スズキ  GSX-R125

オーナー満足度
3.9 (同カテゴリ平均:3.75)  評価投稿数:412人
燃費
4.72
走り
4.43
ルックス
4.68
メンテナンス性
3.22
積載性
1.94
とりまわし
4.44
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

113台

全国平均:44.39万円(前月比万円)

最安:39.7万円, 最高:49.84万円
全国平均:2.7万円

価格帯:-万円

全国平均:41.85万円

価格帯:36.7~45.32万円

馬力:15ps/10,500rpm
クラス:-位 / 134台中
重量:kg
クラス:-位 / 136台中
カスタム:234
クラス:-位 / 143台中
  • 車種:GSX-R125 

スズキ GSX-R125 (2022年)

GSX-Rシリーズは「最高のパフォーマンス」を実現するために、「走る」、「曲がる」、「止まる」という基本性能を高めるべく、レースで培ったノウハウが惜しみなく注ぎ込まれている。 GSX-Rシリーズ最小排気量のエンジンを搭載するGSX-R125は、革新的なスポーツバイクとなる。 力強い加速力と、高い燃費性能を兼ね備え、軽快なハンドリングを実現。 空力特性に優れたボディワーク、視認性の高い多機能液晶インストルメントパネル、縦2灯式LEDヘッドライト、軽量なABS制御ユニット、高い路面追従性を発揮するリンク式モノショックリヤサスペンションを装備。 伸びやかで胸のすくような加速感で、街中を軽快に駆け抜け、そして、ワインディングを楽しむ。 2022年モデルの主な変更点 ・ 平成32年(令和2年)国内排出ガス規制対応 ・ カラーリング変更、アンダーカウル形状の変更

スズキ GSX-R125 (2022年)の基本スペック

メーカー スズキ エンジンタイプ CFA1・水冷・4サイクル・単気筒 / DOHC・4バルブ
モデル名 GSX-R125 エンジン始動方式 セルフスターター
タイプ・グレード - 最高出力 15ps/10,500rpm
動力方式 - 最大トルク 1.1kgf・m/8,500rpm
型式 8BJ-DL32D 車体重量(乾燥重量) -
排気量 124cc 車体重量(装備重量) 137kg
発売開始年 2022年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 45.8km/L (60km/h) 2名乗車時 全長・全高・全幅 2000mm × 1070mm × 700mm
燃料タンク容量 11.0リットル シート高 785mm
航続可能距離 503.8km(概算値) フロントタイヤサイズ 90/80-17M/C 46S
燃料供給方式 フューエルインジェクション リアタイヤサイズ 130/70-17M/C 62S

スズキ GSX-R125 (2022年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: -
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト --
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

スズキ GSX-R125 (2022年)の詳細サービスデータ

原動機型式 CFA1
ボア 62.0mm
ストローク 41.2mm
圧縮比 11.0:1
点火方式 フルトランジスタ式
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ式
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 2.6m
キャスター角度 25
トレール量 93.0mm
最低地上高 160mm
軸間距離 1300.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

適合パーツ

PAGE TOP