KTM  390 ADVENTURE

オーナー満足度
3.98 (同カテゴリ平均:3.79)  評価投稿数:38人
燃費
4.33
走り
4
ルックス
4.22
メンテナンス性
3
積載性
4.11
とりまわし
4.22
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

11台

全国平均:94.71万円(前月比万円)

最安:87.2万円, 最高:99.76万円
全国平均:13.03万円

価格帯:10.55~16.76万円

全国平均:81.68万円

価格帯:75.9~83万円

中古車

1台

全国平均:66.2万円(前月比万円)

最安:66.2万円, 最高:66.2万円
全国平均:6.4万円

価格帯:6.4万円

全国平均:59.8万円

価格帯:59.8万円

航続距離:----
クラス:-位 / 50台中
燃費:
クラス:-位 / 51台中
ツーリング:164
クラス:-位 / 184台中
  • 車種:390 ADVENTURE 

KTM 390 ADVENTURE (2022年)

評価が高く人気の790 ADVENTURE の特性とDNA、および20年近くに及ぶダカールラリーの成功からのフィードバックを活用。「アドベンチャー」の感覚を楽しみたいライダー向けの、軽快で敏捷な最良のエントリーモデルであり、ツーリングや軽いオフロード走行に対する多様性も提供する。 390 DUKE をベースとして開発された390 ADVENTURE は、卓越した走破性を誇る450 RALLY の根底に見受けられる感覚やパフォーマンスに近接しながらも、現在のユーロ排出基準に適合している。 2022年では新グラフィックが採用され、スポーティな外観により磨きがかかった。 また、リーンアングルセンサー付 ABS /トラクションコントロールなどクラスを超えた装備が魅力の390ADVENTUREだが、新たにトラクションコントロールに STREET モードとOFFROAD モードが追加さた。OFFROAD モードを選択すると、リアホイールのスリップ許容量が増加し、踏み固められていない路面や濡れた路面での走行をサポートする。 ホイールのデザインも一新されて剛性と耐久性を向上させている。

KTM 390 ADVENTURE (2022年)の基本スペック

メーカー KTM エンジンタイプ 水冷 4ストローク DOHC 単気筒
モデル名 390 ADVENTURE エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 44PS / 9,000rpm
動力方式 - 最大トルク -
型式 - 車体重量(乾燥重量) 約161 kg(燃料除く)kg
排気量 373cc 車体重量(装備重量) -
発売開始年 2022年 パワーウエイトレシオ 3.7kg/PS
燃料消費率 - 全長・全高・全幅 - × - × -
燃料タンク容量 14.5リットル シート高 855mm
航続可能距離 - フロントタイヤサイズ 100/90-19
燃料供給方式 インジェクション リアタイヤサイズ 130/80-17

KTM 390 ADVENTURE (2022年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト --
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

KTM 390 ADVENTURE (2022年)の詳細サービスデータ

原動機型式 水冷 4ストローク DOHC 単気筒
ボア -
ストローク -
圧縮比 -
点火方式 -
エンジン潤滑方式 -
フレーム形式 トラス/トレリスフレーム
最小回転半径 -
キャスター角度 -
トレール量 -
最低地上高 -
軸間距離 1430.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -
PAGE TOP