ホンダ  TLR250

  • 車種:TLR250 

TLR250のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~15件 / 全15件
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    ←だいぶ前、A6063-T5で作って「惨敗」した奴、再度リベンジに備えて再度図面化...元品鉄塊はプレス、打ち抜きで作られていて、さほど錆ない。101~105gこれもSS400とかじゃないかなんだが。(2020.11.05、実車キックアーム周り計測、計算し直し)

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    エンジン上部のハンガーは鉄の塊、前にパイプ部両端にヘリサートを入れ、通しボルト固定から、両側ボルト止めに変更、ボルトをチタン化して80g程度軽くしたが、マダ本体280gもある。ココは振動は凄い、上下曲げアリアリなものの、大して捻じりも衝撃も掛からないんじゃないか....,単純に同寸アルミ合金化だと180g程度減る筈。..曲げが掛かるってのが面倒臭い部品。←前回交換で外して回収した奴。上面がエンジン吸気ポート側。次、アルミ化だと部品剛性が低下する(ヤング率約1/3)んで、実車で確認して太らせられる部分は太く、減らせる部分は削るマンガ作成。場所的に前後よりも上下の剛性確保じゃないか、上下幅を16m...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    油圧クラッチ化、てか、セミ油圧クラッチ化。だいぶ前、レバー加工して引き力落とし、去年には2.3~2.4Kgまで軽くしたクラッチなんだが、レバー比を大きくした副作用でケーブルの加熱伸び、クラッチの温度変化に敏感に、走行してて熱くなって来るとアソビ詰め調整が必要なのが面倒臭く感じる様に。具体的には毎回暖機後、信号1発目熱間アソビ確認、丘、随時アソビ調整....冷間と熱間でアソビ調整2回転位い(M8-1.25)⇒~2.5mm)クラッチバスケット側の引き力、約~12.5Kg現状レバー側引き(ピポットから10cmの位置、レバー比約5.8)、2.3~2.4Kg(計算値は2.15Kg)一本指操作上の希望値、...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    先月のジャンク品スピードメーターMODが山越したかと思ったら、次の故障?。給油した後とか、いつものようにサブタンク燃料を循環させるのに、後付けバキューム配管コック開いたら感触がヤケに緩い。で、「パスッ」とエンスト、通常なら一瞬回転落ちした後でアイドリングが上がるのにエンスト、嫌な予感。配管を外すと、ガソリンで濡れてた。まだそれほど酷くないかもだけど燃料ポンプダイヤフラムが破れた確定。しかしメインタンクに燃料が詰まった状態だとポンプを外せない。今補充した燃料が無くなる頃合い見て交換ダンドリかな。しかし明日は12月、もう日中6~8℃とか青空(じゃなくて曇天)整備なんかやりたくない季節、しかも故障と...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    暫く見掛けなかったPW24タイプの互換キャブが出回ってるのを見掛けたんでゲット。今使ってる改造キャブに問題起こって無いが、バックアップ部品としてと、今までのいきさつ盛り込んで再度加工してみる事に。今回のは鋳物肉厚は最小1.5mm程度だったんであまり削れないみたい。まずは前回同様、メインエア調整可能化と外部エアレギュレーター接続可能に工作。ダイヤフラムキャブやら事例やら加工可能性とか考えたものの重量やら手間、それにマニホ加工無しだと最大68mm幅しか無い点とかが難しい。マニホから新規製作するのはかなり大変。FTR用マニホを改造して使って全長75~85mm入る様にしたとしてもコネクティングチューブ...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    ナンチャッテCDIを快調に使っているんだが、仮にバッテリー付けてDC-CDI化する場合はどの位の容量が必要なのか。今、8μF(7.9μF)も接続して相当ACGには無理させてるんで保険で高圧パワーパック作るとしたら..あと、DC-CDIのFTR-223のCDIを搭載テストした時に、流用は出来なかったもののアイドリングの安定性が異次元だった。使ってるコンデンサのESRの違いも多少あるかもだけど、電圧が安定しているのが良いと思う。8μF、平均250V充電が必要として、⇒@250mJ 最高毎秒117Hz(7020rpm)として、⇒約29.3W/s⇒約12V_2.44A 最高毎秒167Hz(10020r...

    • いいね(0)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    思い付き。鉄心取るのに入手してあった、SRX400用のイグニッションコイル(ND 129700-1020)を錆止め塗装して改造、8mmのシリコンコードを接続できるように再生してみる事に。で、暇見て今使ってるキタコのコイルと入れ替えて味見予定。このコイルはもう絶版、既に30年近く前の奴で、実用出来んのか?って気もするが、今迄で一番一次側インダクタンスが高く(4.4mH)、二次側は45H程度あるが抵抗は7KΩ程度と低目、駆動容量が高くしないと放電電圧はダメだったものの、コンパクトでかなり良いコイルだと思うんで..←古いカチカチ・ボロボロコードを回して毟り取り。まずは 1,φ7mmドリル⇒タケノコ⇒...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    もうちょいパワー、PWK26+FTRインマニ改造(スタッド幅62⇒55.5mm改)とか、燃料ポンプのダイアフラムが漏れてる様な気がするんで、そろそろ交換部品も用意しないと...とか色々検索していた所、面白いキャブレターがあった。具体的には人様のブログなんだが、244CCの水冷2stに使って、PE30よりもパワーが出て低回転での制御性も良かったらしいって点でクギ付けになった。←カタログ画像。本当にそうなってるのかなんだがスローポートが3穴とか、ソレックスみたいな所もグッと来るね。加速ポンプみたいな作用をさせる配管も可能みたい。元々は排気量50~150ccのカートとか産業機械用みたいで、取り付け姿...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    ←今迄は昔のエレキサイトを付けていて、別口でやってるCDIの改造で容量増しして発光が強烈になったんだが、なんかその発光でエネルギーを無駄に消費している気がして来た。ネオン管は100V程度の電位差しか消費しないと言われているみたいだけどプラグ直上に直列に入っているし。しかしこれを使うの止めると、点火起動が正常か、ダイレクトに目で確認出来なくなるんだよな。エセ改造CDIを搭載している関係上ちょっと不安もあるんで、毎日1日の始動時には必ず見るんだが。しかしプリギャップのカブリ防止効果やらの方は、低速全開カブリ自体がCDI改造と今までのキャブレター改造でほぼ無くなったし、CDIの容量増しもあるんで不要...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    色々なイグニッションコイル漁ってインダクタンス測定、80V印加して火飛ぶかやってみた結果、1970年代のXL250S/XL125S用の奴が今使ってるキタコの赤コイルを上回りそうな感触(2.5mH/45.7H)前にテストした時の飛火は、11mm@-80V印加(開磁路))程度あった。で、ド古い奴、NOS品とやらもう1個取り寄せた所、ケースが割れてて.orz.な奴でガックリしたんだが、再利用出来るかやってみる。コレ、割れてる面裏にして写真出してて騙されたよ~(AS61-CDI)買ったのは、30500-428-003 の奴、ホンダの機種コードだとXL250S用。インダクタンスは2.5mH/45H@1K...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    LF110レギュを使ってようやく安定した直流化を達成したんだが、下調べの時の手回しの短絡抵抗とかやっぱし「気になる」。←新電元のカタログ画像拝借(Series-Style)ショート式は過剰な高電圧が発生しない、耐圧の低い安価な部品で済む利点があるが、欠点は無負荷時でも熱損失が発生っう奴。TLR250の場合、推計で最大時、ACGコイルとレギュ本体(~14W前後)合計約~61W位いが発熱になり、無負荷でもトルクの損失に。それは昼間無点灯でも、ちょっとした電気ドリルの馬力位いは損してる訳だ。んで流行りの最新、新電元のSeries-Style(俗にオープン式レギュレーター、とか、スイッチング式)を次回...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    去年2016年の春にDC化しようと色々画策してたんだが結局、200g近く重くなってしまうとか何か嫌になってしまい、ハーネス作成、仮付けまでやってたものの、全然進捗取り付けして無かったんですよ(ごめん)ウインカーもインジケーターなんかも交流のままLED駆動可能に改造しちゃったんで、必要性が薄れちゃったのもあるしな。唯一残った問題はヘットライトの直流化とLED点灯化なんだが、別に急がない感じだし..             (https://imp.webike.net/diary/144964/)←で、そんな時目にした中華リーファンLF110用の全波整流用レギュ、単相用。若干小さい。これなら軽い...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    3年程前にキタコのコイル(754-0810000)導入で結構トルク改善、運転もし易くなったんだが、全くのズブシロ・リターンライダーから少しは進歩?したかもも有って、低速ブリッピング・ココって時にもう一声、っう感じがしてた。←で~たまにポロポロ色々安い中古コイル物色してた。 (ヤマハSRX400_1JL の奴)こいつは残念ながら二次側内部断線してて上手く火が飛ばなかったりで色々調べられなかった。コードを押し込んでも断線は解消しなかった。4stトラ車での低速低進角で、要求電圧の高い範囲を考えると、出来るだけ出力電圧も欲しいのと、一次側インダクタンスの高い奴使って点火放電時間も欲しい。変圧比が180...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    ←基板の周りに市販ユニバーサル基板をエポキシ接着剤で継いで一体化、改造やら追加回路組み可能にして改造、いろいろ試してみる事に。まずは幾つか古いCDIをバラして比較したり、チョット丘行ったりして要件を検討。1,クランキング開始可能回転数は2/3程度に  (膝楽。低回転時に回路に供給出来る電流を増やす)2,進角開始、1200rpm前後から、4°~35°3,800~4000rpm程度で圧力センサが効く4,クランキング時にプラグギャップ1.2~1.3mm以上が可能5,1500rpm程度で全開にしても失火しない (バッテリー付にしてDC-CDI導入すれば安定かつ簡単かも。)*6,ユニット高さは2cm以下...

    • いいね(2)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    山行き太郎
    車種
    TLR250

    リアブレーキロックを前から付けたかったんで今年の夏までにナントカ。フロントには既に郵政MD90カブ部品流用で大分前に付けてたんだが、リア側はペダルに追加と云うのが難しかった。山の中でブレーキペダルのストッパに木片噛まして駐車とかしてたので、それを板金で作るとか色々試行錯誤中。リアもハンドブレーキ併用に出来れば郵政MD90,現行110MDのパーツとか、スクーター用ブレーキロックが簡単に付けられるんじゃないか?それと実はダニエル回転も手でブレーキ操作出来れば簡単じゃないか?とも思うんだ。足で加減してゴロゴロの地面でやるのは年寄リターンには難しいんだよ..<お察し下さい>フクラハギ筋痛、ツマ先でブレ...

    • いいね(0)
    • コメント(0)

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP