カワサキ  エストレヤ

  • 車種:エストレヤ 

エストレヤのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全80件
  • 投稿日
    投稿者
    ゆー
    車種
    エストレヤ

    シートも純正の黒色でしたが、ありきたりなのでライコランドで染めQ(ワインレッド)を購入、前にあった脱脂染めQ と使ってスプレーしました。外装の色と同じ感じで良いかんじ!

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆー
    車種
    エストレヤ

    ノーマルタイヤですが、クラシカルな感じでメーカーのところをホワイトレターにしてみました!かっこよす!

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ゆー
    車種
    エストレヤ

    ?まず耐水ペーパー400→1000→1500→2000やすり。?メタルマジック、ピカールでウエスにつけて手磨き。?グラインダーにフェルトバフつけて白棒からの青棒で磨きまくりました。疲れた…。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    本日作業2、ブレーキスイッチだけ注文も忍びなかったのでウィンドシールドも購入。これまでのものはちょっと長いなと感じていたのでより短いものに交換です。ライトとの比率やミラーとを結ぶライン(Before:水平・After:U字)が良い感じになりました。シルエットが丸いからバンパー変えてみようかな。一つ変えるとまた一つ気になり、楽しみが尽きなくて良いです。

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    ブレーキスイッチの接触が悪くランプが点いたり点かなかったりの症状。コネクタ部分の接触不良のようで新品交換で無事復活しました。これで安心。シンプルだな部品と思うけれど、少しずつ劣化するのだなあと痛感しました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • バイク女子デビューにおすすめ!250ccクラスの人気車種を紹介!
    バイク女子デビューにおすすめ!250ccクラスの人気車種を紹介!

    最近はSNSで女性ライダーが、バイクに乗る様子を投稿する事が増えてきました。楽しそうにツーリングしていたり颯爽とバイクを走らせていたりする様子を見て興味を持ち、自分もバイクに乗りたいと思った人もいるのではないでしょうか?でも「バイクのことが分からないから何を買ってよいのか分からない」という話も耳にします。 そこで今回は、バイクデビューしたい女子に向けてオススメのマシンやその特徴を説明することにしましょう。 女子のバイク選び方のポイントを解説 女子だから特別なバイクがあるというわけではありません(昔は女性をターゲットにしたバイクもありました)。男性・女性とも初心者のバイク選びでは乗りやすさ、扱いやすさなどが重要になるのは同じこと。ただし、体力や体格を考えたサイズ感などをより慎重に考慮する必要があります。 自分の体格に合ったバイクに乗るのがオススメ 足つき性の良さや取り回しのしやすさはバイクライフにおいて重要です。車体が軽くてシート高が低ければ乗り降りする際のふらつきを軽減することができて安心です。無理をして体格や体力にマッチしていないバイクを選ぶと支え...

  • 投稿日
    投稿者
    boy
    車種
    エストレヤ

    K&Nエアフィルター洗浄 オイル塗布?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tatsu
    車種
    エストレヤ

    エストレアにバックサポートをつけるのにリアサスのボルトを抜いたら入らなくなるなってしまいました。どなたか分かる方いらっしゃいましたら助言していただけませんか?宜しくお願いします。

    • いいね(0)
    • コメント(3)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    エストレヤ

    今までクロ(エストレヤ)で高速道路を走る事はなく、今後もETCは必要がないと思っていたのですが、淡路島に橋(高速)だけ使用のツーリングを考えた場合、現金だと2,410円、ETCだと760円・・・往復するとバカらしい程の差もあり、その他でも使用出来るのでETC車載器を取り付ける事にしました

    • いいね(5)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    返品交換なく無事に取付することができましたヘッドライトリム。Webikeさんはメーカー確認、メーカーは在庫品のフック幅まで確認してくれて、ありがたいと同時に申し訳ない気持ち。回答では在庫品フック幅は全て4mm強、類件もなく取付に問題は無いと思われるが取付時は力で抑える(叩き込む)イメージがあるとのこと。また冬場はプラスチック部分があれば温めてからの作業がお勧めとアドバイスまで。アドバイスをもとにエイヤでぐりぐり押し込んだら少しずつはまってくれました。古いリムの方のフックが緩んできていた説が濃厚。本来はきつきつが正解。何はともあれ、無事装着できて良かったです。お騒がせ致しました!

