メニュー一覧

ホンダ  CB750

  • 車種:CB750 

1~20件 / 全44件
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    色々と思うところがあり、CB750(アカ)のスクリーン交換しようと思い立ち、GIVI(デイトナ)製のユニバーサルスクリーン用フィッティングキットの左と右を注文しようとウェビックさんを確認したところ、「在庫有り」でしたので次の日には出荷されて届きました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    アカ(CB750)は走行距離が63,000キロになろうとしています。最近チェンジ側(左足側)のステップが滑るので確認したところ、画像右側のようにかなり擦り減って下りました。ウェビックさんに早速NTB製ラバーステップを2つ注文して交換となりました。

    • いいね(3)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Ura
    車種
    CB750

    リア足回り一式交換しました~。もちろんですが、取付はバイク屋さんです。スイングアーム・ブレーキキャリパー・マスターシリンダーそしてホイールとタイヤです。ホイールはCBR900RR純正です。5.5Jです。RC42は4.5Jなので150のタイヤでしたが、これで180サイズが履けます。タイヤはPIRELLI DIABLO ROSSO IV CORSA 180/55/17をチョイス。???????

    • いいね(4)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    Ura
    車種
    CB750

    サイレンサーの交換です。RPMからのRPM。復刻版シルバーステッカー仕様サイレンサー(RC42用)からCB750F仕様サイレンサーに変更。サイズ φ80×400 → φ80×300  100mmカットインナーサイレンサー ?加工 排気効率がアップしてると思う。

    • いいね(4)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    今まで何台かのバイクを乗ってきました。パーツを取り付けたり、取り換えたりもしてきました。しかしこのフロントフォークガードはいつも「いるのかなぁ、このパーツ・・・」と、思って今まで取り付けた事がなかったんです。

    • いいね(2)
    • コメント(4)
  • 2023年総集編!人気オンロードラジアルタイヤランキングTOP10【2023 Webike ランキング】
    2023年総集編!人気オンロードラジアルタイヤランキングTOP10【2023 Webike ランキング】

    タイヤは、マフラーやステップなどのカスタムパーツと比較するとあまり目立つものではありません。 しかし、ブレーキ等と同様に安全性に大きく影響する非常に重要な役割を持っているため、適切なタイミングでの交換が必要です。 それでいて、タイヤは車体の中で唯一接地するパーツなので、より良いタイヤに交換すれば、それだけでかなり乗り心地も向上します! 今回は2023年全体でWebikeの中で人気だった、オンロードラジアルタイヤの中から人気ランキングTOP10をご紹介します! 2023年!人気オンロードタイヤランキングTOP10 ランキングの前に、タイヤ選びで「そんな攻めた走りはしないから安くてなんでもいいや……。」という方もいらっしゃいますが、タイヤの性能が高ければ、安全なライディングに繋がります。 性能が高いと言ってもサーキット走行するようなハイグリップタイヤは温度依存性が高いこともあるため、冬や走りはじめには注意が必要です。 路面温度やウェットグリップ性能を犠牲にしてもハイグリップタイヤを履くか、ある程度のグリップでウェットグリップ性能や快適性を重視するか、取捨選択をし...

  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    先週GIVI製中型スクリーンの取付を行い、とりあえず走行してみました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    今回はフロントスクリーンを変更したという日記です。一番最初はシックデザインのロードコメット2でした。アカ(CB750)にはとても良く似合うスクリーンでした。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    kita
    車種
    CB750

    寒い時期なのでこの辺りをフラフラと…年末に六甲山を走ったらこの辺りと頂上で7℃も差があり雪が積もっていたので(^_-)反省して近場で…

    • いいね(0)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    最近バイクの清掃を行った際、サビている部分はあるのだけれど、そろそろ交換してキレイにしたいと部分があって、それならついでにメーター球も交換出来るので、久しぶりに純正部品をウェビックさんに注文しました。

    • いいね(2)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    ノマイケル
    車種
    CB750

    ヤフオク バイク王そのまんまオークションでの詳細で、オイルにじみ有だったが、実際はヘッドカバーから漏れのレベルで、ピットワークNC81でも今回は漏れ止まらず。CB750のヘッドカバーガスケット漏れは結構メジャーな現象だと、同車オーナーから聞かされたので、まあ、多走行の格安車では、こんなもんでしょう。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 最もコンサバなCBナナハンは15年のカラバリが凄い!【このバイクに注目】
    最もコンサバなCBナナハンは15年のカラバリが凄い!【このバイクに注目】

    空冷四発CBナナハンの位置づけが 尖った面のないコンサバなベーシックスポーツへ 1969年に量産車で世界初の4気筒、CB750FOURをリリース、ビッグバイクの頂点に君臨したホンダ。 しかし四輪のアメリカで課された最も厳しい排気ガス規制に対し、唯一クリアできる宣言をしてCVCCエンジン開発に2輪を含む全エンジニアを投入、CB750FOURは実に10年をマイナーチェンジで凌いでから、DOHCのCB750F/900Fで大攻勢をかけ、併行して主力を全く新しいV型4気筒へとスライドする劇的な戦略を展開した。 このV4主流をうけ、1968年のCB750FOURベースをDOHC化した四発を、ようやく第2世代へと刷新した1983年、登場したCBX750Fは絶対性能の追求ではなく、タウンユースでも扱いやすいキャラクターを課題としていた。 そしてペアとして明確な街乗りを意識したHORIZONもデビューしたのだ。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    kita
    車種
    CB750

    ウェビ友さんおすすめのLEDバルブ:RISINGαを試してみました~3月末の纏まった休みに備えて、夜走る可能性があるので明るくしておくのと、パーツ位置の微調整のためにステー:DAYTONA68080にも交換してみました。

    • いいね(2)
    • コメント(3)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    以前乗っていたGSR250には付いていたけれど、今の愛車CB750には付いていない。しかし長男坊のエストレヤには「絶対付けてほしい!」と、言われて取り付けました。画像はその部品を取り付ける為のステーを加工しています。

    • いいね(7)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    kita
    車種
    CB750

    (購入時から時系列で列記(1))【マフラー】NOJIMA FASARM TITAN フルエキ【EGガード】純正オプションメッキ品【ブレーキ】前後メッシュブレーキホース

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    12月29日に青森県から発送された荷物なのですが、この時期だし、兵庫県まで日数がかかるだろうと思っていましたが、12月30日の午後6時にはもよりの郵便局に到着していました。そして今日12月31日午前中には自宅に到着しました。手前にチョコレートがありますので結構大きな荷物です。

    • いいね(5)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    TD
    車種
    CB750

    先日、一泊二日でツーリングに行きました。朝と夜にヘッドライトを頼りに走行していましたが、もう少し明るくならないかと考えました。愛車CB750のライトはネイキッドの一般的な丸いヘッドライトで、ヘッドライトケース後ろ側の隙間が狭いので、通常のヒートシンクやファンのあるLEDヘッドライトバルブは穴明けなど装着に加工が必要そうでしたので断念していましたが、最近はポン付け(簡単な)LEDバルブ(H4)が数種類発売されていました。ポン付け(簡単な)LEDバルブにはファンレスとファン有りの2種類があるのですが、これはLED素子は熱は持たないが、LEDを発光させる回路(基盤)に熱を持つらしく、それを冷やす為に...

    • いいね(4)
    • コメント(2)
  • 40年前にオートバイのデザインを変えた第2世代のCB750/900F
    40年前にオートバイのデザインを変えた第2世代のCB750/900F

    流れるようなデザインは、このバイクから始まった CB750FOURから10年の時を経て登場した新世代のCBは、技術的な進化だけではなく、バイクデザインの新しい潮流を生み出した。 750ccの並列4気筒エンジンを搭載するCB750FOURは、’69年当時はまだ一般的ではなかったハイスペック仕様で登場し、まさに「夢のバイク」として世界にインパクトを与えた。そして、ホンダ=CBという概念を確固たるものにしたモデルだった。 このCB750FOURはマイナーチェンジを続けながら販売され、新世代CBが登場するまで、実に10年もの月日が流れていた。 ※この記事は 2020/11/30 に掲載された記事です。 →全文を読む 情報提供元

  • 投稿日
    投稿者
    みつ
    車種
    CB750

    カウルの揺れと位置を調整するため試運転

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    車種
    CB750

    ついに かつてから、興味のあったproのアクスルシャフトに交換しました メーカー在庫が、無かったため2か月かかり ましたが、取り付けは、前後含めて30分程度で交換出来ました効果と言いますとリヤーのチエーンの回転ムラが嘘の様に無くなりましたまだコーナーを走っていないので 体感インプレッションを確認出来ませんが期待出来るきがします、このパーツ前後で35000円位しますので、取り付ける方は、少ないと思いますが、メカにうるさい私には、安価なパーツに想われます 出来ればスタビと比較してみたいですね パーツの精度と強度を再確認する逸品でした。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    750 Rider
    車種
    CB750

    フロント強化サスは、既に交換済みでしたが、リアサスが未完でしたので、今回実施しました。やはり、足回りがシッカリしたような・・・。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    swangp2006
    車種
    CB750

    いきなり、はだかです。4月30日にクリアランス測定し、シムをオーダー、5月10日すべてのシムが揃ったので、本日作業開始となりました。昭和54年初度登録されてから多分、初めての調整ではないかと思われます。7Fは、車庫から1段高い内庭に上げてるので屋外整備になります。(車庫まで下すのが1人ではちょっとヤバイので)

    • いいね(0)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    カメコフ
    車種
    CB750

    天気が良かったので、オークションで落とした・タンクラバーを、3か所交換してみました。CBはタンク下がりが原因で燃料コック下の負圧ホースが裂けてしまうことが多いらしく(私も被害者(ToT)/~~~)

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【ショップ メローズ CB750(HONDA CB750)】ライトでも要所を押さえるチューニングで距離を伸ばす【ザ・グッドルッキンバイク】
    【ショップ メローズ CB750(HONDA CB750)】ライトでも要所を押さえるチューニングで距離を伸ばす【ザ・グッドルッキンバイク】

    足まわりを重点的に見直して快走を支える 「オーナーさんは比較的若い方ですがリターンライダーで、このCB(RC42)が初めての大型バイク。最初に当店にいらした時にはマフラーとハンドルは換わっていましたが“まっすぐ走れなくて怖い”とオーナーさんが言う状態で、買ったお店では解消しないということでした」 こう言うのは、ショップメローズの中川さん。同店ではこうした原因不詳によるトラブルの解決や、オーナー個々に合わせた整備&カスタムを多く手がけてきた。そこに入庫してきたのだ。 「まず普通に走れる状態にして、オーナーさんを安心させました。それから消耗品を交換。オーナーさんは時間があれば乗る、一度に300kmくらい走る……というように距離を乗る方なので、耐久性を持たせるべくスチールスプロケットを選びました。同時にドライブチェーンは525から520サイズにコンバートして軽くする。そのような考えで各部も整備していってます。その上で、コントロール性を高めるようにレバーやステップを交換。オーナーが車両に慣れていくのに合わせて、サスにも手を付けました」 そのリヤショックはオ...

PAGE TOP