スズキ  GSX-R125

  • 車種:GSX-R125 

GSX-R125のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全32件
  • 投稿日
    投稿者
    SSIZZ
    車種
    GSX-R125

    オイル交換は初回は1,000km、2回目以降は大体2,000km毎にして居る訳ですが。毎日の走行距離が平均70km位ですから。一月~一月半で交換ですわな。毎度汚れ具合もさほどではないようですが、油脂類は新しいに越した事は無いと思って居る派。時間も費用も大きな負担で無いものですよってに。匙加減。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    SSIZZ
    車種
    GSX-R125

    現状確認。新車時からここまでよく保った方でしょうか。限界近い様なので新品パッドに交換です。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RDA103
    車種
    GSX-R125

    中華スクリーン購入案の定、純正から外して再利用しようしたウェルナットをカウル内へ落とした、、、

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ヒロッシ!
    車種
    GSX-R125

    GSX-R125をレーサー化!とりあえず購入したパーツを取り付けていきたいので、カウルを取り外し。ネットで外し方を下調べしていたので取り外しは順調に終了。今日は時間がないのでとりあえず作業は完了。まずブレーキホースを交換したいのでABSの取り外ししないといけない。ちょっと大変そうな作業。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    ROUTE23
    車種
    GSX-R125

    10月の鈴鹿ツイン走行会が取れなかったので、通常の練習走行用に中古のラップタイマーを調達して取り付け。電源はバッ直、センサーはセンタースタンドステー?に装着。本体の固定方法は考え中。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 通勤でも趣味でも大活躍!125ccまで乗れる「原付二種免許」【Moto Guide】
    通勤でも趣味でも大活躍!125ccまで乗れる「原付二種免許」【Moto Guide】

    原付二種(50cc超125cc以下)に乗車できる「小型限定普通二輪免許」について解説します。 はじめに「あれ?原付二種免許という名前じゃないの?」と疑問を抱いた方がいるかと思います。 ややこしいのですが「小型限定普通二輪免許」は、400ccまで乗れる普通自動二輪車免許のうち小型(50cc超125cc以下)に限定した免許という意味です。 ライダーの会話の中では「原付二種免許」と呼ぶことが多いのですが、同じ免許を指しています。 小型限定普通二輪免許には、手動式クラッチ付きミッション車が運転できる「限定なし」と、クラッチレバー操作がない車両のみ運転可能な「AT限定」の2種類があります。 ※AT=オートマチック車 免許区分詳細 ●年齢     :16歳以上 ●高速道路の走行:NG ●2人乗り    :OK(二輪免許取得後1年以上経過している場合) ●法定速度   :60km/h(一般道) ●二段階右折  :不要 ●取得費用   :約15万円前後?  ※教習所や運転免許試験場に支払う費用の合算で、教習所や地域によって料金は異なります AT...

  • 投稿日
    投稿者
    ヨワネハク
    車種
    GSX-R125

    SSタイプの車両に付き物の積載の無さにいつも悩んでいたがSS車に大きなトップケースは外観が損なうのでセカンドシートに取付けるタイプを購入した。トップケースみたくヘルメットインはさすがにに不可だが雨ガッパ程度なら積載でき峠に行った際には数本分なら缶ジュースも買って運搬は出来る。外観もSS車のビジュアルを損なうこと無い良い商品でした。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    なべお
    車種
    GSX-R125

    ヤフオクでステッカー特注しました。フロントフェンダーをサイタニヤと交換しました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    生半可な。
    車種
    GSX-R125

    4ヶ月弱待って届いたSHADのトップケースフィッティングを装着。キジマよりしっかりしていて、Enduranceより洒落ているのでコチラにしました。想像以上に重いのですが、硬すぎるリアサスとの相性バツグンです。乗り心地が良くなりました。若干のリア下がりになったのでフロントフォークを数ミリ突き出して調整が必要そうです。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    なべお
    車種
    GSX-R125

    アマゾンで汎用のアルミステーを購入し交換。純正のステップホルダーを外しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    なべお
    車種
    GSX-R125

    アクティブデジタルモニターとkosoの水温計を取りつけました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 操って楽しい! おすすめ125ccギア付きバイク6選【2022年版】
    操って楽しい! おすすめ125ccギア付きバイク6選【2022年版】

    原付二種(51?125cc)は、コスパが抜群です。原付一種(50cc未満)よりパワーがあり、二段階右折や上限30km/hといった規制もありません。それでいて税金や保険などの維持費は原付並みで、もちろん車検もナシ。はじめてのバイクにも、セカンドバイクにもピッタリです(筆者もスーパーカブ110を所有しています)。加えてギア付きの125ccは、オートマよりスポーティで操る楽しみに満ちています。 当記事では、筆者が乗ったことがある車両を中心におすすめモデルを選んでみました。 ダックス125 カワイイ、そして走りは万能 ダックス125は、多くのライダーに愛されたダックスを現代に再現したモデル。ダックスフンドをモチーフにした胴長短足フォルムは実にカワイイです。このスタイルと、幅広い走りに対応できるのが選定のポイント。トコトコとのんびり流す走りにも、スポーティな走りにもしっかり応えてくれます。 独自のモノコックフレームによる剛性感と、しっかり奥で踏ん張る専用サスを採用したおかげで、コーナリングでは不安なく旋回可能。125クラスとしては乗り心地がよく、60km/hで巡...

  • 投稿日
    投稿者
    生半可な。
    車種
    GSX-R125

    おそらくGSX-Rロゴ入りはココしかないモノクラフトさんのリムデカールです。一般的には洗剤希釈水で粘着力下げますが、コイツは真水で十分でした。界面活性剤入ると粘着力下がりすぎて、全く貼りつかなくなってしまいます。最初の片面ずいぶん手を焼きました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    生半可な。
    車種
    GSX-R125

    GSX-S125用センタースタンドのインプレへの書き漏らし。サイドスタンドエンドとセンタースタンドのキック部分がとても近いです。足で蹴り出すときによく見ないと、ほぼセンタースタンドに引っかかります。(数日乗ったら慣れました。)

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    なべお
    車種
    GSX-R125

    RCBのラジアルマスターシリンダーに交換しました。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    17191216
    車種
    GSX-R125

    必要に迫られ色々つけてみました。ポッシュウルトラヘビー 振動対策でプログリップとの共演は最高です。10.000まで回しても振動問題なしです。アグラスヘッドボルト チープなプラ部品が視界に入るとテンション下がりますほか二つばかり。スマホホルダーはなんかのおまけ、普段はつけないので取り外し容易なヤツをトップブリッジの肉抜きを使って固定。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    17191216
    車種
    GSX-R125

    https://twitter.com/FunkySeig/status/1303666636642156544Twitterで拾った情報です。SAMURAI FACTORY@FunkySeig 様情報 動画見るとかなりグラグラしてますね。上のキャプチャー画像でも進行方向に対して歪んでいるのがわかるでしょうか。。個体差・ロットなのか割と多いのか‥自分のも後でみてみます。バックステップ化するとテコの原理でより大きい力がかかるから要注意かも。以下引用Instagramで反響が多くあったので、Twitterでも一応報告しておきます。GSX-R125系のオーナー様、今一度ご確認下さい。フレームとステッ...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • バイクの免許は全7種類、アナタにピッタリの免許はどれ?【Moto Guide】
    バイクの免許は全7種類、アナタにピッタリの免許はどれ?【Moto Guide】

    公道でバイクに乗るために必要なものは色々ありますが、どんなバイクに乗る時にも必ず必要な「運転免許」。 【バイクの知識 免許編】として、バイクの運転免許についてご紹介していきます。 ……ちなみに私有地やクローズドコース(サーキットなど)では免許がなくても運転できるのですが、この話はまたいずれ。 バイクの免許は全部で7種類 2022年12月現在、バイクの運転免許は7種類あります。 免許によって、運転できる排気量や取得可能な年齢が違います。 また、オートマチック車(AT)のみ運転可能なAT限定免許もあります。 バイクの排気量によって、高速道路が走行OKか、2人乗りできるかなどの制限も異なりますので、自分がこの先どんなバイクに乗りたいのかや、取得するまでの予算や教習所に通いきれる時間的な面も考慮しながら、目指す免許の種類を見定めていくと良いでしょう。 免許の種類と特徴 原付免許 近所を手軽にゆっくり走るならコレ! 中型以上のバイクはNGでも原付なら停められる駐輪場が多く、買い物に便利です。 車の流れが速い道路やアップダウンが激しい坂道、そし...

  • 投稿日
    投稿者
    生半可な。
    車種
    GSX-R125

    積載性が皆無のGSX-R125ですが、汎用の紐を使って荷掛け用の輪をつくり、TANAXさんのバンジーコードを使うとドラムバッグが固定できます。(写真はデグナーの防水サイドバッグを固定しました)

    • いいね(2)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    17191216
    車種
    GSX-R125

    GSX-R125のミラーはR1000共通で奇抜過ぎずスタイリッシュな点はとても気に入っています。ですが地味に不便なポイントにミラー鏡面像が小さいことがあります。本人は全力走行で裕也ブッチリ切りよっ、と思ってミラーを見ると群れをなしてリッターバイクが詰まってたりw まぁ125ccですしあるあるだと思うのですが(腕はあえて触れないw)、きれいに抜かせるをモットーとするオヤジとしてはヤカンアカンあかんがなな訳です。自分が追い抜きかける時も後方視界が確保できないと怖いですしね・・定価で一万七千円!という絶対素では買えないブツですが清水の舞台から飛び降りる気迫でポチってしまいました。(webikeバイク...

    • いいね(3)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    17191216
    車種
    GSX-R125

    メーターに保護フィルムを貼り付けました。ようやく新車の保護フィルムを捨てることができました。中華製です、日本製のデジカメの液晶保護フィルムより耐久性なさそう、貼る時ホコリつきやすく(1枚失敗w)、ノリが薄く残ったりとかありましたが、まあまあきれいに貼れました。*上の写真では隅の方に空気残ってますが、このあときれいにできました。わざわざスマホと同じ系デザインにしなくていいのにー、というのが私的感想。バイクなんだよ?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    17191216
    車種
    GSX-R125

    RIDEA ラジエーターコアガードを取付。製品精度は問題なしですが、ガードのキメが粗いかもしれません。小さなものがガードの網目を潜って直接ヒットする懸念があるかも・・。ヨシムラとかDimotivのガードの方が目が細かいのでいいかもしれません。価格が安いのでこれにしてみたのですが、Dimotivの価格も安いです。ラジエター本体の取り付けボルトに共締めして取り付けます(写真左上のボルト)。共振防止用のスポンジシールも付属しているのでビビリ音もなくいい塩梅です。取付場所が奥まっておりカウルを外さないとアクセスできないため、取付大変でした。

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    17191216
    車種
    GSX-R125

    MDFリムストライプ 4mm ミラーブルー。

    • いいね(0)
    • コメント(1)
  • バイクを選ぶ時に知っておきたい [バイクタイプ/ミニバイク編]【Moto Guide】
    バイクを選ぶ時に知っておきたい [バイクタイプ/ミニバイク編]【Moto Guide】

    バイクタイプを知ると、バイク探しの幅が広がる! 初めてバイクを選ぶ時、デザインに惹かれて決める方が多いと思います。もちろんデザインで選ぶのも重要ですが、予備知識としてバイクにはどんなタイプがあるのかを知っておくと、よりバイク探しの幅が広がります。 数あるバイクタイプの中から今回は「ミニバイク」についてご紹介していきます。 ミニバイク 排気量が125cc以下のミッションバイクのことを総称して「ミニバイク」と呼びます。 125cc以下なので免許区分は「原付」となり、高速道路は走れませんが税金や保険料など維持費が安いというメリットがあります。 51ccから125ccに関してはスクーターと同じく免許区分が「原付二種」となりますが、ミッション付きとなるので「AT限定原付二種免許」では運転することができません。 前述のとおり排気量が125cc以下のバイクをまとめて「ミニバイク」と呼んでいますが、ミニバイクと言えど様々なジャンルのバイクが存在するため、いくつかのジャンルに分けて紹介していきます。 フルサイズ ここではホイールサイズが17インチ以上のミニバイ...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP