天候不良による配送遅延について【Webikeショッピング】

スズキ  GSX-S750

  • 車種:GSX-S750 

GSX-S750のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全32件
  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    取り付けにコツがいるみたいだけど、なんとか取り付けました。長距離ツーリングには必需品?

    • いいね(1)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    前のバイクから外したビスカバーを取り付けました。良い感じ?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    メンテナンススタンドを使うために取り付け。無名のスタンドフック。ワンポイントになって良い感じ。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    100均でタブレット用保護フィルムを購入してDIY。思ったよりも良い感じ。近くからは見ないで下さい。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    デイトナ製。簡単取り付け。暖かさはこれから感じられるはず??

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【新製品】WOODSTOCKから新製品!「GSX-S750バックステップキット」発売
    【新製品】WOODSTOCKから新製品!「GSX-S750バックステップキット」発売

    高精度の削り出しパーツを製作販売する「WOODSTOCK」から、スズキ「GSX-S750」用バックステップキットが発売された。全日本選手権など数々のロードレースの実践を通じて磨かれた操作性の高さを発揮できるカスタムパーツだ。メーカー希望小売価格は6万6000円、シルバーとブラックがラインナップされる。 削り出しならではの高級感を愛車に! 広島県の「ウッドストック(WOODSTOCK)」は、1992年設立のカスタムパーツメーカー。ロードレースにも取り組んでいる経験からフィードバックされるハイクオリティなカスタムパーツを供給している。高精度な切削加工により仕上げられたパーツ類は、削り出しならではのエッジが魅力的だ。 ライディングに最も重要なポイントは「ポジション」にあるというウッドストックの考えから、すべてのステップは実際にまたがり何度もポジションを確認して商品化がなされている。しっかりとしたニーグリップで踏ん張りのきくステップ、かつ日本人の体格にあったポジションでライディングを楽しめるように工夫されているのだ。操作性の高さを愛車にフィードバックするチャンス! ※...

  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    純正が好みでなかったので、タナックスのサイドミラーに交換。良い感じ??

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    yuya
    車種
    GSX-S750

    ポッシュのバーエンドです。簡単取り付け?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    だいもん
    車種
    GSX-S750

    純正のメーターバイザーデザインは良いのですがこのバイクに乗り換えて高速移動も多くなったので風圧に耐えられるスクリーンをと思い購入結果肩より下の風はほぼ感じなくなりました風が強い日でも体に感じることもなく非常に快適になりました結構な体感差があったので満足しています。

    • いいね(3)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    かわい
    車種
    GSX-S750

    気持ちの良い晴れでしたのでマフラー音録ってきました。国道から一本ズレた道で動画撮影後どこへ行こうか考えたんですがなんとなく帰宅。純正で充分と思ってたんですが買って良かったと思えるマフラーです。ただ足つき改善カスタムしてる方は膨張室と接触の可能性あるので注意。あと音は「気持ちイー!」なんですがパワーとかトルクの変化は自分にはわかりませんでした。走行中のマイク位置がうまくいかず走行動画はなしです。チェストマウントが気に入ったのでマイク位置が上手くいったら走行動画も上げようと思います。余談:道の駅くしがきの里に着きましたらS750、白S1000、黒S1000と並びで駐車しましてみんなウインカー変えて...

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    かわい
    車種
    GSX-S750

    仕事終わりにつけまして疲れました。排気漏れがない事を確認して本日は終了。明日は雨予報なので明後日少しツーリングにいくかもしれません。アイドリングしか聞いてませんが相当音質変わりました。低音が効いてます。クリアランス結構狭いんですがこんなもんでしょうか?一応しばらくはマフラーの位置調整の為に工具積んどきます。

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 【CB400SFの平均価格が130万円!?】惜しまれつつこの秋に生産終了となった歴史的モデル5選!
    【CB400SFの平均価格が130万円!?】惜しまれつつこの秋に生産終了となった歴史的モデル5選!

    日本国内販売向けのバイクに対して、2022年11月生産分より令和2年排出ガス規制が適用されることから、これに適合していない生産終了モデルが大量発生。長年にわたり400ccクラスの代表格となってきたあのモデルや、かつてはバイクの花形クラスだった4気筒ナナハン、各社を代表するような車種や伝統だったエンジンが、姿を消そうとしています。でも今ならまだ、在庫車の新車購入も可能かも!? 一部車種はすでに超プレミア価格に高騰化 ウェビックの新車・中古車検索サイト「バイク選び」でCB400SFの相場を調べてみると、2022年11月14日現在では新車の取り扱いはナシだったが、中古車は235台掲載されていた。CB400SFの車両価格は88万4400円?となるが、走行距離の少ない程度のいい車両はメーカー希望小売価格を超える価格で値付けがされていた。掲載235台のうち57万円未満は21台だった一方、167万円帯で29台、157万円帯で26台……。全国平均は130.39万円で、高額帯での掲載車両が目を引く。CB400SFの価格相場表はコチラ   近年、市販二輪車の排ガス規制強化と...

  • 投稿日
    投稿者
    かわい
    車種
    GSX-S750

    簡単につくと聞きまして。乗車姿勢がかなり変わりました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    まっきぃ
    車種
    GSX-S750

    先日のジスペケちゃんでの初乗り。ヘッドライトがハロゲンなのでトンネル内で暗かったのが難点でした。5月21日。天気が雨でどこも行けないので、今日はジスペケちゃんのヘッドライトをLEDに交換しますついでにポジションライトもLEDに替えてしまおう♪

    • いいね(6)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    だいもん
    車種
    GSX-S750

    ネットを探してもGSX-S750にマトリスキットの組込情報が見当たらないので自分が記しておこうかと思います。皆さん気になっているであろう素人でも組めるのか?だとおもいますが結果 環境さえあれば簡単な部類で初めてでも2~3時間で組めると思いますというわけで近年フォークカートリッジが分解不可だとか、特殊工具がないとなどGSX-S750に関して何も見つからなかったのですがいがいにあっさり組めました推奨工具スプリング縮めるための道具、ダンパーロッド外すための8mmL字ヘキサゴン廻り止めのパイプレンチ、インパクトドライバー 油面合わせのスポイト

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    だいもん
    車種
    GSX-S750

    中途半端に金がないと素直に社外品が買えませんでも変えたい物は変えたい!と安物買いに走るのですがということで雪解けも進み道路も走れるようになって来たので去年から計画していたGSX-Rの別タンク化をお届けします先に結果から言うと当然ながら素晴らしいです。時間と金は無駄にならずに済みました。さすさす君βとFREECADにはお世話になりました。

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    つぼつぼバイク
    車種
    GSX-S750

    今までは我慢してましたが、やっぱり欲しくて付けました♪どうせならと二口ソケットにしました。当初はブレーキから電源を取ろうと思ったのですが製品に付属しているカプラーがそのままでは使えなかったのでバッテリー側から引っ張ることにしました。グリップヒーターの配線の時も悩みましたが配線の取りまわしは悩みますね… グリップヒーターは車体右側から、今回は左側から配線しました。やっぱりあると便利ですね。つけて良かった♪

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • スズキの並列2気筒700ccエンジンがターボからNAになって登場する!?【ミラノショー2022】
    スズキの並列2気筒700ccエンジンがターボからNAになって登場する!?【ミラノショー2022】

    2015年の東京モーターショーにスズキが参考出品したターボエンジン「XE7」を覚えているだろうか? コンセプトモデル「リカージョン」(2013年)に搭載されると思われたが、その後発売には至っていない。 これが、2019年にノンターボ(=NA)モデルとして特許出願されており、11月のミラノショーで登場すると予想されるのだ。 XE7は当時の取材では700cc、新型CB750ホーネットやMT-07とガチンコに!? 10月4日に初公開されたホンダのCB750ホーネットやヤマハのMT-07など、近年並列2気筒エンジンを搭載したミドルクラスが増えている。そんな中でスズキはV型2気筒エンジンを中心とするラインナップで対抗しているが、過去に並列2気筒エンジンを開発した事例があった。 それが、2015年の東京モーターショーに参考出品されたXE7で、公開されたスペックは並列2気筒インタークーラーターボDOHC4バルブ。排気量などは不明だが、当時の取材では700ccと言われていたのでCB750ホーネットの755cc、MT-07の688ccと直接対決するクラスになる。...

  • 投稿日
    投稿者
    車種
    GSX-S750

    SC PROJECT CONIC サイレンサーのバッフルの抜き方が調べても出てこなかったので私が外し方を書いておきます。こちらのマフラーはヨーロッパの規制に基づきバッフルが溶接され固定されています。ですので簡単にバッフルが抜けないのですが、せっかくSC PROJECTを買ったので音を大きくしたいなと思い友達に手伝ってもらいながらやってみました。写真では既に外していますが、元々バッフルとサイレンサーの内側で溶接されています。 そこでインパクトの先にドリルを付けて溶接部分を削ってやろうという作戦でいきました。小さなドリルで数箇所穴を開けてから大きなドリルで穴を拡張するという作業を行い、溶接部を削り...

    • いいね(1)
    • コメント(1)
  • 投稿日
    投稿者
    だいもん
    車種
    GSX-S750

    指一本で効きすぎて馴染めない、コーナー侵入のストローク制御がやりづらいブレーキをもっとコントローラブルにということで用意しますのはNISSINの19mmセミラジアルマスターとついでにステンレスバンジョーボルト。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    つぼつぼバイク
    車種
    GSX-S750

    S750はスクリーン無しでもカッコイイけど、スクリーンをつけてみたくなって、つけちゃいましたウィンドアーマー♪ どこのメーカーにするか色々悩みましたが、大き過ぎずスタイリッシュで自分の好みにドンピシャだったのがこれでした♪流石にヨシムラ、デザインや出来は言うことなし。値段が高いのは仕方ないかな… あと、取説がちとわかりにくいけど、まぁ問題なし。高速での効果は劇的とはなりませんが効果はあります。ドレスアップパーツとしては最高ですね。スズキっぽいしこのスタイル好みです!

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    つぼつぼバイク
    車種
    GSX-S750

    ユーカナヤ アルミビレットレバー TYPE-GPに交換。レバー交換は簡単にできるカスタムですね。もともとS750のレバー色は黒なので、不満は無かったのですが見た目と微調整が出来るので交換しました。使い心地はいつもながらすげー変化がある訳ではないですがレバーを交換したーという満足度と見た目はグットです♪

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    つぼつぼバイク
    車種
    GSX-S750

    リア周りをスッキリさせたくてフェンダーレス化しました。車種専用のフェンダーレスがなかなか良いのがなかったのでGSX-S1000用を流用しました♪ポン付けは出来ませんでしたが、多少加工して取り付け出来ました♪かっこいいです♪

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【1ccあたりの価格に注目】バリュープライスな並列4気筒モデル「3選」
    【1ccあたりの価格に注目】バリュープライスな並列4気筒モデル「3選」

    「フォーン、フォーーーン、ファオーーン……」と、甲高くて滑らかな排気音。並列4気筒エンジンを搭載した車種こそがバイクらしいと感じているライダーは、ベテラン勢を中心として少なくないかもしれません。一方で、とくに小中排気量帯では、昔と比べて4気筒モデルが大きく減少。価格も高騰しています。ではそんな現代において、お買い得感のある4気筒モデルとは? 新車で買える4気筒の最安値はニンジャZX-25Rだけど…… 度重なる環境規制強化や、それに伴う生産コストの増加、バイク生産のグローバル化などさまざまな要因が複雑に絡み合って、とくにミドルクラス以下では4気筒エンジンを搭載するバイクが以前と比べて激減。かつては、「並列4気筒こそバイクを象徴するエンジン」と考えるライダーが多くいましたが、現行モデルの新車で4気筒を選ぶのは、バリエーションが少なく価格的にも厳しい傾向となっ てきました。 現在、一般的に日本で新車販売されているバイクのうち、4気筒エンジンで最安値となるのはカワサキのニンジャZX-25R。ただし、84万7000円?という価格設定は250ccクラスとしては...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP