スズキ  KATANA

オーナー満足度
3.59 (同カテゴリ平均:3.68)  評価投稿数:211人
燃費
3.37
走り
4.7
ルックス
4.68
メンテナンス性
3.24
積載性
1.9
とりまわし
3.66
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

14台

全国平均:154.97万円(前月比3.23万円)

最安:138.6万円, 最高:161.67万円
全国平均:5.57万円

価格帯:-万円

全国平均:149.4万円

価格帯:138.6~155.4万円

中古車

1台

全国平均:155万円(前月比22.14万円)

最安:155万円, 最高:155万円
全国平均:4.8万円

価格帯:4.8~9.36万円

全国平均:150.2万円

価格帯:150.2万円

馬力:148PS / 10,000rpm
クラス:-位 / 267台中
重量:kg
クラス:-位 / 294台中
燃費:23.8km/L(60km/h) 2名乗車時
クラス:-位 / 82台中
  • 車種:KATANA 

スズキ KATANA (2019年)

日本市場に19年振りに復活した新生KATANA 初代GSX1100S カタナのデザインと同様に、燃料タンクから車体先端まで、研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらったデザインが採用されている。 角形のLEDヘッドランプや、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプにより、初代カタナに着想を得た特徴的な顔つきに仕上げられた。また、スズキ初となるターンシグナル付スイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、車体後部のシート下をすっきりとさせた外観になっている。 軽量アルミフレームの車体に「GSX‐R1000」の998cc直列4気筒エンジンをベースに改良して搭載、エンジン出力を効率良く路面に伝えることができるトラクションコントロールを装備するなど、昂揚感のある加速と快適なライディングを実現した。 また、ワンプッシュでエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステムや、スムーズな発進を補助するローRPMアシスト機能を採用するなど、市街地走行にも適した扱いやすさを実現。

スズキ KATANA (2019年)の基本スペック

メーカー スズキ エンジンタイプ T7199・水冷・4サイクル・直列4気筒 / DOHC・4バルブ
モデル名 KATANA エンジン始動方式 セルフ式
タイプ・グレード - 最高出力 148PS / 10,000rpm
動力方式 - 最大トルク 10.9kgf・m / 9,500rpm
型式 2BL-GT79B 車体重量(乾燥重量) -
排気量 998cc 車体重量(装備重量) 215kg
発売開始年 2019年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 23.8km/L(60km/h) 2名乗車時 全長・全高・全幅 2130mm × 1110mm × 835mm
燃料タンク容量 12.0リットル シート高 825mm
航続可能距離 285.6km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
燃料供給方式 インジェクション リアタイヤサイズ 190/50ZR17M/C(73W)

スズキ KATANA (2019年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: LED
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト -LED
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

スズキ KATANA (2019年)の詳細サービスデータ

原動機型式 T719
ボア 73.4mm
ストローク 59.0mm
圧縮比 12.2:1
点火方式 フルトランジスタ式
エンジン潤滑方式 圧送式
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 3.4m
キャスター角度 25
トレール量 10.0mm
最低地上高 140mm
軸間距離 1460.0mm
ハンドル切れ角度(右) 29.0度
ハンドル切れ角度(左) 29.0度
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

スズキ KATANAの関連ニュース、リコール・サービス情報

スズキ KATANAの試乗インプレッション・特集記事

適合パーツ

シリーズ一覧

原動機型式が近いバイク

PAGE TOP