天候不良による配送遅延について【Webikeショッピング】

ホンダ  CBR250RR (MC51)

  • 車種:CBR250RR (MC51) 

CBR250RR (MC51)のカスタムガイド

並び順:
[ 新着順 |アクセス数順 |人気順 ]
1~20件 / 全231件
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    CBR250RR (MC51)

    GALESPEEDのリアマスターシリンダーに交換してから数年が経過し、踏み込みが柔らかすぎる気がしてきたため、購入時に付属していた硬めの赤いスプリングに交換した。また、メーカーであるアクティブ社よりリザーバータンク蓋のリコールがでていたため、これも取り寄せて交換した。スプリングのみを握ってみると黒いスプリングよりも赤いスプリングは少し硬いが、それほど硬いわけでもなさそう。実際装着してみたが、硬い印象はなく、しっかりとブレーキングしている感覚を感じ取れる。私には踏んでいる感覚が分かりやすい赤の方がいいと感じた。リザーバータンクの蓋は数年前からリコールが出ていたが、最近まで放置していて、スプリング...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    CBR250RR (MC51)

    前に購入していた、後期型MC51用FCC純正スリッパークラッチをようやく交換した。後期型が販売されてすぐに試した人達がいて、その後インプレなど見ていたが、どうもトラブルになったという話は出ていないようなので問題ないと判断し遅くなったが交換した。交換には大型トルクレンチとクラッチホルダー工具が必要で、本田純正のものは高いから汎用ホルダーとした。まず、交換はクラッチアウターから外側のほとんどを交換した。アウターは交換しなくても着くことは着くのだが、アウターの厚みが通常クラッチのものと違うため、利用するならプレート等の枚数で調整しないと滑ってしまうだろう。アウター外周には歯車が付いていて、この歯の形...

    • いいね(3)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    自宅で10輪館です。水道代が怖いのですが、昼間の洗車場は意外と混んでいまして、仕方なく自宅で洗いました。

    • いいね(5)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    明日は休み、昼間の天気は晴れ最高気温も30度近い。ならば洗車だなー。

    • いいね(3)
    • コメント(4)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    先日の雨のツーリングで泥んこでしたので、仕事アフターで向かったのは、毎度、コスモ石油。

    • いいね(6)
    • コメント(12)
  • 【新車】ホンダ「CBR250RR」2023年型は2/20に発売 42PSにパワーアップと各パーツ改良で戦闘力向上!
    【新車】ホンダ「CBR250RR」2023年型は2/20に発売 42PSにパワーアップと各パーツ改良で戦闘力向上!

    ホンダからスーパースポーツモデル「CBR250RR」の2023年モデルが発表された。新モデルではエンジンの改良により最新排ガス規制に適合、42PSへ最高出力を向上。SFF-BP倒立フォークの新採用、トラクションコントロールの搭載といった最新技術と、エアロダイナミクスを考慮した新設計のカウルにより運動性能がさらに高められている。 発売日は2023年2月20日、価格は価格はスタンダードカラーが86万9000円。「グランプリレッド」が90万7500円だ。 https://news.webike.net/motorcycle/250514/ デビュー6年目で更なる完成度を追求するCBR250RR 2017年発売のCBR250RRは、発売当時から大排気量モデルを凌駕する最高水準の装備で話題となったスーパースポーツモデルだ。クラス初の電子制御スロットル搭載やパワーモードセレクト、倒立フォーク採用により、250ccクラスの水準を超えた高いポテンシャルを発揮。2022年には国内250cc販売台数のうち第6位の人気を誇る。 今回のモデルチェンジは大規模なもので、エンジンや電子...

  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    CBR250RR (MC51)

    エーテックフルカウルにしたため、ウインカーを装着する穴が無くなった。カーボンに穴をあけて純正ウインカーを装着してもいいのだが、せっかくのカーボン外装が台無しになる気がしたため、インドネシア仕様眉ウインカーにすることとした。配線をいくつか切断して別の線につなげるだけの簡単な加工ではあるが、一度切断すると元には戻らないため、オークションで販売している配線を購入してみた。値段は高いが簡単に眉ウインカーにできる。実際点灯しているのを見るとかなり格好が良い。ミラーウインカーと合わせるとさらにいい。旧MC51にはウインカーが内蔵されたままになっているので、利用するのもありかと思う。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    CBR250RR (MC51)

    外装をエーテックフルカウルへと換装したため、インナーカウルを外した状態となってしまった。そのためダクトを固定するものがなくなり、自分で加工する必要があった。ホームセンターでステンレスのステーとボルトを購入し、ヘッドライト横のカウル固定用の穴とダクト上部の穴を利用して連結してみた。費用は安いものだが、効果は相当なもので、完全に固定できた。プラスチックの穴なので、金属のステーとボルトで固定すると割れてしまわないか不安はあるが、今のところ走行してみても不都合はない。ボルトの中心どうしから6から7センチの距離でM5やM6ボルトを利用したが、やり方は他にもあると思われる。工夫してみるといいものができる気...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    CBR250RR (MC51)

    カスタムも最終段階に入り、いよいよカーボンカウルを装着してみた。数年前に新横浜にあったM店長から、この商品はまともに装着できず、加工は必須と聞いていたので、面倒で今まで手を出さなかったが、カスタムする場所が無くなってきたのでチャレンジした。作業してみると店長から聞いた通りのひどいものだった。穴の位置がずれているとかいうレベルではなく、そもそも装着できない構造になっている。まず付属の説明書はあるのだが、アバウトで役に立たない。純正のインナーカウルは干渉して装着できなくなる。つけるならばどちらかを相当削らないと無理で、諦めたほうがいいと思われる。そうするとエアダクトを固定できなくなるので対策を考な...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    砂浜を走り、海水に触れて、愛機のアフターメンテをします。あわあわ洗車、そーぷんあわあわからの超撥水施工は6月分です。ついでに車も施工しました。

    • いいね(6)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    mog
    車種
    CBR250RR (MC51)

    街乗り号の納車が楽しみですが心配事がありまして…あのですね… そのですね… つまりですね…奥様はご存知ないのです ((((;゚Д゚)))))))つい先程ですね… 陸送屋からですね… 電話が入り…陸)『土日のどちらかでバイクをお届けします』mog『え?水曜とかじゃないと…週末は仕事なんで』陸)『ご家族の方、どなたかで対応をお願いします』職場に届けてもらうのも考えましたが ( ̄∀ ̄)早く怒られてしまった方が気持ちが楽になるかと…不在時に段ボールじゃなくてバイクが届く (@_@)皆さま短い生涯でしたがありがとうございましたww実はわたくし、常習犯なので生き延びた際はご一緒に近場ツーリン...

    • いいね(3)
    • コメント(10)
  • 【126cc~250cc】2022年販売台数TOP10!最も人気だったバイクはこれだ!
    【126cc~250cc】2022年販売台数TOP10!最も人気だったバイクはこれだ!

    バイク業界の最新情報を発信する二輪車新聞から、2022年の排気量別販売台数(推計)ランキングが発表された! バイクブームの中様々なジャンルの新モデルが登場しつつ、新排出ガス規制により生産を終了するモデルも多数あった2022年。定番モデルが人気を集めたのか、はたまた意外なモデルが食い込んだのか、販売台数から人気をチェックしてみよう。今回は「126cc~250cc」(軽二輪)カテゴリーTOP10のモデルを紹介していきたい。 https://news.webike.net/bikenews/285561/ https://news.webike.net/bikenews/285990/ 情報提供元 5位から1位のTOP5は次ページでチェック! 【第10位】貴重な250ccクラスオフロード! ホンダ「CRF250L/RALLY」 1898台 10位にランクインしたのは、ホンダ「CRF250L/RALLY」。セローやKLXといった250ccオフローダーが続々生産を終了した中、国産現行モデル唯一の250ccオフローダーとなる。しかしオフロード性能のみのモデルで...

  • 投稿日
    投稿者
    ま~くん
    車種
    CBR250RR (MC51)

    4月前半にPLAP IIの取り付けを試みようとしましたが、ボルトの太さと以前からガンマへ取り付け時に使っていたステンレスプレートの穴加工されている幅が合わず、密林でリーマを購入して加工することにしました。

    • いいね(1)
    • コメント(10)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    CBR250RR (MC51)

    今までエーテックの大き目のリアフェンダーを使用していたが、イメージチェンジをしたくなり、純正の形に近いコワースのフェンダーに交換。元からカーボンだったため、重さは変わらず。フェンダーの泥除けとしての性能は以前のほうが面積が大きかった分良かったが、雨では乗らないので、小さめのこちらのほうがタイヤ全体が見えてかっこいい。作りはコワースのほうがしっかりしていて高級感がある。見た目装備なので好きな形で選ぶものだと思う。α14の150サイズのタイヤでも干渉はしなかった。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    Zono
    車種
    CBR250RR (MC51)

    木曜日の時点では、この週末は加子母の道の駅でクシタニコーヒーブレイクミーティングに行くか、鈴鹿にCR110の走行と全日本ロードレースを応援しに行くかと悩んでいたのですが、土曜日起きたら頭痛いしちょっと熱っぽいってことで、家でおとなしくしてました。で、ゴールデンウィークに向けてぷちカスタムです。前回の富士山ツーリングで、初めて取り付けたサイドバッグですが、やっつけで取り付けてたもんで、途中で荷崩れ起こしかけたりしたため、ちゃんとフィッティングしようかなと。画像は今日の時点の最終形。だいぶいい感じになりました。

    • いいね(2)
    • コメント(8)
  • 投稿日
    投稿者
    ま~くん
    車種
    CBR250RR (MC51)

    本日4月2日は筑波サーキット走行予約をしていましたが、今週に入って自分が濃厚接触者となる事案があり、厚生労働省の指示通り7日間は自宅待機?と言うことで、発熱、倦怠感などの新型コロナ症状はありませんでしたが、87歳の父親から離れた川崎の自宅で在宅勤務して、筑波走行は断念しました。(T-T)

    • いいね(2)
    • コメント(12)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    3時に毎度の洗車からの、超撥水施工、バイク編ですね。車は終わりましたので、残すところ2台のバイクですが、WR250R は入院中なので、施工はCBR250RR のみです。

    • いいね(4)
    • コメント(10)
  • ホンダ対カワサキの覇権争いが再燃! 新型「CBR250RR」vs「ニンジャZX-25RR」を比較
    ホンダ対カワサキの覇権争いが再燃! 新型「CBR250RR」vs「ニンジャZX-25RR」を比較

    ホンダとカワサキは、インドネシアで相次いで250ccスーパースポーツの新型を発表した。ホンダは「CBR250RR」をマイナーチェンジしてパワーアップ、カワサキは足まわりをビッグバイク並みにグレードアップした「ニンジャZX-25RR」でライバルを突き放しにかかる。 ●文:ヤングマシン編集部(ヨ) エンジン&足まわり強化のCBR250RR、エンジンアップデートとハイグレード追加のZX-25Rシリーズ 2022年9月19日、ホンダはインドネシアで新型CBR250RRを発表した。明らかになったスペックによれば、現地仕様では従来比+1psの42psを実現した並列2気筒エンジン、SFF-BP倒立フロントフォークの新採用などによって走りを強化。カウル形状も新しくなり、レイヤード構造のサイドカウルにはクラス初のウイングレットも新設された。 これに続き、モビリティリゾートもてぎで開催された日本GPの会場では、近いうちに投入予定と思われる日本仕様を先行公開。なんとインドネシア仕様にはなかったホンダセレクタブルトルクコントロール(トラコンに相当)を採用していることが判明した。ク...

  • 投稿日
    投稿者
    mog
    車種
    CBR250RR (MC51)

    いよいよ仙台も寒さが緩んできた ( ̄∀ ̄)今シーズンに向けて走行準備をしておきます ( ̄∀ ̄)年末に全ての油脂類は交換済みなのでサクッとね!

    • いいね(5)
    • コメント(12)
  • 投稿日
    投稿者
    ま~くん
    車種
    CBR250RR (MC51)

    2月は都内の小川町勤務が決まっていますが、3月以降関東を離れる可能性があるためCBR250RRのカウルを一般道走行用へ換装、削れてしまっていたブレーキレバーを交換し、セレナの2列目の席も取り付けて、いつ、何処へ移動となっても良い状態にしました。

    • いいね(4)
    • コメント(12)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    よくホムセン箱、こういう事しませんが、良い子は真似しない方がいいと思いますよ。

    • いいね(4)
    • コメント(18)
  • 投稿日
    投稿者
    Max
    車種
    CBR250RR (MC51)

    雨の予報前に、綺麗にしないとね。ヨシムラのマフラーエンドを塞ぐのを使用して

    • いいね(2)
    • コメント(6)
  • 投稿日
    投稿者
    ま~くん
    車種
    CBR250RR (MC51)

    今日、CBR250RRへのクリスマスプレゼントを与えてあげました。(^-^)部品は2週間ほど前には届いていたのですが、クリスマスの土日は疲れて寝込んでいて何もできず…(^_^;)購入してあっても取り付けまで進まない状態でした。

    • いいね(3)
    • コメント(12)
  • 【新車】2023年新型CBR250RRのレースベース車が3月に発売! パワーアップにトラコン装備
    【新車】2023年新型CBR250RRのレースベース車が3月に発売! パワーアップにトラコン装備

    ホンダレーシング(HRC)は、サーキットユーザーの要望に応えるためエンジン出力向上とセッティング範囲を拡大した「CBR250RRレースベース車」を、2023年3月より全国のHRCサービスショップに供給することを発表した。 エンジンを全面改良すると予想される新型CB250RRがベース 新型CBR250RRレースベース車は、エンジン出力アップに加え「トラクションコントロール(HSTC)」を装備した公道仕様の「CBR250RR」から、レースに不要な保安部品等を取り外している。 さらにレースベース車専用「ECU」、「エキゾーストパイプ」を新型としており、クイックシフターやレース用ワイヤーハーネスを標準装備することで、多くのサーキットユーザーがより速くより楽しく走行できる装備を充実させた。 レースベース車は、HRCサービスショップが独自開発したサーキット走行に必要なパーツ(カウル・サイレンサー・ステップ等)を組み込み、レース用コンプリート車として発売される。 2023年型CBR250RRレースベース車 発売時期は2023年3月。価格は各サービスシ...

詳細条件で絞り込む

カテゴリで絞り込む
車種の年式
日記の投稿年
タイトル・本文から検索
PAGE TOP