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    本日のお相手はヘッドライトリム。現在は購入時のまま、もはや錆びてボロボロなので交換します。

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 車名の和訳が意外なバイク5選 「フレンドリーな大人気車なのに“反逆者”」「ちょいワル御用達なのに“そよ風”」
    車名の和訳が意外なバイク5選 「フレンドリーな大人気車なのに“反逆者”」「ちょいワル御用達なのに“そよ風”」

    国産バイクの車名には、カワサキの「Ninja」やスズキの「隼」など、そのモデルのイメージとなる日本語をそのまま当てはめたようなものも存在します。ですが今回は、バイク本体の見た目やコンセプトと、車名の意味にギャップがある車種を5つご紹介します。ネーミングの由来も併せてご紹介しますので、お時間のある方はぜひ最後までおつきあいください!! やんちゃなイメージだけど「そよ風」カワサキ ZEPHYR(ゼファー) 不良漫画やドラマでも活躍し、やんちゃなボーイたちから愛されているイメージのあるカワサキのZEPHYR(ゼファー)。ネイキッドブームの火付け役ともいわれた名車です。 もちろんグッドマナーなライダー達も含めて多くの人々が憧れを抱いたZEPHYRですが、なんとZEPHYRは英語で「そよ風」「優しい風」という意味なのです。強さが前面に出ているバイクには似つかわしくない表現ですね。ですが、この車名にはきちんと意図があります。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    いろいろパーツを買ったので順番に更新してゆきます!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    10/1からナンバープレートに関する基準が厳しくなったので、念のためツーリングフックバーを外すことに。**以降に初めて登録・・・など色々書いてあるときはもはや考えるのも手間なので新しい方に合わせます。最近不使用な上にメッキも剥がれてきていたし丁度よい頃合いです。お尻まわりがスッキリした印象になりました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    エストレヤ

    エストレヤには今までスマホホルダーは取りつけていたが、USB電源は配線をしておらず、必要を感じていました。いまあるバイクは1台は自分で取付、もう一台はバイク屋さんで取付してもらいました。2台の使用している電源はほとんどUSB1口だけでそれ以外はほとんど使用していませんので、今回はUSB1口タイプのシンプルな物を購入し、ヒューズから電源を取らず、ハーネスを購入して、加工無しのシンプルな方法にしました。

    • いいね(4)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    スペード
    車種
    エストレヤ

    デイトナ フェンダーネームプレートを着けたら、ぱっと見は2017年式には見えなくなった。満足ヽ(*´▽)ノ♪

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    今のスタイルに合わせるため、ウインカーをCB72タイプというものに戻しました。少し角が取れたデザインと適度な大きさが好き。保管していたものは内部が劣化して使えなかったのでPMCのを新規購入。ピカピカで良いですね。https://www.webike.net/sd/1521944/ステーは付属していなかったので使いまわし。ギボシ端子は太くそのままでは使えなかったので細いものに再加工が必要でした。併せてヘッドライトバイザーのサビ取り。今度から購入時は先ずコーティングしておこう。裏面がすぐ錆びちゃう。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 初めてのバイクにおすすめしたい車種 250cc 編
    初めてのバイクにおすすめしたい車種 250cc 編

    初めてバイクを買おうとしているライダー予備軍のみなさん、初めてのバイクには250ccがオススメですよ! もしも私が、これから初めてバイクを買うのなら…250ccを選びます。実用的で維持費が安く、長距離ツーリングも可能だからです。 250ccは普段の街乗りや通勤はもちろん、長距離ツーリングもこなせます。高速道路も走行可能。維持費が大型バイクに比べて安いので、実用車として頼もしいのが250ccです。大型・中型・原付の所有歴があり、現在の愛機は250ccオンリーの私「むらなす」が初めてのバイクにおすすめしたい250ccバイクを紹介します。 250cc バイクのメリットとデメリット 250には下記の長所と短所があります。 メリット 250ccは何と言っても気軽に、気楽に乗れるのが最大のメリットです。「さぁ、行こうか」という感じでチョイ乗りを楽しめます。街乗りや普段の足に最適です。 ・維持費が安い(車検がない) ・燃費が良い ・軽い(取り回しがラク) ・下り道のブレーキングがラク ・酷道・険道に強い 長距離ツーリングも楽しめる250ccは、最...

  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    やはりハンドルロックを使いたいので、WMのハンドルストッパーを削ることに。1ミリメートルほど削ってロックが使えるようになりました。加工前後での大きな差異は感じられなかったので一旦様子見で。これでひとまず安心~。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    ※スペック記載が正しくない商品でした本日はバイク用ドラレコをエストレヤへ取付。これまでUSB接続で使っていたアクションカムからの更新です。商品は先日のBluetoothヘッドセットと同じニコマクというブランドのもの。…は中国発送だったので、Amazon発送の同一品をチョイスしました。

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    ハンドル交換でアクセルワイヤーがタンクに当たるようになったエストレヤにWMのハンドルストッパーを装着です。物理的に切れ角を減らすお品物。高級品(主観)

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    KEM
    車種
    エストレヤ

    やっぱり純正が一番。完成されたシルエット・運転のしやすさ&均一疲労の乗車ポジション。分かってはいるけれど夢は終わらない。一度試してみたかったワイドハンドル、ハリケーンのワイドローオールド1型(7/8インチ)へ交換しました。黒い!広い!

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    にゃんきち
    車種
    エストレヤ

    純正爆音加工マフラーから大和ステンレス小音タイプマフラーに交換です。さすが人気のマフラーだけに作りがひじょ~に良い。購入前に大和ステンレスさんに燃調は必要か問い合わせたら必要ないとの事でした。ギクシャクする症状が改善したらいいなと思いながらささっと取り付けてさっそく試乗に行って来ました。音は純正加工マフラーより小さくなってちょうどいいかなって感じです。そして気になっていたギクシャクと息つく症状とアフターファイアは以前よりもかなり改善されたけどまだ多少ギクシャクします。このギクシャクについていろいろ調べたらインジェクションのサブスロットルが怪しいようです。この症状さえ改善されたらすごくいいバイク...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【2023年版】カフェレーサー系バイクおすすめ車種
    【2023年版】カフェレーサー系バイクおすすめ車種

    色々な種類のあるバイクカスタムのジャンルでも、人気の高いカフェレーサー。 メーカーから発売されているカフェレーサーもあれば、ベース車両を見つけて自分好みのカフェレーサーに仕上げるのも人気となっています。 カフェレーサーの歴史と、カフェレーサーとカスタムベースとなるバイクも含めて、おすすめカフェレーサー系バイクとカフェレーサーおすすめベース車両をご紹介します。 カフェレーサーとは カフェレーサーの歴史 カフェレーサーの始まりは、1960年代のイギリス、ロンドンです。 ロックンロールを愛し強く影響を受け、革ジャンに革パンツ、ブーツというファッションで、レーサーのようにカスタムされたバイクに乗った若者をロッカーズと呼んでいました。当時はトライアンフやBSA(バーミンガム・スモール・アームズ)、ノートンなどの英国製バイクに乗ることが若者のステータスでした。 ロッカーズはカフェを溜まり場とし、自分達のバイクを自慢しあい、どちらが早いかを競い合うレースを行っていました。ジュークボックスの曲が終わるまでに決められたコースを走ってくる速さを競ったり、カフェの...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP