ホンダ  CB125R

  • 車種:CB125R 

CB125Rのカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~11件 / 全11件
  • 投稿日
    投稿者
    KZHR09
    車種
    CB125R

    洗車後や雨の後にメーターが曇る症状が出始め最終的にはメーターが真っ暗になり何故かニュートラルランプだけが点灯する状態になったので交換しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    しっかりペーパーで慣らして無い所が映り込み歪む

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    納得出来ない所が多々有。混入ブツが凄い。簡易ブース掃除しないとダメだやり直しせず気にしない方向で行きます。 見たく無い所は画像載せない主義

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    昨日のヤラカシを修正してから色付けします。虎年だし、使う色は、MCペインターのプラズマイエロー…その色でホントに大丈夫か!?恥ずかしくない?と、自問自答しながら準備を進めます。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    PCX125 e:HEVパーツ取り付けの返礼品として貰った。ありがとね!取り付けに関しては難なく付いた。が、ガイラシールドの様に寝かせたくて、下のウェルナットの厚み変えた。+ラバーブッシュも追加した。角度比較の画像撮れば良かったなぁ

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【2022秋冬アパレル】ネオクラシックバイクに似合う冬ジャケット15選!
    【2022秋冬アパレル】ネオクラシックバイクに似合う冬ジャケット15選!

    KAWASAKI Z900RSを筆頭に、その勢いがとどまるところを知らないバイクジャンル「ネオクラシック(ネオレトロ)」。 往年のネイキッドスタイルから、セパレートハンドルのカフェレーサースタイルまで、その"渋くも美しい"シルエットで現在も多くのバイクユーザーを魅了し続けています。 そのブームに乗り、バイクアパレルにも変化が訪れています。あえて古めかしいデザインを採用したものから、現代の最新デザインを取り入れたスマートなものまで、ネオクラシックバイクにマッチするアイテムが続々とラインナップされてきているのです。 今回はそんなネオクラシックやカフェレーサースタイルに合うバイクジャケットをご紹介していきたいと思います。 ネオクラシックにマッチするジャケットってなんだ? そもそもネオクラシックにマッチするジャケットとは…結論から言うと、正解はありません。 『ネオクラシック=古めかしい・昔っぽいデザイン』なので、基本的にクラシックスタイルのバイクに合うジャケットなら、個人的に何を着ても良いと思います。 ですが、どうせ着るなら「安全性」や「機能面」など、バイク...

  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    ピリオンシート、ライダーシート外して、白いカプラーの配線を引き抜く準備。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    soar
    車種
    CB125R

    だいぶ前ですが、取り付けました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    HARUEVO
    車種
    CB125R

    CB150R ヨシムラGPマグナムサイクロン 流用加工して取り付けて見ました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    HARUEVO
    車種
    CB125R

    CB150R スキッドプレートを取り付けてみた。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tontonren
    車種
    CB125R

    マフラーサイレンサー外し、エキパイ側より22φホールソーにて穴開け実施。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 2023年新型CB125Rが欧州で発表! ブラックバージョンの国内発売に期待!【ミラノショー2022】
    2023年新型CB125Rが欧州で発表! ブラックバージョンの国内発売に期待!【ミラノショー2022】

    11月2日、ホンダが欧州で新型CB125Rを発表。2021年型でDOHC4バルブエンジン採用でパワーアップしたベースはそのままにカラーリングを変更。先行して発表されたCB650Rと同じ全身ブラックの新色に注目! 2023年は国内のCB1000Rブラックエディションも継続見込み ホンダは10月26日に2023年型CB650Rを欧州で発表し、グレーの新色と黒、青、赤の継続色が公開された。その中でもマットブラックは、従来カラーを引き継ぎつつエンジンやフロントフォークアウター、リアサススプリングまで完全なブラック仕様に変更。さながら「ブラックエディション」と言えるカラーになった。 これと同様に2023年型CB125Rもマットブラックが全身ブラックに変更され、2023年も欧州で継続販売となったCB1000Rブラックエディションに準じたカラーになった。CB650Rはマフラーが、CB125Rはステップやマフラーエンドが着色されていないことから「エディション」にはなっていないと思われるが、イメージは共通だ。 日本の2023年型はCB1000Rブラックエディショ...

  • 投稿日
    投稿者
    tontonren
    車種
    CB125R

    ビームスR-EVOフルエキゾーストマフラーへ交換実施。思ったより静かで不満。

    • いいね(1)
    • コメント(0)

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP