夏季休業のご案内〈出荷は休まず営業中〉【Webikeショッピング】

ホンダ  CBR250RR(2017-)

オーナー満足度
3.84 (同カテゴリ平均:3.5)  評価投稿数:592人
燃費
4.17
走り
4.63
ルックス
4.82
メンテナンス性
2.99
積載性
2.25
とりまわし
4.14
乗り出し価格 (税込) ? 諸費用 (税込) ? 本体価格 (税込) ?

新車

133台

全国平均:82.13万円(前月比-0.26万円)

最安:72.7万円, 最高:93.3万円
全国平均:5.73万円

価格帯:-万円

全国平均:77.25万円

価格帯:66.7~85.47万円

中古車

2台

全国平均:73.85万円(前月比1.78万円)

最安:71.3万円, 最高:76.4万円
全国平均:6.45万円

価格帯:4.5~6.86万円

全国平均:67.4万円

価格帯:65~69.8万円

馬力:41PS(30kW)/13,000rpm
クラス:-位 / 99台中
重量:kg
クラス:-位 / 109台中
パワーウェイトレシオ:
クラス:-位 / 28台中
  • 車種:CBR250RR(2017-) 

ホンダ CBR250RR (2020年)

CBR250RRの一部仕様を変更。低速域から高速域にわたる力強い出力特性としながら、パワーウエイトレシオの向上に合わせた、さらなる操りやすさを追求し、スーパースポーツモデルとしてのトータルコントロール性能の進化を図った。 パワーユニットでは、新形状のピストンにより高められた圧縮比に対応するため、ピストンリング溝に錫メッキ処理を追加したほか、浸炭処理により強度を高めた浸炭コンロッドを採用。フリクションロスを最小限に抑えるため、バランサーシャフト軸の小径化やバルブスプリング荷重の低減、エンジン内のポンピングロス低減につながるシリンダー下端への切り欠きを追加するなど最高回転数を高めながら、点火時期、吸気系部品の最適化やマフラー内部構造の変更などを施すことで、従来モデルに対し最高出力と最大トルクの向上を実現している。 出力特性の変更に伴い、スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を行うスロットルバイワイヤシステムでは、ライディングモードの各パラメーター設定値を最適化しライダーの好みに合った3種の出力特性を選択可能とした。 足まわりでは、フロントサスペンションのフリクション低減と減衰力の最適化を図り、市街地での扱いやすさをより高めながら、スポーツ走行での路面追従性を向上させている。 また、新たに、クラッチレバーの操作荷重と、シフトダウンに伴う後輪ホッピングを軽減するアシストスリッパークラッチを標準装備として採用したほか、別売りの純正アクセサリーに、シフトアップ/シフトダウン時のより素早いシフトチェンジ操作を可能とする「クイックシフター」 を設定。より操りやすく快適でスムーズな乗り味を実現している。

ホンダ CBR250RR (2020年)の基本スペック

メーカー ホンダ エンジンタイプ MC51E
モデル名 CBR250RR(2017-) エンジン始動方式 セルフ式
タイプ・グレード - 最高出力 41PS(30kW)/13,000rpm
動力方式 - 最大トルク 2.5kgf・m(25N・m)/11,000rpm
型式 2BK-MC51 車体重量(乾燥重量) -
排気量 249cc 車体重量(装備重量) 168kg
発売開始年 2020年 パワーウエイトレシオ -
燃料消費率 40.1km/L(60km/h)〈2名乗車時〉 全長・全高・全幅 2065mm × 1095mm × 725mm
燃料タンク容量 14.0リットル シート高 790mm
航続可能距離 561.4km(概算値) フロントタイヤサイズ 110/70R17M/C 54H
燃料供給方式 電子式〈電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)〉 リアタイヤサイズ 140/70R17M/C 66H

ホンダ CBR250RR (2020年)のサービスデータ

標準装着プラグ - スプロケットサイズ ドライブ(前) -
ドリブン(後) -
プラグ使用本数 - チェーンサイズ - / -
プラグギャップ - バッテリー型式 -
エンジンオイル全量 - ヘッドライト -
ライトタイプ: LED
オイル交換時 - ヘッドライト備考 -
エレメント交換時 - テールライト -LED
フロントウインカー定格 - リアウインカー定格 -

ホンダ CBR250RR (2020年)の詳細サービスデータ

原動機型式 MC51E
ボア 62.0mm
ストローク 41.3mm
圧縮比 12.1:1
点火方式 フルトランジスタ式バッテリー点火
エンジン潤滑方式 圧送飛沫併用式
フレーム形式 ダイヤモンド
最小回転半径 2.9m
キャスター角度 24° 30′
トレール量 92.0mm
最低地上高 145mm
軸間距離 1390.0mm
ハンドル切れ角度(右) -
ハンドル切れ角度(左) -
定員 2人
燃料タンクリザーブ容量 -

ホンダ CBR250RRの関連ニュース、リコール・サービス情報

ホンダ CBR250RRの試乗インプレッション・特集記事

適合パーツ

シリーズ一覧

PAGE TOP