ヤマハ TMAX560

Myバイクに登録する

Myバイク登録をすると、新製品情報やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

2022年モデルの「TMAX」は、「Maximize the Moment」をコンセプトに開発。 新たな特徴は 1)軽量SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール) 新タイヤAccelerator Position Sensor Gripの採用などによる、スポーツ性のさらなる向上 2)走行性能に調和させた新ライディングポジション 3)当社初の電動タンクキャップなど、エルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備 4)スマートフォンとの接続で、ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTメーター 5)「TMAX」らしいスポーティさを受け継ぎながら一回りコンパクトになったオールニューのスタイリング など。 「TECH MAX」は、「TMAX560」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認性をサポートする光るハンドルスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性を高めた上級モデル。

排気量 561cc
エンジン形式 J420E
最高出力 48ps/7,500r/min
最大トルク 5.7kgf・m/5,250r/min
車両重量 -
タンク容量 15.0リットル
  • 車種:TMAX560 

TMAX560  バイクレビュー

オーナー満足度
3.99 (同カテゴリ平均:3.72) 評価投稿数: 47人
燃費
3.42
走り
4.67
ルックス
4.58
メンテナンス性
3.55
積載性
4.25
とりまわし
3.5
更新日
2022年10月01日
オーナー
工場長さん
バイク保有状態
今乗っているバイク
YAMAHA TMAX560 2022年式 (560cc)
自己評価
走り 0 積載性 0
ルックス 0 とりまわし 0
燃費 0 メンテナンス性 0
総合評価0

最新投稿写真

購入動機 4代目Tmaxに乗って8年、走行距離も5万キロを超えてだいぶヤレてきたので買い替えを検討していたところ、8代目が登場するとのことで国内モデル発表時に早速発注しました。
長所・満足している点 取り回しが軽くなったこと、ハンドリングがものすごくシャープ、ブレーキ及びサスペンションが秀逸、エンジンもパワフルになったこと、ライトが明るいこと等すべてにおいてブラッシュアップされています。
短所・不満な点 足つきが悪くなった。メットインスペースが小さくなった。左側のスイッチ類が多いため操作しずらいかな ハンドルロックだけ解除したいのにメインスイッチをONしなければならないところ
用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 今までのTmaxシリーズに乗っていた人はもちろん、スーパースポーツ乗りの人にもほぼ満足していただけるとおもいます。

TMAX560のパーツインプレッションランキング

    TMAX560の買取相場

    平均 ¥0
    最高 ¥0

    カスタムガイドアクセスランキング

      整備ガイドアクセスランキング

        Myバイク アクセスランキング

          売れ筋商品ランキング

            PAGE TOP