ホンダ  レブル1100

オーナー満足度
3.92 (同カテゴリ平均:3.57)  評価投稿数:198人
燃費
3.27
走り
4.59
ルックス
4.71
メンテナンス性
3.7
積載性
2.89
とりまわし
4.36
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

7台

全国平均:130万円(前月比万円)

最安:119.2万円, 最高:147.8万円
全国平均:5.39万円

価格帯:5.35~5.61万円

全国平均:124.61万円

価格帯:113.85~142.45万円

中古車

9台

全国平均:150.83万円(前月比万円)

最安:140.61万円, 最高:158.72万円
全国平均:6.9万円

価格帯:4.51~8.4万円

全国平均:143.22万円

価格帯:132.8~152.8万円

馬力:87PS/7,000rpm
クラス:-位 / 112台中
トルク:10.0kgf・m/4,750rpm
クラス:-位 / 207台中
航続距離:----
クラス:-位 / 119台中
  • 車種:レブル1100 

ホンダ レブル1100 (2023年)

「Sit back & Enjoy the ride」を開発コンセプトに、車体をRebelシリーズ共通の特徴である低いシート高かつ、ライダーの股下でフレームにくびれを持たせた形状のナロースタイルとすることで、低重心で安心感のある足つき性を実現した。 また、ライダー乗車時のプロポーションの良さを表現しつつ、ステップをペダル操作のしやすい位置に設定するとともに、35度のバンク角を確保することで、クルーザーカテゴリーながらスポーティーな走行も楽しめる設定とした。 エンジンは、270度位相クランクによる不等間隔爆発が生み出す力強いトラクション性能とパルス感、さらに、高回転域までスムーズに吹け上がる特性でスロットルを開ける楽しみを表現。 また、毎日の通勤・通学から、週末のロングトリップ、パートナーとのタンデム走行まで幅広いシチュエーションと路面状況に合わせて走行フィーリングを任意に選択できるライディングモードを搭載し、ファンライディングをサポートする。

ホンダ レブル1100 (2023年)の基本スペック

メーカー ホンダ エンジンタイプ SC83E・水冷 4ストローク OHC(ユニカム) 4バルブ 直列2気筒
モデル名 レブル1100 エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 87PS/7,000rpm
動力方式 - 最大トルク 10.0kgf・m/4,750rpm
型式 8BL-SC83 車体重量(乾燥重量) -
排気量 1082cc 車体重量(装備重量) 223kg
発売開始年 2023年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 - 全長・全高・全幅 2240mm × 1115mm × 850mm
燃料タンク容量 13.0リットル シート高 700mm
航続可能距離 - フロントタイヤサイズ 130/70B 18M/C 63H
燃料供給方式 インジェクション リアタイヤサイズ 180/65B 16M/C 81H

ホンダ レブル1100 (2023年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト --
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

ホンダ レブル1100 (2023年)の詳細サービスデータ

原動機型式 SC83E 水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒
ボア 92.0mm
ストローク 81.4mm
圧縮比 10.1:1
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー点火
エンジン潤滑方式 圧送飛沫併用式
フレーム形式 ダイヤモンド/バックボーンフレーム/ツインスパー
最小回転半径 2.9m
キャスター角度 28° 00′
トレール量 110.0mm
最低地上高 120mm
軸間距離 1520.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

適合パーツ

シリーズ一覧

PAGE TOP