ホンダ  CB650R

  • 車種:CB650R 

CB650Rのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全20件
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    今日、ホンダドリームにてCB650Rのクイックシフターを取付けて貰いました。このタイプはアップ側のみ動作します。作業開始から待つ事1時間。試運転して貰って引渡し。自分のバイクが走ってるところを見た事が無いので、何だか新鮮でした!1500回転以上だったら、シフトアップの振動も無く綺麗に入ります。クラッチを握る回数が減れば、これからのツーリングが楽になりそう。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    中華製のコアガードを付けてましたが、冷却効果が?で日本製のエッチングファクトリー製に交換しました。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    CB650Rで気になる事が(^◇^;)それはハンドルへの振動が有り、長時間乗ってると手が痺れてきます。少し前傾姿勢も影響有ると思いますが?今回、バーエンドをヘビーウェートに交換しました。効果を確認出来るように一番重いポッシュのウルトラヘビーウェートを選択。片方で342g。まだ走行確認していないので効果は??近々確認予定。

    • いいね(1)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    サイドバッグを取付たら、リヤフェンダー付近の隙間が気になる!安全性も兼ねて反射テープをフェンダーに貼ってみました。とりあえず貼ってみたので、綺麗に貼り直す予定。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    CB650Rのサイドパネルカバーは、タンクカラーが変わってもカバーはシルバー色だけなので、どのタンクカラーにも浮いてしまう存在。タンクと同色のカバーもアフターパーツとして販売されていますが、違った方法で!

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【2022秋冬アパレル】ネオクラシックバイクに似合う冬ジャケット15選!
    【2022秋冬アパレル】ネオクラシックバイクに似合う冬ジャケット15選!

    KAWASAKI Z900RSを筆頭に、その勢いがとどまるところを知らないバイクジャンル「ネオクラシック(ネオレトロ)」。 往年のネイキッドスタイルから、セパレートハンドルのカフェレーサースタイルまで、その"渋くも美しい"シルエットで現在も多くのバイクユーザーを魅了し続けています。 そのブームに乗り、バイクアパレルにも変化が訪れています。あえて古めかしいデザインを採用したものから、現代の最新デザインを取り入れたスマートなものまで、ネオクラシックバイクにマッチするアイテムが続々とラインナップされてきているのです。 今回はそんなネオクラシックやカフェレーサースタイルに合うバイクジャケットをご紹介していきたいと思います。 ネオクラシックにマッチするジャケットってなんだ? そもそもネオクラシックにマッチするジャケットとは…結論から言うと、正解はありません。 『ネオクラシック=古めかしい・昔っぽいデザイン』なので、基本的にクラシックスタイルのバイクに合うジャケットなら、個人的に何を着ても良いと思います。 ですが、どうせ着るなら「安全性」や「機能面」など、バイク...

  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    ヘプコ&ベッカーのエンジンガードパイプにスライダーを取付ました。スライダーは傷が付けば交換と思ってるので、ノーブランドの安いのを選択。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    CB650Rのラジエーターコアガードを取付ました。安い中華製なので、商品は期待してません。製品自体はアルミ製でCBのロゴが入ってます。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    最近のバイクは、車体後方に絞られたスタイルとなっている為、振り分けタイプのサイドバッグを取付ける際バッグ後端がタイヤ側に向いてしまう。今回、キジマから発売されているバッグサポートを取付けてみました。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    デイトナのブラストバリアーXを取付てみました!走行時の風圧が強いので、少しでも軽減出来たらと思い購入。スクリーンは大きい方が効果あるのですが、見た目が?小さいと飾りになってしまい効果無い。車種別の専用ステーが有るので、取付は簡単!ヘッドライト取付ボルトをはずして、ステーを挟み込む。

    • いいね(2)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    heijyo7
    車種
    CB650R

    CB650Rは、タンク下にグリップヒーター用の電源コネクター?として予備であるので、これを分岐してナビ用電源とします。まず、シートを外す→サイドカバーを外す→キースイッチ廻りのカバーを外す→前側タンク取付ボルトを外すとタンクが上がる。これで作業が楽に出来るようになります。

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 【詳報】2023年新型CBR650R国内仕様は初のホワイトが登場!? CB650Rともに全身ブラック仕様も設定か【ミラノショー2022】
    【詳報】2023年新型CBR650R国内仕様は初のホワイトが登場!? CB650Rともに全身ブラック仕様も設定か【ミラノショー2022】

    10月25日に欧州で2023年型CBR650R/CB650Rが発表されたばかりだが、早速日本国内での発売も予想したい。日本仕様は令和2年排出ガス規制に対応し、欧州と異なるカラーリングで発売されそうだ。 CBR650R国内仕様は赤、黒、白の3色設定になり、CB650Rには全身ブラックが登場!? 欧州仕様の2023年新型CBR650R/CB650Rは、CBRが赤と黒の2色、CBは赤、灰、青、黒の4色が設定されており、CBを中心としたラインナップになっている。一方、日本国内はCBRが赤、黒の2色から白を加えた3色に増加、CBは赤が廃止されて黒と青の2色に減ることになりそうだ。 国内仕様のトピックは、2023年新型CBR650Rに初のパールグレアホワイトの設定が予想されること。さらにマットブラックはエンジン、フロントフォークなどを含めてほぼ全身ブラックになるだろう。 そして、2023年新型CB650Rは、継続色のマットブラックがリアサススプリングなど細部まで徹底した全身ブラックになるだろう。これはCB1000Rブラックエディションと同じカラーリングとも...

  • 投稿日
    投稿者
    いさっち
    車種
    CB650R

    ヒーテック用ハーネス取り付け完了

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    ドライブレコーダーを取りつけました。本体はリアシート下に格納。配線の取り廻しに一苦労。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    水なしでも綺麗に貼れました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    ラジエーターへの飛び石、虫等の防護策。取付けには、若干の加工が必要でした。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    純正のヘルメットホルダーがいまいちの使いづらいので取付け。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【速報】2023年新型CB650R/CBR650Rが欧州で発表! 日本では2月に発売!?【ミラノショー2022】
    【速報】2023年新型CB650R/CBR650Rが欧州で発表! 日本では2月に発売!?【ミラノショー2022】

    10月26日、ホンダが欧州で2023年新型CB650RとCBR650Rを発表した。欧州仕様は2021年型でユーロ5に対応しているので今回はカラーチェンジのみ。日本では、令和2年排出ガス規制に対応し12月に発売されるという情報だ。 新型CB650Rは、全身ブラック仕様がカッコいい! 欧州で発表されたCB650Rは、マットディムグレーメタリックが新色に登場。マットガンパウダーブラック、 メタリックキャンディークロモスフィアレッド、マットジーンズブルーメタリックは前年を踏襲したカラーとなる。レッドとブルーは、シュラウドのカラーが濃いグレーに変更され、ブラックはフロントフォークやエンジンまで完全なブラック仕上げとなった。 新型CBR650Rは、グランプリレッドとマットガンパウダーブラックメタリックの2色で、2022年型と同じカラーバリエーションを踏襲。カラーリングもほぼ同一だが、エンジン外観がブラックに統一されているのが特徴。また、マットブラックは差し色がオレンジ→水色に変更されている。 日本にどのカラーが導入されるか、またはオリジナルカラーになるかは...

  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    ボディアースを取るのに苦労しました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    ETC本体が固定出来ないので、ケースにて保護。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    納車時に取付け。補助金申請ぎりぎり間に合った。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    納車時に取付け。気持ちよくアップ出来ます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tomo
    車種
    CB650R

    納車時に取付け。CBの文字が、さりげなく主張しています。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【2022年9月】大型バイク(?750?)満足度ランキングTOP5
    【2022年9月】大型バイク(?750?)満足度ランキングTOP5

    これからバイクに乗ってみたいけど、いったいどれを選べばいいんだろう? どんなバイクがあるんだろう? そんな悩みを持っている人たちのためにWebikeに登録されたオーナーたちの評価やコメントを元に、ここ1年における満足度ランキングから上位5台を抽出。今回は401?750ccクラスの大型モデルを紹介します。 ※当ランキング記事は10月3日に制作したものになります 【満足度ランキングとは?】 車種ごとのMyバイク登録人数、ユーザーがつけた総合評価点数をもとにランキングを作成しています。ランキングは毎週金曜日に更新されます。 大型バイク(?750?)の「満足度ランキング」ページはコチラ https://news.webike.net/motorcycle/246167/ https://news.webike.net/motorcycle/242070/ 1位 カワサキ・ZX-6R ?750ccクラスで満足度1位には、カワサキのZX-6Rが輝ききました。600スーパースポーツモデルは、そのスタイルに憧れるけれどリッタークラスではパワーや車格を持て余...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP