ホンダ CBR1000RR

Myバイクに登録する

Myバイク登録をすると、新製品情報やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

電子制御機能を熟成し「操る楽しみ」をさらに追求するとともに、カラーリングの一部を変更 コーナリング時や加速時の後輪スリップと、加速時の前輪浮き上がり(ウイリー)を抑制する「Hondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)」の機能に、旋回中のタイヤ周長変化の精度を上げた制御を取り入れることでHSTC作動をよりきめ細かくした。 さらに、後輪スリップ抑制に対する制御介入量が9段階で任意に選択できることに加え、従来モデルではHSTCが一括制御していた領域である後輪スリップの抑制と、ウイリーの抑制をそれぞれ独立した制御へと変更。「ウイリーコントロール」として制御介入量を3段階で任意に選択可能にし、よりライダーの好みに応じたHSTCの設定変更を実現している。 また、スロットルグリップ開度をセンサーで検出し、スロットルバイワイヤ(TBW)モーターに駆動信号を送ることでスロットルバルブを制御する「スロットルバイワイヤシステム」では、TBWモーターの駆動スピードを上げ、スロットル戻し時の応答性を高めたほか、スロットル操作に対する出力特性を5段階で任意に選択できる「パワーセレクター」において、全てのギアでピーク出力まで引き出せる「レベル1」の出力特性設定を変更し、よりトルクフルな加速を実現している。 なおスーパースポーツモデル専用ABSでは、スポーツライディング時における高速度領域でのブレーキコントロール性をより考慮した制御設定に変更している。

排気量 999cc
エンジン形式 SC77E
最高出力 192ps / 13,000rpm
最大トルク 11.6kgf・m (114N・m) /11,000rpm
車両重量 -
タンク容量 16.0リットル
  • 車種:CBR1000RR 

CBR1000RR  バイクレビュー

オーナー満足度
3.51 (同カテゴリ平均:3.49) 評価投稿数: 1341人
燃費
3.34
走り
4.76
ルックス
4.75
メンテナンス性
2.93
積載性
1.81
とりまわし
3.44
更新日
2021年03月17日
オーナー
バイクマン1995さん
バイク保有状態
昔乗っていたバイク
HONDA CBR1000RR 2006年式 (998cc)
自己評価
走り 5 積載性 1
ルックス 4 とりまわし 2
燃費 3 メンテナンス性 3
総合評価3

最新投稿写真

購入動機
SPA直入サーキットにCBR1000Fで何回か行っているうちに、ノーマル状態でフルサイズサーキットも問題なく走れるバイクが欲しくなった。バックステップ以外はフルノーマルで問題ありませんでした。SPA直...続きを読む
長所・満足している点
トラコン、スリッパークラッチ、各種電子デバイスほぼ皆無ですが、完全ノーマル状態でもセッティングを詰めて基本操作が出来ればそこそこサーキットを速く走れます。現在でもスポーツ走行の基本を覚えるのにはいいバ...続きを読む
短所・不満な点
電子制御の無さ。出そうと思えば当時でもトラコンぐらいは付けて出せたはずです。
HRCキットではあったのかどうかは記憶が曖昧です。
あと、スリッパークラッチは社外のを入れている人もいましたね...続きを読む
用途・思い出、これから買う人へのアドバイス
私は新車で乗っていましたが今から買ってサーキットを走れる状態に持っていくとするとメンテ代が相当分かかると思います。しかしホンダ1000ccスポーツのいい面が前面に出てきているので峠などで練習してもいい...続きを読む

CBR1000RRの関連ニュース、リコール・サービス情報

CBR1000RRの試乗インプレッション、特集記事

CBR1000RRのパーツインプレッションランキング

CBR1000RRの新車・中古車情報 全

Webikeバイク選び 国内(新車) 国内(中古) 逆車(新車) 逆車(中古)
乗り出し平均価格(税込) - 110.37万円 311.99万円 108.9万円
Webike掲載台数 - 23台 4台 4台

全国からCBR1000RRの新車・中古車を探す

CBR1000RRの買取相場

平均 ¥0
最高 ¥0
PAGE TOP