バルカン900クラシック

バルカン900クラシック

プロフィール

08年12月のカラーチェンジを最後に生産が打ち切られていたバルカン900クラシックがリニューアルデビュー。排気ガス規制に対応したうえで新たに形式指定を取得したもので、鋼管製ダブルクレードルフレームや燃料供給にインジェクションを採用した水冷55度Vツインエンジン、タンク上面のラインがそのままスイングアームへとつながる"バルカンライン"を中心とした外装デザインなど、基本的な構成は従来型と共通。セッティング変更によって最大トルクが6.4kg-mから6.6kg-mにアップし、車両重量が1kg増加。フロントのトレール値も164mmから160mmに変更されている。

スペック

メーカー KAWASAKI エンジン形式 水冷 4st 2気筒
モデル バルカン900クラシック 最高出力 41ps/5500rpm
名称 バルカン900クラシック 最大トルク 6.6kg-m/3000rpm
排気量 902cc 車両重量 -
発売年 2010年 全長・全高・全幅 2465×1005×1065mm
中心価格帯
(Webikeモトサーチ)
80 - 85万円 シート高 680mm
燃料消費率 36km/リットル 最小回転半径 2.0m
タンク容量 20.0リットル 定員 2人
燃料供給方式 - 生産国 -

バルカン900クラシック 発売年一覧

【情報提供:株式会社モーターマガジン社】

KAWASAKI の試乗インプレッション

ユーザーレポート

OS さん
足つきもよく取回しも楽。思ったよりトルクがあった。
続きを読む
怪物K さん
兎に角デカい!カワサキのバルカンがあまり認知されていないのか、周りか...
続きを読む
あつ さん
ルックスかっこいいです。エンジンの造りがキレイです♪
続きを読む
OS さん
少し倒しただけでステップをガリガリ…涙。
続きを読む
怪物K さん
砂埃や雨がシート下にたまります。車体とシートの密着率をもうちょっと上...
続きを読む

新着新車・中古車

新着試乗インプレッション