ヤマハ  NMAX 155

  • 車種:NMAX 155 

並び順:
1~19件 / 全19件
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    NMAX 155

    今までWRSのものを使用していたが、セールでYOSHIMURAが販売していたため、ブランド力で試したくなってしまい購入。WRSのものに不満はなく、見た目もWRSのほうがアップマフラーのため、レーシーな雰囲気は高い。重さはWRSのほうがサイレンサーカバーもチタンのため若干軽量だ。YOSHIMURAはステンレスマフラーのため少し重い。また、MC51のYOSHIMURA(R-77S)マフラーを持っていたため比較してみたが、見た目は全く同じサイレンサーだ。チタンとステンレスという材質の違いはあるが、NMAX用は触媒がサイレンサ付け根部分に装着されている。MC51用はその部分が金属なのだがNMAXは触媒...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    鍛冶屋物語
    車種
    NMAX 155

    知人がこの商品に交換し(パワーが上がった気がするわ)との事で購入してみました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    NMAX 155

    最近、アドバンスプロの強化イグニッションコイルに交換したが、アイドリングが不安定になるトラブルが発生した。最初はいいのだが、しばらくするとアイドリング中バチバチとあやしげな音がプラグ付近から発生し、エンストしそうになる。プラグやコードがゆるんでいるのかと思い、サイドカバーを外し確認したが、装着に問題はない。 これは危険だと判断し、ノーマルコードに戻すことにした。外してみるとフレームとの連結部がおそらくアースも兼ねているのだろうが、ここにかなり錆が発生している。装着して間もないのにこの錆は異常だ。純正品も同じ個所で錆びは発生していたが、短期間なうえ度合が違う。調べるとどうもこの製品はには同様の問...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    鍛冶屋物語
    車種
    NMAX 155

    デイライト機能を復活するべく色々と思案した結果、同じ大陸製品を見つけたので購入し本日到着しました。ただ…故障前に戻すだけでも良かったのですが実用的でかつ、前方からの確実に目視が出来る様に考え合図時はデイライトが消灯する回路を間に入れる事にしてみました

    • いいね(1)
    • コメント(2)
  • 投稿日
    投稿者
    鍛冶屋物語
    車種
    NMAX 155

    フロントウインカーのデイライトがウインカーと連動してしまい対向車から誤認してしまう可能性があり危険な状況でした。その為、デイライト機能を遮断しての応急処置を施してましたがリレー回路を入れる事で使えるではないか?と、思いエーモンの5極リレーを使用してみました。?結果……失敗。?現状と変わらずでした。他に方法が無いのか…もう少し考えてみたいと思います。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 【2024年5月版】150?250cc軽二輪スクーター 国産おすすめ8選! 125ccの双子モデルからフルサイズまで
    【2024年5月版】150?250cc軽二輪スクーター 国産おすすめ8選! 125ccの双子モデルからフルサイズまで

    AT限定普通二輪免許で運転できて、高速道路が走れて車検も不要。そんな軽二輪(126?250cc)クラスのスクーターを紹介しよう。一般道で交通の流れをリードでき、高速道路の120km/h区間も問題なく走れる。原付二種に近いサイズ感のものもあって選択肢は多い。 ●文:ヤングマシン編集部 126?250ccスクーターは16歳から取得可能な“AT限定普通二輪免許”で運転できる 250ccクラス(軽二輪)のスクーターを運転できるのは「AT限定普通二輪免許」もしくは「普通二輪免許」以上だ。 バイクの免許は全部で7種類あって、原付(?50cc)、AT限定を含む小型限定普通二輪(?125cc)は今回のカテゴリーを運転することができない。軽二輪スクーター対応の免許はAT限定を含む普通二輪(?400cc)および大型二輪(排気量無制限)だ。原付?普通二輪免許は16歳から取得でき、大型二輪免許は18歳にならないと取得不可となっている。 AT限定または限定なしの普通二輪免許を取得するには、指定教習所を利用する or 運転免許試験場での一発試験の2つの方法があり、教習所を利用す...

  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    NMAX 155

    旧型はLEDが部分的で、フロントとリアのポジションランプ、ウインカーが違っている。ポジションはPIAAの3光のものに交換。前と後ろのカウルを少し外すだけでアクセスできる。ウインカーはリレー交換が必要で単なる抵抗を入れるだけではなく、消費電力を抑えるものにした。BMFのものはカプラーオンで簡単に交換できる。効果は高く、PIAAのポジションは3光のものだが、ヘッドライト並みの明るさで、夜にとても見やすくなった。ウインカーは4光の綺麗な発色でとてもいい。安く簡単に性能向上できるので、やったほうが良いと思った。?

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    NMAX 155

    だいぶ前からフォークのダストシールがひび割れ、5年以上フォークオイル交換もしなかったので、もはや限界だろうと考え、どうせならば中身を変えようとYSSを選択した。フォークのオーバーホールは初めてだったため、とにかく大変だった。1日では終わらず翌日に持ち越しとなったため、素人にはレベルが高いと思われるが、不可能ではない。まず車体からの脱着に大型のトルクレンチが必要で、柄の長いものが作業しやすい。作業には難関がいくつかあるが、最初はトップキャップにあるCリングを外すところだろう。一人で作業するならば、ホームセンターで500円ぐらいの3方向クランプを購入しないとまず外せない。それが外れると今度は14m...

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    NMAX 155

    5年以上純正サスを装着していたため、そろそろ交換時期だと考え、1番有名なオーリンズを選択した。2本サスとはいえ、正規品は高すぎるため、並行輸入品を代行業者に依頼し調達。ほぼ半額で購入できた。装着はポン付けではなく加工が必要で、エアクリーナを外側にずらすためのスペーサーをかませるのと、ブリーザーホースを差し込む管を1センチ切断する必要がある。スペーサーは付属品として付いてはいるが、1つ入らないため自分でサイズ違いを用意した。高い分性能はすばらしく、衝撃吸収や路面追従性は純正とは比べ物にならないほど良くなる。見た目はオーリンズとすぐわかるが、通常のものが倒立しているので、変な感じではある。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    鍛冶屋物語
    車種
    NMAX 155

    先代の大陸製品テールランプが故障し純正品へと交換してましたが、注文していた2代目が到着しましたので交換してみました。ポンつけと…言いたい所ですが若干ネジ穴がズレているので少し工夫して取り付けました。感想としては…先代よりかなりスモークが効いているのか?かろうじて……見えるぐらい?暗いです。まぁboxにストップランプを取り付けてあるので何とかなると思います。後は耐久性だけですね…長い時間もってくれれば良いのですが……

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    鍛冶屋物語
    車種
    NMAX 155

    コンビニの帰りにテールランプが点滅してるのに気がつきました。大陸製品なので耐久性は…まぁ仕方ないですねしかし、懲りずに大陸製品を注文、到着まで結構な日数が掛かるので純正品へ戻しました。大陸製品に慣れているせいか…それとも昼間なので見えないのか分からないが純正品の方が点灯しているのか確認出来ない程でした。少し対策を考えたいと思います。

    • いいね(0)
    • コメント(2)
  • 【海外新車】ヤマハが「NMAX TURBO(ターボ)」を発表! 新機構“YECVT”や“ターボライディングモード”とは?
    【海外新車】ヤマハが「NMAX TURBO(ターボ)」を発表! 新機構“YECVT”や“ターボライディングモード”とは?

    ヤマハインドネシアから、NMAX(エヌマックス)シリーズ新型となる「NMAX TURBO(ターボ)」「NMAX NEO(ネオ)」が発表された。NMAXターボに関しては、その車名からどのような機構を持つ車両なのか気になるところ。さっそく確認していこう。 ターボ限定機構“YECVT”とは? 今回発表されたNMAXは、大きく分けてターボとネオの2ラインアップ。どちらも155ccと排気量に変わりはないが、エンジンに採用された機構に少し違いがある。 まずはどちらの車両にも共通の機構からお伝えしていくと、エンジンはヤマハ最新世代の改良型ブルーコア、単気筒4バルブSOHCエンジンを搭載。VVA(可変バルブアクチュエーション)採用により、それぞれの回転域で最適な燃焼効率とトルクが得られる仕様だ。 一方ターボには新たに“YECVT”という機構が追加されており、これはヤマハの電子制御CVTだという。基本的にCVTは無段変速機構ではあるものの、YECVTでは電子制御によって加速感などを自身でコントロールすることが可能に。2007年に登場したMAJESTY250に搭載されていた“...

  • 投稿日
    投稿者
    RK
    車種
    NMAX 155

    スクーターは純正マフラーが一番性能が良いと考えていたが、物足りなくなりWRSのものを購入。音量は社外品にしては静かだが、純正よりはうるさい。アイドリング時は純正がバタバタという音に対して、ポンポンという感じで、純正ではないのはすぐにわかる。だがうるさいほどではなく、音質の変更という感じ。走り始めると純正は割と高い音が聞こえるが、こちらはボボーという低音が聞こえる。ただ速度がでると他のノイズで排気音はあまり聞こえない。トンネルや壁の傍では低音が響くので歩行者には大きく聞こえるのかもしれない。いずれにせよサイレンサーでだいぶ消音されているのは間違いない。ストレート構造ではなく、2枚は板が入っている...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    OSA
    車種
    NMAX 155

    パーキングブレーキの機能を追加したくてWebikeのメルマガで見たブレーキレバーを取り付けました。取り付けはそんなに手間無くでき精度もなかなか良いと思います。一緒にシリコングリスも塗っておきました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    OSA
    車種
    NMAX 155

    メーターの傷(タオル傷?)が気になり保護フィルムを貼ってみました。少し失敗しましたが妥協出来る範囲内で貼れたと思います。貼った後はメーターが少しはっきり見えるようになった気がします。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    OSA
    車種
    NMAX 155

    DAYTONAのマルチマウントバーSCのステーの塗装が乾いたので取り付けました。個人的には良い感じだと思います。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    OSA
    車種
    NMAX 155

    もう少し収納があると良いかなと思いリヤキャリアとボックスを取り付けました。見た目も容量も満足してます。GIVIのボックスは何も加工せずに取り付け出来ます。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 近年急増中の155ccバイクのメリットとは? なぜ人気? 125ccとどう違う?
    近年急増中の155ccバイクのメリットとは? なぜ人気? 125ccとどう違う?

    スクーターモデルを中心に、最近バイクメーカーのラインナップに加わってきている排気量155ccのバイク。車両区分としては125cc超?250cc以下の軽二輪に該当するのだが、車格的には125ccの原付二種モデルとあまり変わらないモデルも多い。 いわば250ccと125ccの中間的なポジションに位置するバイクなのだが、なぜこうした排気量のモデルがあり、どんなメリットがあるのだろうか?  ここでは、155ccのバイクとは一体どんなモデルで、125ccモデルとどんな違いがあるのかを紹介する。 REPORT●平塚直樹 PHOTO●平塚直樹、本田技研工業、ヤマハ発動機、スズキ、写真AC なぜ155ccという排気量があるのか? 排気量155ccのバイクは、20年前では日本ではなかなか受け入れられなかったクラスだが、実はアジア全体で見るとかなり人気のクラスだといえる。特に、インドネシアやタイなど、バイクの販売台数が近年著しく伸びている国々では、一般的な排気量だといえ、日本のバイクメーカーもさまざまなモデルを投入している。 そして、日本でもここ数年、グロー...

  • 投稿日
    投稿者
    OSA
    車種
    NMAX 155

    乗っているとハザードがあったほうが便利かな?と思いR6の左スイッチを流用しました。パッシングも使えるようにしました。ハンドルバーにドリルで穴を開けるのが少し緊張しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    OSA
    車種
    NMAX 155

    ポジションの色が気に入らなかったのでLEDに交換しました。一緒にウィンカーとテールも交換しました。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    kazu
    車種
    NMAX 155

    時速0?40キロの加速を良くしようと、1番コストが低いイグニッションコイルを強化型にすることにしました。今回は、ファクトリープロさんの強化型を選択しました。あまり、火花を強くし過ぎると燃調コントローラーが必要になると思われますので、程々の物が良いのではないかと。今のところは、ポン付け状態ですが燃費がリッターあたり3?4キロ程、良くなりました。トルクが増えて、アクセルをあまり開けなくなったのかもしれませんね。プラグは、ノーマル状態で灰色。もう少しで、ブツブツが出来るのかなというリーンバーン状態でしたので、プラグの番手を9番にした方が良いかもしれません。プラグのギャップも0.1広げてみるのも、試し...

    • いいね(1)
    • コメント(0)
  • 投稿日
    投稿者
    kazu
    車種
    NMAX 155

    NMAX155は、パッシングスイッチ及びハザードスイッチが省略されてコストダウンをしています。 やはり、これらのスイッチが無いと、いざという時に不便なので、海外製品を通販で購入しました。配線図がないので、テスターでスイッチの導通を調べ、設計図を作りいざ作業。創意工夫で、なんとかハンドルに収まりました。ライトスイッチをONにすると、表示部がLEDで光りお洒落です。

    • いいね(0)
    • コメント(0)
PAGE TOP