物流業務の遅延に関するご案内【Webikeショッピング】

カワサキ  ZX-25R

  • 車種:ZX-25R 

ZX-25Rのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全44件
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    毎月の楽しみとしているβチタニウムボルトのマジョーラブルー化カスタマイズを施しました交換した所はクラッチホルダー取り付けボルトKITとマスターシリンダー取り付けボルトKITの2箇所ボルト4つです

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    またまたボルトナット交換純正、標準装着のボルトで良いのでは…そんな考え方もあるでしょうもっと違う物にお金をかけましょうと言うのはナンセンスラジコンで言うならタミヤのポップアップオプション一分の一スケールのホビーですから思い思いのカスタマイズを楽しみましょう色々な形があるんですわ(笑)βチタニウムボルト…チタンの1級品を使用した最上級のボルトに変更しました

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    ポジション1の46ミリバック52ミリアップからポジション3の58ミリバック52ミリアップへ変更ボルト穴を変えるだけの簡単作業でブレーキ側は完了

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    めんだけやきそば
    車種
    ZX-25R

    10mmスチールパイプをクネクネ曲げて・・・

    • いいね(5)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    めんだけやきそば
    車種
    ZX-25R

    Amazonで売っているシングルシートカウル。prime対象で緑と赤が2390円だったので、緑を購入。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【Ninja ZX-25R全国ミーティング】袖ヶ浦フォレストレースウェイにて10/9(日)開催!
    【Ninja ZX-25R全国ミーティング】袖ヶ浦フォレストレースウェイにて10/9(日)開催!

    2年ぶりとなるKawasaki ZX-25Rファンのためのミーティングを開催! 2020年9月、ZX-25R発売と同時に筑波サーキットで開催した「ZX-25R最速ミーティング」から早2年。MSTVは2021年、カワサキNinja Team Green CUPの応援とZX-25Rレースの開催を行ってきました。2022年、再び全国のZX-25Rファンに贈る「ZX-25R全国ミーティング」を開催。 現在ZX-25Rオーナーの方はもちろん、過去に乗っていた元オーナー、まだ乗っていないけどZX-25Rが好きな人、これから購入を考えているファンの方へ、オーナー同士交流を深めたり情報交換を行ったり、ツーリングやレース情報、サーキット走行、ZX-25Rミーティング2022のタオル販売、フォトコンテスト、集合写真などZX-25Rファンには嬉しいいイベントが盛りだくさん! また各ショップデモカー展示(TRICK STAR、PMC、BEET JAPAN、他)もあるのでTRICK STAR ZX-25R TURBO試乗ができる絶好のチャンス! ZX-25R TURBO試乗への抽選申込...

  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ZX-25R

     リアカメラ&ディスプレイを、ZX-25Rにもセットすると、4台に、何らかの形で、リアを確認出来るディスプレイが着くことになります。 で、朝から、ごそごそ、配線通したり、カメラ用のステーを加工したりでした。 設置が完了し、江ノ島からヤマユリラインを走って、写り具合の確認も行いました。 ディスプレイが、やたら暗かったのですが、カメラにシェードを着けることで、映像の明るさを適正にすることが出来ました。 

    • いいね(3)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    走攻守の守り部分を拡充したくエンジンスライダーとアクセルスライダーを取り付けです

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    調整機能が純正レバーに付いてますがU-KANAYAさんのビレットレバーのゴールド艶ありにしアジャスターダイヤルをKRTライムグリーンにマッチするグリーンにしましたブレーキ側

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    K-FACTORYさんのチェンジシャフトホルダーをウェビックさんで購入し取付けしましたシャフトのブレも無くなり根本の剛性アップでクイックシフターの性能アップになりました

