【お詫び】ウェビックショッピング アクセス障害について

ホンダ  CB1000R (2018-)

オーナー満足度
3.69 (同カテゴリ平均:3.69)  評価投稿数:209人
燃費
2.98
走り
4.63
ルックス
4.78
メンテナンス性
3.45
積載性
2.11
とりまわし
4.21
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

3台

全国平均:176.3万円(前月比万円)

最安:172.14万円, 最高:183.63万円
全国平均:7.71万円

価格帯:5.05~12.03万円

全国平均:168.59万円

価格帯:167.09~171.6万円

中古車

8台

全国平均:128.52万円(前月比万円)

最安:122.23万円, 最高:134.81万円
全国平均:7.52万円

価格帯:7.23~7.81万円

全国平均:153.71万円

価格帯:115~196.8万円

馬力:145ps/10,500rpm
クラス:-位 / 267台中
重量:kg
クラス:-位 / 294台中
燃費:22.5(60)〈2名乗車時〉
クラス:-位 / 82台中
  • 車種:CB1000R (2018-) 

ホンダ CB1000R (2023年)

軽量かつコンパクトな車体に高性能な水冷・4ストローク・DOHC直列4気筒998ccエンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1000R」のヘッドライト等の外観デザインやカラーリングの変更、スマートフォンとの連携を可能とするHonda Smartphone Voice Control system(HSVCS)を採用するなど熟成を図った。 ヘッドライト、ラジエーターシュラウド、エアクリーナーカバーのデザインを一新し、凝縮感のある台形プロポーションを強調すると同時に、流麗なイメージを追求。また、シートレールやリアフェンダーをスリムな形状にするとともに、ホイールのデザインを変更することで、軽快な印象とした。 また、車両とスマートフォンをBluetoothで連携することで、ハンドルスイッチ及び音声入力により音楽再生や通話などの操作を可能とするHonda Smartphone Voice Control system(HSVCS)を採用し、利便性を向上させた。

ホンダ CB1000R (2023年)の基本スペック

メーカー ホンダ エンジンタイプ SC80E
モデル名 CB1000R (2018-) エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 145ps/10,500rpm
動力方式 - 最大トルク 10.6kgf/8,250rpm
型式 8BL-SC80 車体重量(乾燥重量) -
排気量 998cc 車体重量(装備重量) 213kg
発売開始年 2023年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 17.2(クラス3-2)<1名乗車時> 全長・全高・全幅 2120mm × 1090mm × 790mm
燃料タンク容量 16.0リットル シート高 830mm
航続可能距離 275.2km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
燃料供給方式 インジェクション リアタイヤサイズ 190/55ZR17M/C(75W)

ホンダ CB1000R (2023年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト --
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

ホンダ CB1000R (2023年)の詳細サービスデータ

原動機型式 SC80E
ボア 75.0mm
ストローク 56.5mm
圧縮比 11.6:1
点火方式 トランジスタ点火
エンジン潤滑方式 圧送飛沫併用式
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 3.0m
キャスター角度 25
トレール量 100.0mm
最低地上高 135mm
軸間距離 1455.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

適合パーツ

シリーズ一覧

PAGE TOP