天候不良による配送遅延について【Webikeショッピング】

カワサキ  Z1 (900SUPER4)

  • 車種:Z1 (900SUPER4) 

Z1 (900SUPER4)のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~16件 / 全16件
  • 投稿日
    投稿者
    ken
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    ずっと売り切れだったパムス01ハンドルが入荷したので購入し取り付けてみた。岩城氏も愛用のハンドルだ。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ken
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    やっぱり純正スタイル(カラー)にはメッキフェンダーで決まりです。う美しい!

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ken
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    慣らしが終わりワイドオープンしていくと5500回転でクラッチが滑り始めた。そこでアドバンテージのfccに交換。(Jハブだからz1000r用)滑りはなくなり、おまけにクラッチは軽くなった。外したクラッチ版1枚焼けてた。どうしても一番奥のフリクションプレートは焼けるみたい。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    kensaku
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    シリンダーも完成したので早速、組付けです。このビトーのライナー、純正よりもピストンが挿入しやすい。エンジン始動後は白煙もなく修理完了。今回のシリンダークリアランスは0.05です。これから1000キロ慣らしです。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    kensaku
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    webikeで注文したビトーR&D製のライナーが届き、内燃機屋さんに作業を頼みました。で、そのシリンダーが完成しました。今まで純正の0.5mmオーバーサイズからリプロのSTDサイズに戻りました。抜いた元のライナーは全て外周がオイル焼けを起こしており、ブロックとライナーの間にオイルの進入があったと思われます。本来、密着しなければならない箇所にオイルが侵入していたって事はライナーがブロックで放熱が十分さていなかったと思われます。これで完璧なシリンダーが完成しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 減らないシリンダーを作りたい!!EVER SLEEVE?Pat.永遠の課題を実現!!
    減らないシリンダーを作りたい!!EVER SLEEVE?Pat.永遠の課題を実現!!

    エンジン内には金属同士が擦れあう数多くの摺動部品があります。 なかでもピストンとシリンダーの関係は内燃機関やエンジンに興味がある方なら誰でも「過酷な環境の中で、強く擦り続けられながら動いているのだろう……」と想像できると思います。 実際、日本が高度経済成長を遂げていた昭和の時代(=日本のオートバイ産業黎明期)では、ある程度の距離を走行するたびに定期的に交換しなくてはいけないエンジン部品が数多くありました。 そのような時代の中で、1953年に東京新宿で創業したのがiB井上ボーリングです。 2023年には、創業70年を迎えるiB井上ボーリングですが、創業当時からの夢であり、様々な課題に取り組み続けてきたのが「減らないシリンダー作り」でした。 そんなiB井上ボーリングは70年の歴史の中から誕生した「減らないシリンダー」を開発し、実際に販売して成果を上げています。 シリンダースリーブなのに減らない?! 現代では部品精度や素材品質の向上によって非常に減りの少ない=耐久性が高い部品作りが可能になり、そういった高性能部品の組み合わせで限りなく摺動摩耗が...

  • 投稿日
    投稿者
    kensaku
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    Z系定番(?)の白煙修理。とりあえず腰上ばらしてガスケット剥がしているときに、スリーブが緩んで外れた。これもよくある事象です。白煙と関連がないかもしれないがスリーブ打ち替えでボーリングが必要になるのでオイル上がりが原因ならこれで直るだろう。

    • いいね(3)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    2月頃から4番のみプラグかぶりに見舞われて1番と4番のプラグコード逆に交換してみても4番のみかぶるのでコードは平気・・・次にキャブ交換それでも4番のみカブル(;´Д`)今日終止符が打たれました何と!!!コードに若干のリークを発見あんだけ確認したのに(;´Д`)ここにきてリークが大きくなって発見出来ました!

    • いいね(2)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    4番のプラグだけカブル症状に見舞われて半年だましだまし乗って来たが ここ最近は数キロ走っただけでボッボッ言う始末(><)【まめしば】さんに相談!

    • いいね(3)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    オド・トリップが動かなくなり(TT)PMC製を購入しようか悩んだ挙句本物を購入してリビルトする事に決めヤフオクなど探しが始まりました!

    • いいね(3)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    久しぶりにキャブにフィルターを付けようと先ずはクリーニング!

    • いいね(3)
    • コメント(6)
  • スーパーカブにZ1、CBなど、世界に誇る日本の名作エンジン5機【エンジンで振り返る日本車の歴史 その1】
    スーパーカブにZ1、CBなど、世界に誇る日本の名作エンジン5機【エンジンで振り返る日本車の歴史 その1】

    革新的な機構を導入することで、ライバル勢に対するアドバンテージを築き、後世に多大な影響を与えた日本車のエンジン。当記事で紹介する5機種のエンジンは、2輪の歴史を語るうえで欠かせない名作であり、現在でも世界中で多くのライダーから愛されているのだ。 1958年? ホンダ スーパーカブシリーズ 1958年の発売以来、抜群の耐久性と経済性が評価され、長きに渡って世界中で愛されてきたスーパーカブ。言わずとしれた「キング・オブ・ビジネスバイク」だが、最近ではビジネス用途だけではなく、趣味の乗り物としての愛好家も増えている。 もちろん、第1号車のC100に搭載されたOHVエンジンのC100Eと、現行各車で採用されるOHCエンジンのAA04E(スーパーカブ50、クロスカブ50に搭載)/JA10E(スーパーカブ110、クロスカブ110に搭載)/JA48E(スーパーカブC125に搭載)は完全な別物だが、水平単気筒エンジンの基本的な素性は変わっていない。 ただし、偉大なベーシックと認知されている近年のスーパーカブとは異なり、初代であるC100は当時としては異色の高性能機だったの...

  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    9日のツーリング途中で切れたメーターケーブル疲労でしょうねグルグル回って居るんですからね(^^;

    • いいね(2)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    スマホをナビ替わりにと考えて居てガラ系からスマホに変えて2年が経ちやっと本腰を入れました(^^;

    • いいね(1)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    ポイントカバーを渋く(#^.^#)

    • いいね(3)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    ken
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    ついに最終仕様? 1197cc シェイクダウン!慣らしが終わるのが楽しみ。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    問題1さー!よ~く見て下さい( ゚д゚ )

    • いいね(0)
    • コメント(20)
  • 【ブルドック Z1(KAWASAKI Z1)】現代的乗り味と高い内容に幅広い対応力も持たせるGT-M【ザ・グッドルッキンバイク】
    【ブルドック Z1(KAWASAKI Z1)】現代的乗り味と高い内容に幅広い対応力も持たせるGT-M【ザ・グッドルッキンバイク】

    定番スペックの中にオーダーをバランスさせる セパレートハンドル仕様で低くスマートに構えた外観を作り、火の玉パターンをグリーン×ブラックで表現したZ1。ブルドックのコンプリートカスタム、GT-M(Genuine Tuning Machine)だ。そこでやはり気になるのは内部を含めた各部の仕様。ブルドック・和久井さんに聞いてみよう。 「GT-Mで定番のピスタルレーシング製鍛造ピストンによって排気量は1135cc、カムシャフトはヨシムラST-L1。シリンダーヘッドのバイパスラインも加えています。オイルポンプは今、空冷Zでは必須項目としてコンプリート全車に使っているマッコイが入っています。純正に同じギヤ式でもちろん新品。対策済みですからこの先の安心感も大幅に高まります。ミッションも当社オリジナルのクロスで、この車両はツーリングスペックということで5速を選択しています。このあたりもいつも通りです」 車体まわりも17インチホイール仕様として最適化してあるし、タイヤサイズによっての車高など細かいセットアップもGT-Mとしては当然の内容が施される。今までの作例から考えて...

  • 投稿日
    投稿者
    リクパパ
    車種
    Z1 (900SUPER4)

    CAさんの職場にお邪魔してコーヒーをご馳走して頂きました!(ご馳走様でしたm(_ _)m)ナップスへEXガスケットを買いに行くとイエローコーンのZ1Rが飾って有りマジマジ見てしまいました。

    • いいね(1)
    • コメント(12)

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP