夏季休業のご案内〈出荷は休まず営業中〉【Webikeショッピング】

ホンダ  モンキー125

オーナー満足度
3.98 (同カテゴリ平均:3.75)  評価投稿数:642人
燃費
4.78
走り
3.62
ルックス
4.61
メンテナンス性
4.12
積載性
1.97
とりまわし
4.79
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

国内
(新車)

91台

全国平均:45.83万円(前月比万円)

最安:40.42万円, 最高:48.12万円
全国平均:2.22万円

価格帯:-万円

全国平均:43.52万円

価格帯:38.72~44万円

中古車

27台

全国平均:55.02万円(前月比万円)

最安:41.26万円, 最高:93.15万円
全国平均:3.32万円

価格帯:1.59~4.68万円

全国平均:49.93万円

価格帯:37.8~89.8万円

逆車
(新車)

1台

全国平均:53.24万円(前月比万円)

最安:53.24万円, 最高:53.24万円
全国平均:-万円

価格帯:-万円

全国平均:53.24万円

価格帯:53.24万円

馬力:9.4PS / 7,000rpm
クラス:-位 / 134台中
重量:kg
クラス:-位 / 136台中
カスタム:103
クラス:-位 / 143台中
  • 車種:モンキー125 

ホンダ モンキー125 (2022年)

【モンキー125】 5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載、ロングストローク化を図り圧縮比を高めるなど、力強い走りを実現しながら最新の排出ガス規制に適合した。また、前モデルの4速トランスミッションから5速トランスミッションに変更するなど、市街地走行からショートツーリングまでさまざまなシチュエーションで、レジャーバイクとしての操る楽しさを追求。足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与する1チャンネルABSを標準装備した。 カラーバリエーションは、情熱的で鮮やかな「パールネビュラレッド」と、爽やかな印象の「パールグリッターリングブルー」、精悍で落ち着いた印象の「パールシャイニングブラック」の全3色とし、それぞれ遊び心を感じさせるツートーンカラーを採用した。 また、快適性をより高める別売りの純正アクセサリーには、「グリップヒーター」が新たに設定された。

ホンダ モンキー125 (2022年)の基本スペック

メーカー ホンダ エンジンタイプ JB03E、空冷、4ストローク、OHC、単気筒
モデル名 モンキー125 エンジン始動方式 セルフ式
タイプ・グレード - 最高出力 9.4ps@6,750rpm
動力方式 - 最大トルク 1.1kgf・m /5,550rpm
型式 8BJ-JB03 車体重量(乾燥重量) -
排気量 124cc 車体重量(装備重量) 104kg
発売開始年 2022年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 70.5(60)〈1名乗車時〉 全長・全高・全幅 1710mm × 1030mm × 755mm
燃料タンク容量 5.6リットル シート高 776mm
航続可能距離 394.8km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/80-12 65J
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉 リアタイヤサイズ 130/80-12 69J

ホンダ モンキー125 (2022年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト --
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

ホンダ モンキー125 (2022年)の詳細サービスデータ

原動機型式 JB03E
ボア 50.0mm
ストローク 63.1mm
圧縮比 9.3:1
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー点火
エンジン潤滑方式 圧送飛沫併用式
フレーム形式 バックボーン
最小回転半径 1.9m
キャスター角度 25°00
トレール量 82.0mm
最低地上高 175mm
軸間距離 1145.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 1人
燃料タンクリザーブ容量 -

適合パーツ

シリーズ一覧

PAGE TOP