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    HIDE
    車種
    ZX-25R

    他のアフター品はバーの上からボルト留めばかりで見た目が気に入らない。その中でアクティブ製品は視界にボルトが無くスッキリしていて垂れ角も純正よりある為、セレクトしました。取り付け後のポジションは、OVERのB/Sと純正スポーツシートの組合せでサーキットライクになりました。バーの中に振動対策用インナーウエイトを入れてバーエンド部分を加工してNINJA H2の純正バーエンドを付けてるのがポイント。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • ZX-25Rワンメイクレース「Ninja Team Green Cup in SUZUKA」エントリー受付開始
    ZX-25Rワンメイクレース「Ninja Team Green Cup in SUZUKA」エントリー受付開始

    カワサキから、2022年10月22日(土)に鈴鹿サーキットにて開催が予定されている「Ninja Team Green Cup in SUZUKA」の出場エントリー受付開始が発表された。9月2日(金)より鈴鹿サーキットWEBサイトから応募が可能だ。ZX-25Rのみによるワンメイクレースである「Ninja Team Green」の最終戦となる「in SUZUKA」、愛車でサーキットを全力走行する大きなチャンスだ。 「Ninja Team Green Cup」とは 「Ninja ZX-25R」だけで行われるワンメイクレース「Ninja Team Green Cup」をはじめ、レース未経験でもサーキットならではの解放感、疾走感あふれる走行を楽しみながら、モーターサイクルの魅力にとことんハマれるコンテンツが盛りだくさんのイベントが、「Ninja Team Green Cup」だ。 参加にはもちろん「ZX-25R」で出走することが前提となるが、その他にも指定のオフィシャルレーシングスーツの装備、レギュレーションに合わせたマシンの準備など、いくつかの必要な条件を満たす必要がある。...

  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    スナイパー製品のステムシャフトキャップ/ゴールドに交換しました取付けもいたって簡単で内装の内張り剥がしで黒プラのキャップを外しはめ込むだけで質感がグンとアップ

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ZX-25R

     バッテリーが上がっちゃったり、交換したい時にバッテリーへアプローチするのですが、バイクによってアプローチの仕方が様々です。 と言うことで、順番に、バイクのバッテリーへのアプローチを行っていきます。 ZX-25Rのバッテリーは、メインシートの下です。 写真の所まで来れば、後は簡単ですよね。

    • いいね(4)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    又吉
    車種
    ZX-25R

    冬に購入した足回り部品を装着し自称BEETのKRTバージョンのデモカーになりました何処を見てもBEETだらけ

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    HIDE
    車種
    ZX-25R

    BEETのリンクで車高上げて乗ってるとノーマルサス、バネ最弱でもギャップ通過時の突き上げが激しいのでオーリンズに交換。自由長で2ミリメートル程長く交換後はテールが4ミリメートル程上がります。走っての感想は同じギャップを通過しても車体までの突上げ感はしなやかで脳天まで来ていたショックが下半身で収まる感じになりました。暖かくなったらワインディング行くのが楽しみですね。

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ZX-25R

     写真は、185kmくらい走って来て自宅にて写した物です。 詰めたタワシは、吐き出されちゃいましたが、音質が変わって、うるさくないのです。 何時の時点で吐き出されたかは、不明ですが音色の変化など分かりませんでした。  確認の走りは、毎度毎度のマイ伊豆サーキット。と言うことで、県道740,80,18,127,17,国道1号線の順番で走って来ました。 ほぼ?問題無く走られたので、良かったのと、うるさいと思う瞬間も無かったのが最高に良かったです。 185km、7.74リットル、4時間半でした。

    • いいね(6)
    • コメント(6)
  • 【2022年8月】?250?バイク満足度ランキングTOP5
    【2022年8月】?250?バイク満足度ランキングTOP5

    これからバイクに乗ってみたいけど、いったいどれを選べばいいんだろう?どんなバイクがあるんだろう? そんな悩みを持っている人たちのためにWebike!に登録されたオーナーたちの評価やコメントを元に、ここ1年における満足度ランキングから上位5台を抽出。今回は250ccクラスのモデルを紹介します。 ※当ランキング記事は8月16日に制作したものになります 【満足度ランキングとは?】 車種ごとのMyバイク登録人数、ユーザーがつけた総合評価点数をもとにランキングを作成しています。ランキングは毎週金曜日に更新されます。 ?250?の「満足度ランキング」ページはコチラ   40cc編はコチラ https://news.webike.net/motorcycle/242070/ 1位:カワサキ ニンジャZX-25R 満足度トップはクラス唯一の4気筒エンジンを搭載したZX-25R。項目別に見ると、ルックスと走りが突出していることから分かるように、やはり1万7000rpmまで吹け上がる4気筒ならではの高回転パワーと、それに見合ったレーシーなフルカウルスタイルが...

  • 投稿日
    投稿者
    TOMTOM
    車種
    ZX-25R

     一晩しっかり寝ちゃうと、気力満々。 早朝から段取り開始、作業の開始は、8時です。 今日は、ドライブレコーダーを三脚にセットし、作業も記録しようと考えています。 で、作業自体は、休みを入れても、2時間でした。 昼食後に、走って来ました。 写真は、新品のガスケットをセットしたエンジンの排気口です。

    • いいね(2)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    弐号機
    車種
    ZX-25R

    Kawasaki ZX-25R ヨシムラ ヘプタフォースTSSレーシングサイクロン(チタン管)装着完了4月24日に予約受付が始まったと同時にオーダーして先週届き取り付けも完了しました。かなりオーダーが入っているらしく最初に出荷したのは数本と聞いています。そのうちの1本です。現状はウェビックも何回も入荷時期が変更になっており、Amazonなども入荷時期未定な状態なほど遅延しているようです生産はヨシムラジャパンで行っているので、海外制作よりは早いとは思われますがコロナ禍ですので納期遅れは仕方がないですね皆さんが気になっている公式はオイルフィルター交換不可と書いてありますが、このクリアランスならエキ...

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    天衣真冬
    車種
    ZX-25R

     新車購入時から様々なメーカーさんからマフラーが出ると予想していましたが、友人のZX-10Rで装着していたイカヅチマフラーに一目ぼれし、ずっと欲しかったマフラーを装着しました!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    への6号
    車種
    ZX-25R

    見た目が好きだったので、選びました。初回点検時に、お店で交換してもらいました。良い音です。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    蘭丸
    車種
    ZX-25R

    アクティブのフェンダーレス・ナンバー一体型のウィンカーに変更。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • まさに才色兼備、“SPEEDRA”で愛機の質感を格段に引き上げる! SPEEDRA 【Webike+ Vol.2】
    まさに才色兼備、“SPEEDRA”で愛機の質感を格段に引き上げる! SPEEDRA 【Webike+ Vol.2】

    文・写真-小松 男 カーボンとビレットパーツで機能と美をインサートせよ 『SPEEDRA(スピードラ)』は、ドライカーボンパーツやアルミビレットパーツを手掛ける日本発のブランドだ。徹底した管理体制の元で製造される製品は、質感の良さ、そして無加工で装着することができるほどの高い精度から、プレミアムスポーツモデルオーナーを中心に幅広い層に支持されてきた。 そもそもカーボンパーツは素材そのものの軽さや耐久性といった特徴から、レース界では古くから取り扱われてきたものだが、高い精度を保ちつつ量産体制を確保することや、製造コストの問題から、一部のスペシャルモデルを除き、市販量産車両ではほとんど採用されてきていない。 一般的なノーマルパーツでは樹脂パーツが用いられるのだが、やはり質感を追い求めるならば、リアルカーボンを奢りたいところである。そこでスピードラのパーツだ。スタイリングを引き締める上に軽量、さらには海外ブランドと比べ費用も抑えることができる。 ZX-25R用カーボン&ビレットパーツ 現在世界で唯一の4気筒クオータースポーツバ...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP