
    投稿者
    ジャスティス
    車種
    ZX-10R

    スリップオンマフラー交換です。まだ1000kmしか走ってなく、全開にしたことが無いのに、どうなの!?って思いますが(笑)外して分かる、純正、意外と造りがいいです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    QB
    車種
    ZX-10R

    JKのテールってSSっぽくなくて野暮ったい。新車購入時からずっと気になってて唯一あまり好きじゃないデザインだった。海外製のフェンダーレスやテール周りに交換をしたりしたけどイマイチ。(しかも総じて精度が悪い)もういっそ、テールランプもウインカーも全部スモークに塗ってしまおうか・・・・なんて思ってたら某SNSでRSテールに交換した方がいらっしゃったので早速、いろいろ質問をしてパーツを揃えてプロジェクト開始。

    • いいね(5)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    みう
    車種
    ZX-10R

    取り付け説明書を見た瞬間に?ってなり付けようとすると?って本当に入るのこれ?ってなりましたが結果的には簡単についた器用な人ならカウルを外さずに行けそうな感じまぁキズつける前に外した方が良いよねつけたらめっちゃカッコいい

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    takumi
    車種
    ZX-10R

    セールで安かったのでタイチの電熱インナージャケットとグローブを購入しました。バッテリー残量を気にしながら走るのは嫌なので車両電源接続を選んだのですが、専用の電源接続ケーブルはバッ直なので、キーONで電源が流れるよう細工しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    takumi
    車種
    ZX-10R

    純正でも不満はなかったのですが、後輩に「音こもってないすか?」と言われた事を(ムリヤリ)理由に交換。TeamGreenも装着しているBEETのマフラーですので信頼性は抜群!クリアな音になりました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【新車】限定カラーZX-10R「40th Anniversary Edition」239万8000円で発売!スタンダードから3万3000円プラス
    【新車】限定カラーZX-10R「40th Anniversary Edition」239万8000円で発売!スタンダードから3万3000円プラス

    先日開催されたジャパンモビリティショー2023にて、カワサキモータースが世界初公開した「ZX-4RR」と「ZX-10R」の限定モデル「40th Anniversary Edition」。注目を集めたこの仕様について、ついに詳細情報が発表。発売日は両モデルともに、2023年12月23日(土)となる。さらに海外でのみ発表されていた「ZX-6R」の限定モデルも国内導入が決定し、こちらも同日に発売される! 各車両の詳細は個別の記事をチェックだ! ZX-10Rに懐かしのZXRカラーが蘇る レースでのポテンシャルを最優先とし、なおかつストリートライディングでも走る楽しさを堪能できるNinja ZX-10R。現在のカワサキラインナップにおいて、レーシングスポーツの代表格といえるこのモデルに、カワサキスーパースポーツの系譜であるNinjaの40周年を記念する、「Ninja ZX-10R 40th Anniversary Edition」が登場する。 装備はスタンダードモデルから変更ないが、ZXRシリーズでおなじみのライムグリーン×ホワイト×ブルーの3色レイヤーカラーを...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP