【3,000円以上で完全送料無料!】

スズキ  GSX-R1000R

オーナー満足度
3.57 (同カテゴリ平均:3.48)  評価投稿数:165人
燃費
3.33
走り
4.9
ルックス
4.52
メンテナンス性
3.33
積載性
1.64
とりまわし
3.67
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

国内
(新車)

174台

全国平均:196.7万円(前月比-2.73万円)

最安:171.98万円, 最高:220.66万円
全国平均:7.98万円

価格帯:-万円

全国平均:201.15万円

価格帯:163~211.68万円

国内
(中古)

1台

全国平均:134.22万円(前月比-21.98万円)

最安:134.22万円, 最高:134.22万円
全国平均:4.32万円

価格帯:4.32万円

全国平均:129.9万円

価格帯:129.9万円

逆車
(新車)

7台

全国平均:200.99万円(前月比-3.45万円)

最安:185.59万円, 最高:212.37万円
全国平均:14.31万円

価格帯:-万円

全国平均:186.68万円

価格帯:179.8~192.59万円

逆車
(中古車)

2台

全国平均:-万円(前月比-165.22万円)

最安:-万円, 最高:-万円
全国平均:-万円

価格帯:-万円

全国平均:153.94万円

価格帯:149.9~157.99万円

馬力:197PS / 13,200rpm
クラス:-位 / 99台中
重量:kg
クラス:-位 / 109台中
パワーウェイトレシオ:
クラス:-位 / 28台中
  • 車種:GSX-R1000R 

スズキ GSX-R1000R (2019年)

「GSX‐R1000R ABS」は、「No.1スポーツバイク」をコンセプトに、GSX‐Rシリーズの特長である、エンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直し、MotoGPで培った技術を採用することでさらに進化させ、高次元でバランスさせた。GSX‐R史上最もパワフルで、最も環境性能に優れたモデルである。 主な変更点は、カラーの変更、マフラーボディ色とマフラーカバー変更、タイヤ変更(ブリヂストンRS10→RS11)、フロントブレーキホース変更(ステンレスメッシュ)、ETC2.0標準装備。

スズキ GSX-R1000R (2019年)の基本スペック

メーカー スズキ エンジンタイプ 水冷・4サイクル・直列4気筒・DOHC・4バルブ
モデル名 GSX-R1000R エンジン始動方式 セルフ式
タイプ・グレード - 最高出力 197PS / 13,200rpm
動力方式 - 最大トルク 11.9kgf・m / 10,800rpm
型式 2BL-DM11G 車体重量(乾燥重量) -
排気量 999cc 車体重量(装備重量) 203kg
発売開始年 2019年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 22.1km/L(60km/h) 2名乗車時 国土交通省届出値:定地燃費値 全長・全高・全幅 2075mm × 1145mm × 705mm
燃料タンク容量 16.0リットル シート高 825mm
航続可能距離 353.6km(概算値) フロントタイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
燃料供給方式 フューエルインジェクションシステム リアタイヤサイズ 190/55ZR17M/C(75W)

スズキ GSX-R1000R (2019年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) 17T
ドリブン(後) 45T
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 4.1L ヘッドライト LED
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 LED
エレメント交換時 - テールライト LED-
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

スズキ GSX-R1000R (2019年)の詳細サービスデータ

原動機型式 DTA1
ボア 76.0mm
ストローク 55.1mm
圧縮比 13.2:1
点火方式 フルトランジスタ式
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 3.5m
キャスター角度 23°20′
トレール量 95.0mm
最低地上高 130mm
軸間距離 1420.0mm
ハンドル切れ角度(右) 27.0度
ハンドル切れ角度(左) 27.0度
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

シリーズ一覧

PAGE TOP