カワサキ  GPZ900R

  • 車種:GPZ900R 

GPZ900Rのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全281件
  • 投稿日
    投稿者
    NINJA BAKA
    車種
    GPZ900R

    右側ステップブラケットはシートレール末端に固定されているのですが、このボルト孔の上側が、段々とバカ孔になってきつつありました。がとうとう!本当のバカ孔になってしまいました。これではトルクが全く立ち上がらずにステップブラケットの固定ができないので、ヘリサート加工を施します。?まずはステップブラケット本体を外して、孔開け加工の周囲を養生して。で、ステンコロリンと云う切削油を準備し、M8ヘリサートキットに付属しているドリル刃を電気ドリルにセット。

    • いいね(5)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    左前のユニットから オイルが滲んでいるのは判っていたが 見て見ぬ振りをしてきた。?しかし、地面にポツポツと垂れ出したので 流石に放っておけなくなった。??と、いうことで どのみちフォークオイルも抜くので交換。前日の夜に ドレンを開けて放置。翌日に エアバルブから エアサス用の 手でパフパフするポンプで 出来る限り抜く。

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    さてさて やる事がイッパイ。?まずはプラグの点検。まあ、こんなもんでしょう。?イリジウムもMAXを出してくれりゃ メンテ頻度も少なくて済むのになぁ。 もう こんな太いプラグは使う機種が無いから 無理な話か・・・?以前 キャップの方にシリコングリスを塗り忘れて 1番が水没したのできっちりやります。

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    NINJA BAKA
    車種
    GPZ900R

    ?11月2日はキャリパー洗浄の日にすると前々から決めておりました。?キャリパーの掃除もせずに、500kmほど乗ってましたから、まぁ、汚れている!お湯を作って、中性洗剤で丁寧に洗浄しましたら、ご覧のような黒い汚れが、キャリパー用風呂桶いっぱいに。しっかり洗浄した後、シリコーングリスとベルハンマーゴールドをピストン周囲に塗布して揉み出しを行い、軽く動くようになってからフォークへの取付け準備。

    • いいね(7)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    高速域でのケツ振りが収まらない。バイク屋さんに相談して「スイングアームじゃね?」って事でとりあえず 以前の状態に戻してみる事に。?スイングアームのベアリングを替える時に 時間節約のため中古を買って先にベアリング交換した奴を入れ替えるという方法をとりました。あ、リンクもね。?タイヤ外して 左右に振ってみてもガタは無い。ん~? 徒労に終わりそうな気がしてきた・・・?ただ、スイングアームのベアリングは純正では無かったけど サイズも耐荷重もOKだったのでヨシとしてましたが ちょいと気になり出しました。?てな訳で グリスアップして前のに戻します。?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • カワサキ GPZ900R by モトガレージイトウ【プロフェッショナルカスタムマシン】
    カワサキ GPZ900R by モトガレージイトウ【プロフェッショナルカスタムマシン】

    90年代中頃に隆盛を極めた、ニンジャレーサーの雄姿を再現 90年代なかごろは、GPZ900Rで出場できるサンデーレースなども各地で開催されていた。当時はGPZ900R用のレースパーツも数多く販売されており、そのようなパーツを使って作られたのが、このマシンだ。今では手に入らないパーツも盛り込み、モトガレージイトウがある鈴鹿のコンストラクターの協力も得ながら、当時のニンジャレーサーを再現している。それでいて外観はノーマルのルックスを維持して落ち着いた雰囲気にとどめている。 注目したいのがフロントフォークで、倒立であるが純正流用ではない。実はこれはダブリュピー製で、ブラケットもセットになった倒立フロントフォークキットが車種専用品として、90年代はラインナップされていたのだ。このころはレース用のサスペンションではオーリンズとこのダブリュピーが人気で、車種専用のため簡単に装着が可能だったことで、このキットは人気だったのだ。また、リヤショックはCBR1100XX用を流用するが、取り付けのためのリンクはワンオフで製作している。なお、スイングアームはオオニシヒートマジック製のワンオフ...

  • 投稿日
    投稿者
    副部長
    車種
    GPZ900R

    ちょっと前から、リザーブ切替までもうちょっとのガソリン残量でフルスロットルを当てると、ガス欠のような症状が出ていました。?フューエルコックが、怪しいなと当たりを付けていてアッシーを購入していましたが本日ようやく交換作業を行いました。ガソリン残量がほとんどなかったので、タンクを横にすることでガソリンを抜かずに交換することができました。コック交換後、ガソリン漏れを確認するためタンクを水平にして30分ほど待ちましたが漏れもなく大丈夫のようです。そうそう、その間についでにプラグも交換しました。?今度の土日で、直ったのか確認しないと。

    • いいね(3)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    副部長
    車種
    GPZ900R

    午前中、GPZ900Rのチェーンメンテナンスをしました。3時過ぎたら、少しは涼しくなるかなとちょっと走ってきましたが暑すぎ・・・津久井湖でUターンしてきました。

    • いいね(2)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    先日のプチツーリングで落としてしまった リアキャリパーボルト。?ンな物は すぐに純正を注文して修理完了だぁ~っ!と その日のうちに 品番から検索して 最速の発送をする所を検索。?何件からか送料諸々も考慮しながら モ〇タロウに決定。それでも4日後の発送。車検も近いので その頃に必要そうな物も同時購入して送料を0円に。?2日後 「販売終了の為 キャンセルさせていただきます」のメール(T-T)?え? えっ? どうする俺? どうなるコレ? いやいや 落ち着け たかがネジじゃないか! どうせ規格物なんだから 探せばあるさ!と自分に言い聞かせる。??てな事で ボルトの採寸から開始。M10 ピッチ1.25 ...

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    hide!
    車種
    GPZ900R

    最近、めっきり涼しくなってせっかくの連休だというのにいまいちな天気…なので、離れに冬眠中のニンジャのヘッドガスケット抜け(仮)に手を付けることに。1枚目の画像のように、明らかにシリンダーヘッドとシリンダーの間からお漏らしの様子。(気が付いたのは今年の5月…)とりあえず、キャブ、ラジエター、エキパイ、を外して、、、この時点で2時間以上経過。そして、ようやくヘッドを留めるボルトを外そうにも、外側4本はあっさり、2番3番シリンダー付近の6本はガチガチ。やっとこさ緩んだら、今度はその長いイライラボルトが邪魔で、何とかひもで結んでヘッドを下ろしたら4時間近く経過…とりあえず今日はここまで。早速、ヘッドガ...

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    副部長
    車種
    GPZ900R

    ブレンボキャリパー、アクティブキャリパーサポート、サンスターブレーキディスクをGPZ900Rに装着。朝8時から15時まで、休憩を挟んで6時間の作業となりました。ちなみに間でブレンボのブリーダーボルトが11mmという衝撃の事態があり〇ストロプロダクツまで購入しにいくという余計な時間を要した事も原因かと・・・?エア抜きに1時間近く掛った自分自身の要領の悪さにも、ちょっと呆れてみたり。?ブレンボキャリパーは今回初めて購入、装着しましたが色々と勉強になりました。

    • いいね(4)
    • コメント(2)
  • すごいダメージ加工! 『トップガン マーヴェリック』のGPZ900R“ニンジャ”をカワサキが展示【ミラノショー2022】
    すごいダメージ加工! 『トップガン マーヴェリック』のGPZ900R“ニンジャ”をカワサキが展示【ミラノショー2022】

    2022年5月に公開され大ヒットを記録している『トップガン マーヴェリック』。バイク好きなら劇中に登場するGPZ900Rに目が行ったはず。なんとこれがミラノショーのカワサキブースに展示されたのだ。 写真:河野正士/Webike レプリカは多数存在するものの、こいつは本物! 5月の公開から138日目の10月11日までに国内累計興行収入は131億6000万円に達し、2010年以降の国内実写映画トップに躍り出た『トップガン マーヴェリック』。全米でも歴代興行収入ランキングは5位という大ヒットを記録し、現在でも数字を伸ばし続けている。 この映画は1986年の『トップガン』の続編になるが、36年前に登場したGPZ900R“ニンジャ”が新作でも登場するシーンがある。当時ピカピカだったニンジャがかなりヤレていたことに、時の流れを感じずにはいられなかったベテラン勢も多いことだろう。 まさにそのヤレたニンジャがミラノショーで展示されており、現地を訪れたライダーは実車を拝むことができたのだ。これは実際に『トップガン マーヴェリック』で使われた本物の車両で、36年...

  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    70080kmジェグラV以来 久しぶりのダンロップ。基本はミシュラン派なのですが 16インチが日本ではカタログ落ち。んじゃぁ AVONだ!と思ったら入荷未定・・・orz 一番入荷が早いGT601になりました。タイヤチェンジャ-でサクサクいきます。?空気圧調整がやりにくいので チューブレスバルブをゲイルスピードの8.5パイへ交換。11.5が殆どの純正に対応って事で注文してたら 合わなかったので急遽発注したのは内緒。?中華製TPMSをつけて バランス取り。これが地味に一番時間がかかる。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    副部長
    車種
    GPZ900R

    ようやくブレンボキャリパー交換できそうな気候になってきたので作業前にキャリパーのメンテナンスを行いました。?と言っても未使用品なのでそんなに大した作業ではありません。パッドの面取りとピストンの揉み出しです。左右で40分程で完了、明日交換するぞ~!!

    • いいね(2)
    • コメント(3)
  • 投稿日
    投稿者
    こばちゃんGPZ
    車種
    GPZ900R

    19回目完了内訳自賠責 9270円重量税 5000円印紙代 1700円合計 15970円252100km 前回から6500km光軸一回目NG、2回目シート後方に座り光軸を上げOKとなった。ヘッドライトとカウルの隙間を平行くらいに調整が必要

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    副部長
    車種
    GPZ900R

    GPZ900Rの効きが悪いキャリパーをブレンボに交換するために動き出しました。ブレンボキャリパーとアクティブのサポートを装着してブレーキホース交換無しで大丈夫か、キャリパーセンターが出ているか、パッドがブレーキディスクに全面当たるかの確認を行いました。これを左右確認したところで、汗だくになったので本日は終了。?今週はBOLTに乗っていなかったので、津久井のメグジェラートさんまでBOLTで出かけて、クールダウン!次の休日に、キャリパー交換作業できると良いんだけどあまりにも暑いと、延期でしょうね(;´∀`)

    • いいね(3)
    • コメント(5)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    塗装の終わったサイレンサーを 早速取り付けようと思ったが よくよく考えたら チェンジレバ-を交換する時 もう一回外すなぁ 気付いたので同時交換!?A12以降の ショートタイプ。去年の春頃まで「まだ 在庫ありそうだから も少し後でイイや」と思っていたら 夏には販売終了にorz?某オークションに参加し ガンバっては見るものの値段が1万くらいになると「こんなアルミの棒を曲げたヤツに そんな金額が出せるかっ!」とドロップアウト。?ステップ丸ごとや レバー単体で探していたら 久々に出品発見!! しかも100円スタート!説明文にはA11から取り外しって書いてある!! コリャ 写真見て気付いた奴しか買わない...

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • バイクブーム時代を生き抜いたロングセラー=純正スタイルのカワサキ絶版車を手に入れたい〈レッドバロン〉
    バイクブーム時代を生き抜いたロングセラー=純正スタイルのカワサキ絶版車を手に入れたい〈レッドバロン〉

    バイクブーム時代を生き抜いたロングセラー=純正スタイルのカワサキ絶版車を手に入れたい〈レッドバロン〉 1972年の発表から半世紀を迎えるカワサキZ1といえば、現在の絶版車人気を牽引する代表的な1台だ。それ以降もGPZ900Rやゼファーなど、ライダーに長く愛されるロングセラーが登場するが、これから絶版車を購入しようとするなら、車両本体の素性の見極めとアフターサービスがもっとも重要と言っても過言ではない。全国306店舗のネットワークを有するレッドバロンの在庫群から、モトメカニック編集部が選んだ絶版良車×3台を紹介する。 ●文/写真:モトメカニック編集部(栗田晃) ●外部リンク:レッドバロン →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    耐熱塗料は薄く塗れ って聞いたので 1回でいいかな?とも思ったが、もう少しツヤが欲しかったので 軽くペーパーを当ててから二度塗り。?乾燥させたところで ザ・本番!?youTubeで見たのを参考にさせてもらいました。ダンボール窯を作って加熱します。木炭用の皿は 煎餅の缶の蓋wブロックの足にアストロのトレーを乗せる。ダンボールの内側にアルミ箔を貼り 下側に空気穴 上に温度計測用の穴を開けて 被せます。??

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    先日剥がした純正マフラーの塗装。?とりあえず オキツモの耐熱ツヤ有り黒で塗ってみた。?固定方法で悩んだが、ギタースタンドの足だけを使って エキパイ側を突っ込んだら何となくイケそうだったんでそのまま塗った。?....ん~? もっとちゃんと下処理しておけば良かった....?何日か乾燥させてからヤキを入れてやる!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    副部長
    車種
    GPZ900R

    今月車検なので、クーラントの交換やバッテリー補充電、ヘッドライトバルブの戻しなど一式作業しました。クーラントは、ホームセンターで2L700円ほどで売られているものを濃度30%位に薄めて使用しました。1枚目の写真は500mlのペットボトルに100ml毎に印をつけたスペシャル工具!でこいつを活用して濃度調節をしました。今回ラジエータに2.2L、リザーブに0.4Lと2.6Lほどのクーラントを使用しました。で車検の際必ず光軸調整を自動車屋でお願いするので、事前に純正のH4バルブに戻します。ルーバーも外さないと車検には通りません。最期に、ひとっ走りしてクーラントの漏れが無いこと、ライト、ホーン、ウィンカ...

    • いいね(3)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    こま
    車種
    GPZ900R

    思い起こせば 去年のコムテックの騒動でレーダー4か5が発売中止になり 数か月後に発売になったこのレーダー。古くはVR211からバイク用レーダーは使っているが 進化にビックリするなぁ。コレ 車と兼用で使おうと思ったら スピーカーが内臓されてなくて スタンドアローンでは使えない。さらに持っていた中華インカムとのペアリングも出来ず デイトナのDT-E1まで購入するハメにorz取り付けに関して購入したのは 脱着を考えて車用ステーのみ。バイク用はハメ殺しのようだったので却下。プロトタイプから始まり 8代目でやっと完成かな?ってとこまで漕ぎ着けた。レーザー受光部は最初の頃はアッパーカウルの下側に付けていた...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    NINJA BAKA
    車種
    GPZ900R

    FCRのトップキャップを外してジェットニードルの確認。クリップ:上から4段目JN:0CFMQ

    • いいね(3)
    • コメント(10)
  • 【テクニカルガレージRUN GPZ900R(カワサキGPZ900R)】25年超のカスタムをキープコンセプトでリメイク【ザ・グッドルッキンバイク】
    【テクニカルガレージRUN GPZ900R(カワサキGPZ900R)】25年超のカスタムをキープコンセプトでリメイク【ザ・グッドルッキンバイク】

    安全最重視で消耗品はまず交換して維持される この1994年型カワサキGPZ900Rカスタムは最初に手が入れられてもう25年超、10万km以上乗り続けられている。撮影は2020年明けてのことだが、とてもそんな時間が経ったとは思えないきれいさだ。オーナーはテクニカルガレージRUNの代表・杉本さん。スズキの正規販売店で数々の新車・中古車販売を行う一方で、バージョンアップ・コンプリートと呼ばれる上質なカスタムを手がけている。この車両は杉本さんが自身の愛車たるGPZ900Rに、同様の手順を踏んで当時作ったもの。そしてこのほど、リメイクの手が入った。 「距離も進んだのでエンジンをリニューアルしたんです。ZX-11用クランクを新品に交換、コンロッドをキャリロにしました。ピストンやシリンダーヘッドまわりは点検の結果問題なしなので、必要な作業だけ行って組んでます。 エンジンが降りたので車体もコンディションをチェック。同時に消耗品を全交換、ブレーキやサスペンションはすべてオーバーホールに出し、外装のリペイントもしました。ウチのカタナ“ハガネ”のブラックバージョン的な“クロガ...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP