メニュー一覧

ホンダ  CB125R

  • 車種:CB125R 

1~12件 / 全12件
  • 投稿日
    投稿者
    yaz
    車種
    CB125R

    GPR300(OE)→S22(13000km時)→PILOT POWER 2CT(30000km時)。日本で一番走行距離の嵩んだJC91かな??

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    KZHR09
    車種
    CB125R

    洗車後や雨の後にメーターが曇る症状が出始め最終的にはメーターが真っ暗になり何故かニュートラルランプだけが点灯する状態になったので交換しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    しっかりペーパーで慣らして無い所が映り込み歪む

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    納得出来ない所が多々有。混入ブツが凄い。簡易ブース掃除しないとダメだやり直しせず気にしない方向で行きます。 見たく無い所は画像載せない主義

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    昨日のヤラカシを修正してから色付けします。虎年だし、使う色は、MCペインターのプラズマイエロー…その色でホントに大丈夫か!?恥ずかしくない?と、自問自答しながら準備を進めます。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 【新車】モダンカフェレーサーにTFT液晶メーターと新色追加!新型「CB125R」52万8000円で4/25(木)発売
    【新車】モダンカフェレーサーにTFT液晶メーターと新色追加!新型「CB125R」52万8000円で4/25(木)発売

    ホンダはネイキッドスポーツ「CB125R」に、装備と仕様を変更した2024年モデルを発売する。従来からの大きな変更点は、新たにメーターがフルカラーTFT液晶メーターとなったことだ。さらに新色のブラックとブルーがラインナップされ、イメージも刷新された。 大排気量モデル同様のスタイル&装備で人気のモダンカフェレーサー CB125Rは2018年発売。124ccの水冷単気筒OHCエンジンを搭載しつつ、上位「CB」シリーズと共通のカフェレーサースタイルを持つネイキッドモデルだ。大径の倒立フォークや屈曲スイングアーム、フルLED灯火類などを備え、原付二種クラスとは思えない仕様で人気を博している。 さらに2021年にはエンジンがDOHCとなり、出力も11kW(15PS)/10,000rpmにパワーアップ。フロントフォークにはSHOWA製のビッグピストンタイプが採用されるなど、125ccクラスのMT機の中でも、トップクラスの走行性能と上級装備を備えるモデルとなった。 CB125R発売6年目となる125ccネイキッドスポーツ。ミニクラスながら、上位シリーズと遜色ない装備とスタ...

  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    PCX125 e:HEVパーツ取り付けの返礼品として貰った。ありがとね!取り付けに関しては難なく付いた。が、ガイラシールドの様に寝かせたくて、下のウェルナットの厚み変えた。+ラバーブッシュも追加した。角度比較の画像撮れば良かったなぁ

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ぱっぱら
    車種
    CB125R

    ピリオンシート、ライダーシート外して、白いカプラーの配線を引き抜く準備。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    soar
    車種
    CB125R

    だいぶ前ですが、取り付けました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    HARUEVO
    車種
    CB125R

    CB150R ヨシムラGPマグナムサイクロン 流用加工して取り付けて見ました。

    • いいね(1)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    HARUEVO
    車種
    CB125R

    CB150R スキッドプレートを取り付けてみた。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【大阪MCショー速報】新型CB125RはフルカラーTFTモニタ採用!?価格はライバル・XSR同様の50万円台に抑えて4月発売か【モーターサイクルショー2024】
    【大阪MCショー速報】新型CB125RはフルカラーTFTモニタ採用!?価格はライバル・XSR同様の50万円台に抑えて4月発売か【モーターサイクルショー2024】

    ホンダの125ccネイキッド「CB125R」に新型が登場する模様。大阪モーターサイクルショー会場に、5インチTFT液晶メーターや新色のブラックを採用するモデルが登場したのだ。125カテゴリーには昨年ヤマハから一挙に3モデルが発売され注目を集めたが、これに対してホンダはCB125Rを強化して投入することになる! この新型CB125Rには、ブラックに加えブルーもラインナップされ、2024年4月発売となる模様。価格は52万8000円となるみこみだ。 5インチフルカラーTFT液晶メーター、セレクトスイッチを新採用!? 2018年発売のCB125Rは、原付二種にあたる124ccの水冷単気筒OHCエンジンを搭載しつつ、上位「CB」シリーズと共通のカフェレーサースタイルを持つネイキッドモデルだ。その装備には大径の倒立フォークや屈曲スイングアーム、フルLED灯火類などを備え、大排気量の兄弟機と見劣りしないもの。さらに2021年にはエンジンがDOHCとなり、出力も11kW(15PS)/10,000rpmにパワーアップ。フロントフォークにはSHOWA製のビッグピストンタイプが採用される...

  • 投稿日
    投稿者
    tontonren
    車種
    CB125R

    マフラーサイレンサー外し、エキパイ側より22φホールソーにて穴開け実施。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    tontonren
    車種
    CB125R

    ビームスR-EVOフルエキゾーストマフラーへ交換実施。思ったより静かで不満。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
PAGE TOP