スズキ  KATANA

  • 車種:KATANA 

KATANAのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全43件
  • 投稿日
    投稿者
    ちょび丸パパ
    車種
    KATANA

    オオーノスピードのロングテールカウルに交換したらフェンダレスがつかなくなっちゃって、仕方なく直径8mm×長さ5mmのカラーを追加して無理やり付けたので見た目もなんかねー・・・変っ!てゆーかチョットカッコわる~い状態に。そんなわけで、今回もうちょっとフェンダレスをカッコよくしよー計画始まり始まり?。まず、取り付け位置としては既定の位置じゃーどうにもできないので、ロングテールカウル自体に取付位置を変更したいと思いますので先ずはリアの外装を全バラ&取付予定のパーツにマスキングテープで位置決めして穴あけ作業(二枚目の写真)。そして、そこにフェンダレスを取り付けたのが(三枚目の写真)。ちなみに、補強の為...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    黒刀のジョージ
    車種
    KATANA

    https://youtu.be/ruunBpuZx28こちらをクリック

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ISA
    車種
    KATANA

    YOSHIMURA の、ラジエターコアプロテクターを、取り付けました。 下側のボルト一本の取り外し、取り付けで簡単に作業完了でした。

    • いいね(4)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ISA
    車種
    KATANA

    艶ありの、真っ黒な、リアフェンダーが、ちょっと気になっていたので、A-TECH製、カーボン仕様のカウルに、交換、カーボン調プロテクションステッカーも、貼り付けました。

    • いいね(4)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ISA
    車種
    KATANA

    YOSHIMURA ウインドアーマーを、取り付けしました。  風の当たり具合が少し軽減されたように感じます。

    • いいね(5)
    • コメント(0)
  • KATANAに乗るということは相応の覚悟が必要だけど……魅力に溢れている!【今週の愛車ピックアップ】
    KATANAに乗るということは相応の覚悟が必要だけど……魅力に溢れている!【今週の愛車ピックアップ】

    KATANA(998cc) オーナー:yossyさん ウェビックコミュニティに投稿されているMYバイクを毎週1台紹介するこのコーナー。今回紹介するモデルはスズキ「KATANA」、オーナーはyossyさんです。 2019年に登場したKATANAは、言うまでもなく往年のGSX1100Sをモチーフとして登場した新世代のカタナ。特徴的なスタイリングはトラディショナルなカタナのデザインをベースにしつつ、全く同じ箇所というのはなく、見事に現代的モディファイを果たしています。そんなKATANAの復活を大阪モーターショーで目撃したyossyさんは「自分にとって衝撃的」なインパクトを受け、これまで乗っていたアメリカンバイクからの乗り換えを果たしました。 https://news.webike.net/motorcycle/219701/ https://news.webike.net/bikenews/255169/ 新型KATANAの各種装備は最新水準。電子スロットル、トラクションコントロール、クイックシフト、低回転アシストなどの電子制御システム「S.I.R.S.」により...

  • 投稿日
    投稿者
    ISA
    車種
    KATANA

    オプションのシートに、交換しました。

    • いいね(4)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    黒刀のジョージ
    車種
    KATANA

    https://youtu.be/Ril7HK74DoAこちらをクリック

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    38G
    車種
    KATANA

    カタナ購入からハンドルとステップの位置が自分には合わずず~っと悩んでいたけどなんかいい感じかも

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ちょび丸パパ
    車種
    KATANA

    以前からウインカーをシーケンシャルタイプのウインカーに変えたいと思っていたんだけど、如何せんKATANA君はウインカーリレー交換ができない子なので5.1Wタイプのウインカーに交換するか、間に5.1Wに変換するレジスターを各ウインカーの間にかまさなきゃいけないのでどうするか迷っていたんだけど、今回はお手軽に交換できるキジマさんのシーケンシャルウインカーTRタイプに決めました。決めてはノーマルウインカーに似ている形状とウインカーカバー・変換コネクターがセットになっている事と、ウインカーケーブルがノーマルウインカーと同じ長めに作られているのでケーブル延長作業がいらない事かな。そ・れ・と!試しに安い中...

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    サグ出ししてリバウンド調整してみましたが、舗装路面の悪い凸凹が連続してあるような所でのリアサス突き上げが上手くセッティング出来ず、突き上げで腰も痛くなりサスをビチューボリアサスペンションS0097XXF31に交換しました。プリロードも油圧式で簡単に調整可能です。実際走行してみると、今まで突き上げを食らっていた所での突き上げが無くなり、路面に吸い付く感じで安心です。ノーマルサスとは比べようもない最高の乗り心地になりました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【ウエストパワーKATANA(スズキKATANA)】KATANAならではの魅力を追求したコンプリート車【ザ・グッドルッキンバイク】
    【ウエストパワーKATANA(スズキKATANA)】KATANAならではの魅力を追求したコンプリート車【ザ・グッドルッキンバイク】

    セパハンを軸に多彩なKATANAパーツを開発 マフラーメーカーのフィッシュボーンを母体とする大阪のウエストパワーは、現代のスズキ車を得意とするショップ。ST600やST1000などのレースにも強く、そのノウハウを生かしたオリジナルパーツも展開している。このスズキKATANAは、そんなウエストパワーによるコンプリートカスタム・デモ車だ。 「従来の当社オリジナルパーツは単体での販売が前提でした。ですがGSX-R125とGSX-S125でトータルコーディネイトを意識して、コンプリートマシンの販売も始めたんです。コンプリートは部品を単体で購入するより割安になっています。それでKATANAでも同様にコンプリートを用意しました。オーリンズのステアリングダンパーを装備する「A」が198万円+税、同なしの「B」が192万5000円+税で、取り付け工賃を含めて考えると、15万円ほどお得な設定です」と、同店代表の西村さん。 そこでこの車両だが、西村さんによれば「開発ベースのGSX-S1000とも、その大元となるGSX-R1000とも異なる、新世代KATANAならではの魅力を...

  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    ヨシムラ製のフェンダーレスを付けていますが、リアタイヤから砂や水がタンデムシートや背中への跳ね上げが気になり対策を考えておりました。キジマさんのフェンダーレスに付いているリフレクターステーマッドガード 145mmロングが単独で販売されていたので取付けてみました。ナンバー下のリフレクターに取付けるタイプなのでヨシムラ製でも無加工で取付出来ました。まだ雨降りは走っておりませんが、砂の跳ね上げは無くなりました。効果ありです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    クラッチの重さが何とかならないかと思いネットで検索していたら、GSX-S1000にGSX-R600のクラッチレリーズを装着すると軽くなるとの書き込みを見つけカタナに装着してみました。カタナに付いているクラッチレリーズよりワイヤー取付箇所までが長くて、実際軽くなり効果的です。純正品番 23271-41G21です。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    38G
    車種
    KATANA

    マフラーをヨシムラのバナナ管を車両購入と同時に装着していたのですが、結構使っている方が多いので個性を出すために考えて出した答えが古いヨシムラサイクロン加工が大変でしたが、なんとか使えるようになりました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ちょび丸パパ
    車種
    KATANA

    前々からずっとほしかったオオノスピードGTテールカウル我慢できず買ってしまいました。まあーノーマルのオケツも悪かーないけどちょっとなんかねー・・・”(-””-)”。と言う事でやっぱりバイクはカッコイイ方が良いよね!!買っちゃったよ!!!。今回買ったこの商品、出来、とっても良いです。値段がお高いんだから当たり前だろうって言われればそれまでなんだけど、大体この手のFRP、カーボン製品て必ずと言ってフィッティングが必要になるんだけど、このカウルはノーマルフェンダーに付ける場合は本当に無加工でついちゃいました。ただ、フェンダレスに変更している人や、小物入れを広く使いたい人はチョート加工が必要になります...

    • いいね(3)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    セパハンとの組合せでほど良いポジションになりました。ステップは滑らない足裏にガッチリ食いつく感じです。ステップ位置の調整も有り、一番後ろの中間位置で乗ってみましたが、個人的には一番後ろの上部位置が良いかも。それほどポジションがきつくなる訳ではないので長時間乗ってても疲れませんでした。ブレーキとシフトのゴム部分は必ずネジロックしましょう。仮組で走ってみたら緩みましたので。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【アクティブKATANA(スズキKATANA)】ボルトオンパーツを洗練してより切れ味を増す【ザ・グッドルッキンバイク】
    【アクティブKATANA(スズキKATANA)】ボルトオンパーツを洗練してより切れ味を増す【ザ・グッドルッキンバイク】

    個々だけでなく全体の調和も考えたパーツ群 “切れ味鋭い走りとアピアランス(外観)をまとったストリートファイター”と銘打った、スズキKATANA。ここで紹介の車両はアクティブが自社製、および取り扱い各社のパーツを使って仕立て上げたデモ車で、車両コンセプトは「往年のカタナスタイルをオマージュしつつも、新しさも備えた令和の刀」とのこと。 全体を見ていくと、ノーマルで145psというハイパワーなKATANA。その運動性能を、ゲイルスピード=JSBやMoto2等のレースシーンで採用されるブレーキパーツや鍛造ホイール技術によってリファイン。アクラポヴィッチ・スリップオンマフラーやフットコントロールキット(ステップ)、他機種用含めて人気の樹脂+アルミのカバースライダーといったボルトオンパーツ群も多用してまとめた印象。外観はベース色を質感あるメタリックグレーとした上で、ゲイルスピードブランドのイメージカラーとなるレッド&グリーンを配する。この状態で2020年3月末に開催予定だった東京モーターサイクルショーへ出展される予定だった。 ところで2019年のKATANA発売直後...

  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    未塗装の3点セットを購入しました。注文から3か月ほどで届きました。タンクとカウルは塗装前に一度取付してネジ穴等の合わせを行いましたが、合わせるのがかなり大変でした。タンクはそれなりにネジ穴の位置をやすりで削って取付出来ます。フロントカウルがメーターパネルと干渉して、メーターパネルを削りながらタンクのネジ位置と合わせていくのに凄く時間がかかった。これ、バイク屋さんに取付頼んでたら工賃いくらかかるのか・・・とりあえず仮組終わって取外し塗装に出しました。ハンドルに関しては、取付は簡単に出来ます。やっぱりアップハンドルよりはこっちの方がしっくりきます。フルロック状態でも干渉することなくUターン出来ます...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    取付までは、外装を取外し、燃料タンクを取外し、ECUを取外し、エアクリーナーボックスを取り外します。もし、プラグを取り換える時もここまでの作業をしないとシリンダーヘッドが出てきません。エアクリーナーボックスを取り外したらファンネルの土台を固定するための穴あけ加工と、内側のファンネルに干渉するリブを削り取ります。ファンネル土台をネジ止めしファンネルを取付て完成です。エアクリーナーの下部に遮へい板のようなのが入っていて吸気面積が絞られていたので外しちゃいました。エアクリーナーを取付、ボックス上部を取付完了です。マフラー交換のついでに取り付けました。見えないところでカッコイイ。ガバっとスロットルを開...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    慣らしも終わり、オイルとオイルエレメント交換やるついでにマフラー交換しました。ノーマルマフラー、エキパイは結構簡単に外れます。外す前にラジエターを外したほうが作業がやり易いです。それと排気デバイスのコントローラーを取り外して細工をしなきゃならないため、リヤショックの取り外しをしなきゃならないため作業は大変です。リヤショックを取り外すためバックステップを先に取付、固定式ステップ用のリアスタンドを使用し、タイヤと地面の間に木などを入れタイヤを固定したほうがショックを外しやすいと思います。排気デバイスのコントローラーに細工をする際に失敗すればエンジン警告灯が点灯しちゃいますので注意してください。マフ...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    はる
    車種
    KATANA

    GSX-S1000純正アンダーカウルを取付けました。カタナのステー類は合わないので、GSX-S1000のパーツリストからカウル、取付ステー、ボルト類を拾い注文。お値段、2万6千円ちょいで部品が買えます。ノーマルよりは良い感じになりました。

    • いいね(1)
    • コメント(3)
  • 投稿日
    投稿者
    ちょび丸パパ
    車種
    KATANA

    あまりにも重いKATANAのクラッチを何とかしようと思い、勇気を出して買ってしまいましたライトクラッチレバーセット!!。取付は、わかりやすいカラーの取説付きで、簡単に交換できました。使用した感じは、交換前の重さが嘘のように軽くなってこれで安心してロングツーリング等で長時間操作しても手が攣りそうになることはなさそうです。(体感的に250ccのバイクのクラッチレバー位の重さです。)但し、ミラーホルダーがついてないのでそこだけが残念。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【新製品】アクティブ新製品情報!GSX-S1000アクラポヴィッチマフラーなど注目パーツ登場
    【新製品】アクティブ新製品情報!GSX-S1000アクラポヴィッチマフラーなど注目パーツ登場

    アクティブから新製品情報が発表された。魅力的なカスタムパーツが多数登場しているが、今回は中でも注目の3品を紹介する! 政府認証 スリップオンラインマフラー(CBR400R_22/GSX-S1000_21-22/GT_22/KATANA_22) アクラポヴィッチのスリップオンマフラーに、ホンダ・CBR400R(22)、スズキ・GSX-S1000(21-22)、GSX-S1000GT(22)、KATANA(22)に適合するモデルが新発売。政府認証(JMCA)済で公道での走行も安心して可能だ。サーキット直系のパフォーマンスとクオリティをストリートでも味わおう! CBR400R_22 本体価格:\89,000(税込\97,900) 品番:S-H5SO4-HRC/1JPA Webikeで政府認証 スリップオンラインマフラー(CBR400R)をチェック! GSX-S1000_21-22/GT_22/KATANA_22 本体価格:\118,000(税込\129,800) 品番:S-S10SO17-HAPTJPA Webikeで政府...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP